• COVID-19
ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』

喧嘩、仲違い、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、4つ星、現在、フランスの映画批評家の間で抜きん出た評価を得ている、マリオンとメルヴィルの主演の二人に当て書きされた脚本、両親が命の危機を伴う深刻な事故に遭った、アリスは俳優業に忙しく、兄のルイスは教師で詩人、現代フランス映画の名匠アルノー・デプレシャン監督最新作!マリオン・コティヤールが女優を演じ、両親の命の危機をキッカケにして長年の間、仲違いしていた詩人の兄との困難な関係修復を図らざるを得なくなる、絶縁していた兄と妹の愛情物語、マリオン・コティヤール、メルヴィル・プポー、ゴルシフテ・ファラハニ、パトリック・ティムジット、ベンジャミン・シクサ、アルノー・デプレシャン、Brother and Sister、ブラザー・アンド・シスター、

絶縁していた兄と妹の愛情物語『ブラザー・アンド・シスター』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...

2画面、分割画面、ギャスパー・ノエとは、、20年来の友人関係にあるイタリア、ホラー映画の巨匠ダリオ・アルジェント、暴力描写でつとに有名な鬼才ギャスパー・ノエが7年間温めた映画企画は、 認知症に冒された老夫婦の最後の日々を淡々と描き、今までにない悲しい作品となった。、鬼才ギャスパー・ノエが描く認知症の老夫婦の悲しみ、ダリオ・アルジェント、フランソワーズ・ルブラン、アレックス・ルッツ、キリアン・デェレ、ギャスパー・ノエ、ヴォルテックス、Vortex、

鬼才ギャスパー・ノエが描く認知症の老夫婦の悲しみ『ヴォルテックス』

才人セリーヌ・シアマは、脚本・監督以外にも衣装を担当、森の中の実母の家で他界した祖母の家の片付けをしている家族と少女ネリー、森の中で出会った少女マリオンとの交流を経て、ネリーが感じ取っていったこととは・・・?、童話の世界のような少女のファンタジー、ジョセフィン・サンツ、ガブリエル・サンツ、ニナ・ミュリス、ステファン・ヴァルペン、マルゴ・アバスカル、フローレス・カルド、セリーヌ・シアマ、フランス、プチ・ママン、Petite maman、

童話の世界のような少女のファンタジー『プチ・ママン』