• 連続殺人事件
コンパートメント No.6、Compartment Number 6、フィンランド・ロシア、ユホ・クオスマネン、セイディ・ハーラ、ユーリー・ボリソフ、ディナーラ・ドルカーロワ、全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛、携帯もSNSもない1990年代を舞台に世界最北端の街ムルマンスクを目指しての鉄道旅。、メランコリーとオフビートなユーモア、見知らぬ者同士の出会いの感動を最果ての地で昇華させた純愛物語。、コロナ禍のロシアでの撮影は難航を極めた、第94回アカデミー賞:国際長編映画賞・フィンランド代表、第74回カンヌ国際映画祭:グランプリ

全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛『コンパートメン...

別れる決心、チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

パク・チャヌク6年ぶりのロマンティック・スリラーにして、まさかの最高...

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語、ネタばれ、『ラ・ラ・ランド』で名を馳せたデイミアン・チャゼル監督最新作はサイレント映画が一世を風靡するハリウッド黄金時代を舞台にブラッド・ピット、マーゴット・ロビーを迎え、トーキー映画の時代がやってくる激動の映画界を生きる男女の夢を描く!絢爛豪華な音楽エンターテインメント。、『バビロン』の映画化企画がなければ、名作『ラ・ラ・ランド』(2016年)は生まれなかった!、エマ・ストーンがあまりにもスキャンダラスな私生活から後にハリウッドを追われたクララ・ボウという実在の女優をこの『バビロン』で演じる予定だった、『ラ・ラ・ランド』でスターとなったエマ・ストーン、二枚看板のブラッドとマーゴットは共演3作目だが、実は顔を合わせるのは初!、本作『バビロン』での共演は本当の意味での初共演、ミュージカル

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語...

ファイヤー・オブ・ラブ 火山に人生を捧げた夫婦、Fire of Love、サラ・ドサ、ミランダ・ジュライ、カティア・クラフト、モーリス・クラフト、Disney + 、おしどり火山学者夫妻の情熱物語、1991年の雲仙・普賢岳の火砕流で命を落とした火山を求めて情熱的に世界を旅したフランス人火山学者、カティアとモーリス・クラフト夫妻。 彼らが記録し続けたアーカイブ映像と写真を元に雄大で荘厳な火山に魅せられたおしどり夫婦の火山愛を描いたドキュメンタリー。、アカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞ノミネート、

おしどり火山学者夫妻の情熱物語『ファイヤー・オブ・ラブ 火山に人生を捧...

ボーンズ アンド オール、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ アンド オール』