• Apple TV +
アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...

これは悪夢か、正夢か? シュールなファンタスティック・コメディ『ドリーム・シナリオ』、もしも他人の夢に自分が登場したら? ニコラス・ケイジが演じるごく平凡な生物学教授がある日突然、数えきれないほどの見知らぬ人々の夢の中に登場する夢男となる悲喜劇。 シェアすることで人が繋がってゆくSNS全盛の現代社会を揶揄するメタファーかのようなあまりにもシュールでオカルトチックなコメディ 夢で会ったことで親近感が湧き、あっという間に超有名人となり、本人が望んでもいない想像を絶する大スターとなってしまった男がその果てで思い知ることとは・・・?、奇想天外なストーリーの元ネタは実際の出来事、120本近くの出演作を誇るニコラス・ケイジにとってのマイ・ベスト・ムービー

これは悪夢か、正夢か? シュールなファンタスティック・コメディ『ドリー...

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』、6500万年前の宇宙。 宇宙探査からの帰還途中、宇宙船が白亜紀の地球に不時着する。 生存者はミルズと少女コアの二人のみ、地球上を闊歩するのは食物連鎖の頂点に君臨する巨大恐竜だった・・・。 地球を壊滅させる小惑星帯が迫りくる中、決死の覚悟で脱出用シャトルを探し出すが、絶滅まで残された時間はあとわずかだった・・・。、意外だがアダムにとって、本作がガン・アクション・デビューとなった、65 シックスティ・ファイブ、スコット・ベック、ブライアン・ウッズ、アダム・ドライバー、アリアナ・グリーンブラット、クロエ・コールマン、ニカ・キング、

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』

エッフェル塔 創造者の愛、映画化実現まで24年の歳月を経た曰く付きの作品、革命百周年記念となるパリ万国博覧会のモニュメント、ギュスターヴ・エッフェル、パリ万博で建造された歴史的モニュメント、鉄の貴婦人と呼ばれるパリのスカイラインを永遠に変えたエッフェル塔。その建造にまつわる設計士エッフェルと美しき女性との許されざるロマンスを描く。、パリの風景を永遠に変えた禁断の愛、ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、エッフェル、Eiffel、マルタン・ブーブロン、

パリの風景を永遠に変えた禁断の愛『エッフェル塔 創造者の愛』

ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語、The Wonderful Story of Henry Sugar、ウェス・アンダーソン、ベネディクト・カンバーバッチ、レイフ・ファインズ、ルパート・フレンド、ベン・キングズレー、リチャード・アイオアディ、デーヴ・パテール 、Netflix、ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』、映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)の原作者であり、奇怪な児童文学を手掛けてきた作家ロアルド・ダールの短編小説「奇才ヘンリー・シュガーの物語」をウェス・アンダーソン監督が短編作品として実写映像化。 ショート・ムービーとはいえ、招聘されたヴェネチア国際映画祭ではアウト・オブ・コンペ作品として上映され、正式上映後は4分間のスタンディング・オベーションで熱狂的に讃えられた。、ロアルド・ダール✖️ウェス・アンダーソンは、奇妙な蜜の味

ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュ...