• Apple TV +
ノースマン 導かれし復讐者、中世のアイスランドを舞台にヴァイキングの王であった父を殺された息子の壮絶な復讐劇。シェイクスピアの名作ハムレットは、このスカンジナビアの伝説から着想を得たと言われている。、ハムレットの原案ともなった北欧の王座奪還の復讐劇、アレクサンダー・スカルスガルド、ニコール・キッドマン、クレス・バング、イーサン・ホーク、アニャ・テイラー=ジョイ、ウィレム・デフォー、ビョーク、エリオット・ローズ、グスタフ・リンド、ロバート・エガース、ザ・ノースマン、The Northman、

ハムレットの原案ともなった北欧の王座奪還の復讐劇『ノースマン 導かれ...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?、過去60年もの間、続いてきた英国諜報機関MI6の007(ダブル・オー・セブン)のコードネームを持つシークレット・エージェント、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ・アクション『007』シリーズは、ダニエル・クレイグの降板を機に様々なネクスト・ボンドが予想されている。 ブック・メーカー、ウィリアム・ヒルからも予想オッズが数年前から登場し、誰がその大役を射止めつのか?その予想は 日々、変わり続けている。 7代目の発表の時期は迫ってきている。 果たして誰がニュー・ボンドとなるのか?、ネクスト・ボンドになるための条件とは?、アーロン・テイラー=ジョンソン、ジェームズ・ノートン、リチャード・マッデン、レジ=ジーン・ペイジ、

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』