コンパートメント No.6、Compartment Number 6、フィンランド・ロシア、ユホ・クオスマネン、セイディ・ハーラ、ユーリー・ボリソフ、ディナーラ・ドルカーロワ、全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛、携帯もSNSもない1990年代を舞台に世界最北端の街ムルマンスクを目指しての鉄道旅。、メランコリーとオフビートなユーモア、見知らぬ者同士の出会いの感動を最果ての地で昇華させた純愛物語。、コロナ禍のロシアでの撮影は難航を極めた、第94回アカデミー賞:国際長編映画賞・フィンランド代表、第74回カンヌ国際映画祭:グランプリ

全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛『コンパートメン...

セラが目指した世界観は、往年の陰謀系ポリティカル・スリラー映画の衣を羽織った別モノの何か、21世紀の前衛と称されるスペイン、カタルーニャ出身の異才アルベルト・セラ監督。様々なアートフォームで表現活動をし、既存の物語のレールを奇想天外な着想で易々と踏み外し続けてきた彼の最新作は、犯罪映画を匂わせる映像形式で描く開放的で楽園のような南の島の男の愛と妄想にフランス政府による核実験を差し込んでくる大胆で途方も無い陰謀系トロピカル・スリラー、トロピカルの熱気に魘される陰謀系ポリティカル・スリラー、東京国際映画祭2022、ブノワ・マジメル、パホア・マハガファナウ、マルク・スジーニ、セルゲイ・ロペス、アルベルト・セラ、パシフィクション、Pacifiction、

トロピカルの熱気に魘される陰謀系ポリティカル・スリラー『パシフィクシ...

ネタバレ、アバター ウェイ・オブ・ウォーター、Avatar: The Way of Water、ジェームズ・キャメロン、サム・ワーシントン, ゾーイ・サルダナ, シガーニー・ウィーバー, スティーヴン・ラング、ケイト・ウィンスレット、ジャック・チャンピオン、トリニティ・ブリス、ジョヴァンニ・リビシ、ジェイミー・フラッターズ、ベイリー・バス、全身全霊で感じろ!全5作からなるSF映画シリーズの2作目、映画界の真のイノベーター、巨匠ジェームズ・キャメロン監督が13年前に世界に放った歴代興行収入No.1の記録を持つ超大作SFファンタジー映画『アバター』の13年ぶりの続編。撮影機材から視覚効果まで本作のために新たに作り出した最新の技術を駆使し今までの視覚体験を更新する奇跡の“超現実”映像体験を生み出した。本作は全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたり前作の主人公であるジェイクとネイティリの子どもたちが新たな主人公となり、パンドラに襲いかかる新たな危機に果敢に対峙する、『アバター』シリーズの全てが驚くばかりの破格の事実、ケイト・ウインスレットが水中シーンで映画界の最長記録を破った!、ソニー製のカメラVENICE、過去にトム・クルーズが保持している『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)での水中シーンの最長時間を超える7分14秒、HFR

全身全霊で感じろ!全5作からなるSFファンタジーのシリーズ2作目『アバタ...

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、UNIMED(地中海大学学生連盟)賞、22分間短くしたショートバージョンのリリースを発表、20年ぶりに故郷メキシコでのオールロケ作品となった、歴代の有名監督が作ってきたような監督自身を投影させた映画についての内省的な物語、ハリウッドで成功を収めてきたメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト監督が溢れかえる映画愛を披露する幻視的なメキシカン映像作家クロニクル、イニャリト監督 の映画愛が溢れ出す、Netflix、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、Bardo、バルド、偽りの記録と一握りの真実、

イニャリトゥ監督 の映画愛が溢れ出す『バルド、偽りの記録と一握りの真実』