• 黒猫
8度目のソー役を演じるクリス・ヘムズワースは、体重を105キログラムまで上げ、今までで最も大きく、最高のボディを作り上げた、ソー史上、最高のボディで演じたクリス・ヘムズワース、ニューアスガルドの王のヴァルキリー、ジェーン・フォスター、宇宙の冷酷な殺人鬼ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アベンジャーズ/エンドゲーム、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ラッセル・クロウ、ジェイミー・アレクサンダー、タイカ・ワイティティ、クリス・プラット、サム・ニール、マット・デイモン、デイブ・バウティスタ、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、ブラッドリー・クーパー(声の出演)、ヴィン・ディーゼル(声の出演)、タイカ・ワイティティ、Thor: Love and Thunder、ソー ラブ&サンダー、

破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー『ソー ラブ&サンダー』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』

感動的なスタンディング・オベーションは、7分間も続き、最後に歓喜のあまり、涙声のグレイ監督が「これは、私の物語です。先週の土曜日に完成したばかりで、本編を観るのは、会場の皆さんが世界で初めてとなります。みんな、ありがとう!、ジェームズ・グレイ監督の少年時代の回想録、ジェームズ・グレイ監督の出身地、ニューヨーク、クイーンズ地区、ヤッピー世代が跋扈する80年代の家族のそれぞれの心模様を描く成長物語、80年代のNYのアメリカ人家族の心打つ成長物語、アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング、ジェシカ・チャステイン、バンクス・レペッタ、ジェイリン・ウェッブ、ジェームズ・グレイ、アルマゲドン・タイム、Armageddon Time、

80年代NYのアメリカ人家族の心打つ成長物語『アルマゲドン・タイム』

カイト・サーフィン、ウォータースポーツのプロ選手、ブダペスト、見知らぬ土地に引っ越してきた女性の身に降りかかる謎の隣人による覗きとストーキングから始まる恐怖をホラータッチで描いてゆくスリラー。、姿なきストーカーの恐怖‼︎、マイカ・モンロー、カール・グルスマン、バーン・ゴーマン、クロエ・オクノ、ウォッチャー、Watcher、

姿なきストーカーの恐怖‼︎『ウォッチャー』