• 未体験ゾーンの映画たち2021
ムルソー、ヴォルネイ、シャンボール・ミュジニー、ジュヴレ・シャンベルタン、ロマネコンティ、伝説的な醸造家ジャック・ピュイゼ、フランスを代表する偉大なワインの生産地、中世に遡ると言われるブルゴーニュ地方。ワイン醸造家らが特級畑から摘み取られた葡萄から神々しいまでのワインに育て上げる様をカメラは美しく活写してゆく。極上のワインにまつわる叙事詩のようなドキュメンタリー、ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる、マリー=アンジュ・ゴルバネフスキー、The Soul of Wine、ソウル・オブ・ワイン、

ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる『ソウル・オブ・ワイン』

長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』