• happybirthday
本作は1時間25分の本編尺の中でたった32カット(各シーンは約2分39秒)の場面で構成、長回しの多用で構成された一編、突然、母国に帰国した元女優の心の底にあるもの・・・。 思い出の地を訪ね歩きながら、彼女が見出すこととは?、元女優の心の旅路、イ・ヘヨン、クォン・ヘヒョ、チョ・ユニ、キム・セビョク 、ホン・サンス、韓国、あなたの顔の前に、In Front of Your Face、

元女優の心の旅路『あなたの顔の前に』

名匠ホン・サンスによる『逃げる女』の青年版ともいえるモラトリアムな青春を漂う未熟な青年ヨンホに起こる3つの再会と抱擁をモノクロームの映像の中で叙情豊かに描いてゆく、モラトリアムな時期をさまよう青春紀、シン・ソクホ、パク・ミソ、キ・ジュボン、ソ・ヨンファ、キム・ミニ 、ホン・サンス、韓国、イントロダクション、Introduction、

モラトリアムな時期をさまよう青春紀行『イントロダクション』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『メン』

8度目のソー役を演じるクリス・ヘムズワースは、体重を105キログラムまで上げ、今までで最も大きく、最高のボディを作り上げた、ソー史上、最高のボディで演じたクリス・ヘムズワース、ニューアスガルドの王のヴァルキリー、ジェーン・フォスター、宇宙の冷酷な殺人鬼ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アベンジャーズ/エンドゲーム、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ラッセル・クロウ、ジェイミー・アレクサンダー、タイカ・ワイティティ、クリス・プラット、サム・ニール、マット・デイモン、デイブ・バウティスタ、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、ブラッドリー・クーパー(声の出演)、ヴィン・ディーゼル(声の出演)、タイカ・ワイティティ、Thor: Love and Thunder、ソー ラブ&サンダー、

破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー『ソー ラブ&サンダー』