• 犯罪
世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』、IMFエージェント、イーサン・ハントに与えられた最も過酷な究極のミッション。 それは、仲間を一人も失わずに全人類を脅かす新兵器が悪の手に渡る前に奪取すること。 本作では、第1作に遡るキャラクターも登場し、イーサン・ハントにとって、抗うことのできない謎めいた過去と対峙せざるを得なくなる。 『ミッション・インポッシブル』シリーズを締めくくる最終章は、PART ONEとPART TWOに分かれる。 トム・クルーズがイーサン・ハントを演じるのは、PART TWOで最後となる。 MIシリーズ、そして、俳優トム・クルーズにとって、最高のものとするべく、膨大な製作費をかけ、緻密なストーリー、今まで以上に激しいスタント・アクションも披露したPART ONEは、シリーズ最長の2時間43分。 PART TWOで一体?どんなことがスクリーン上で起きるのか? すでに待ち遠しくて仕方がない。、ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE、Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One、クリストファー・マッカリー、トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティエフ、ヴァネッサ・カービー、サイモン・ペッグ、シェー・ウィガム、ケイリー・エルウィス、ヴィング・レイムス、イーサイ・モラレス、ヘンリー・ツェニー、シリーズ最高額の製作費を賭けたトム・クルーズの俳優キャリアの総決算的な作品

世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション...

new year、ニューイヤー、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、お正月、wallpaper、壁紙、cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2024年

2024年 お正月 VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

バイクに跨った強者どもが夢のあと『バイクライダーズ / The Bikeriders』、数十年に渡って続いた架空のモーターサイクル・クラブ、ヴァンダルスの栄枯盛衰を描くフィクショナル・ストーリー。 監督は、巨大台風に全てが破壊されるという妄想に取り憑かれた男がシェルターを一人で建造する姿を描いた風変わりなサイコロジカル・スリラー『テイク・シェルター』(2011年)でカンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリを受賞したインデペンデント精神溢れる気骨の映画監督ジェフ・ニコルズ。 映画化にあたってオースティン・バトラー、ジョディ・カマー、トム・ハーディ、マイケル・シャノン、ノーマン・リーダスといった旬の演技派や曲者俳優が一堂に介した。 原作は存在せず、原案となったものはアメリカの写真家ダニー・ライアンがバイカーたちの自由放蕩な日々を密着撮影した写真集「The Bikeriders」。 その写真集から強いイメージを抱いたニコルズ監督が後にオリジナル・ストーリーを書き上げた。 長年に渡り、映画化を夢想するニコルズに対し、本作にも登場する同監督の常連俳優マイケル・シャノンは、そんな話、映画化できるわけがないと監督の熱き想いは否定的に受け止められてきたという。 60年代から70年代にかけての激動のアメリカ社会で自由で破天荒に生きたアウトローたちの姿を描いた本作が現代に問うこととは?、オースティン・バトラー演じるベニーのリアル過ぎるタトゥーは実はフェイク、バイクライダーズ、The Bikeriders、ジェフ・ニコルズ、オースティン・バトラー、ジョディ・カマー、トム・ハーディ、マイケル・シャノン、マイク・ファイスト、ノーマン・リーダス、ボイド・ホルブルック、デイモン・ヘリマン、ボー・ナップ、エモリー・コーエン、カール・グルスマン

バイクに跨った強者どもが夢のあと『バイクライダーズ / The Bikeriders』

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作りにおける彼らの現在地、ささくれだった孤高の自主映画ユニット、群青いろ・髙橋泉、廣末哲万が17年ぶりに作った劇場公開映画は今までと何かが違う! ジャンル映画の世界で商業ヒット作を何本も手掛け、シャープでリアル、そしてまるで海外の映像作家のようなリズムを感じる複雑なストーリー構成技術を武器にしてきた脚本家、髙橋泉。 そして、群青いろの片割れであり、なくてはならない重鎮の俳優、廣末哲万。 連続して公開される最新作『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)は、観客ではなく自分たちが観たい映画を作り続けてきたという硬骨な自主映画製作のスタイルに変化の兆しが散見される2作品である。 髙橋泉監督、出演の廣末哲万への最新作についてのインタビューを通し、世界でも類のない唯一無二な輝きを放ち続ける自主映画ユニット群青いろのパンドラの箱の中を覗き見る。、Amefutte The End、髙橋泉、髙橋泉、古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也、

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作...

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...