• LGBT
命がいくつあっても足りない超弩級のピュアなアクション・エンタメ『フォールガイ』、80年代の人気TVドラマ『俺たち賞金稼ぎ!!フォール・ガイ』を下敷きに『ブレット・トレイン』を大ヒットに導いたデヴィッド・リーチがメガホンをとって一級のアクション・エンタメ作品に仕上げた本作。 映画のスタントマン役にライアン・ゴズリング、映画監督役にエミリー・ブラントを据え、ツイてないスタントマン、コルト・シーバースが失踪したスターを捜索する内に犯罪組織から追われ怒涛のスタント・アクションを繰り広げ、危機をくぐり抜ける様は、さながら『ブレット・トレイン』でブラッド・ピットが演じたレディバグのよう。、錚々たるスターたちを押し退け主演となったライアン・ゴズリング、スピルバーグに褒められライアン感激!、フォールガイ、The Fall Guy、デヴィッド・リーチ、ライアン・ゴズリング、エミリー・ブラント、ハンナ・ワディンガム、アーロン・テイラー=ジョンソン、テリーサ・パーマー、ステファニー・スー、ウィンストン・デューク、マドリン・ジョーンズ、

命がいくつあっても足りない超弩級のピュアなアクション・エンタメ『フォ...

ハロウウィン、halloween、ロック画面、ホーム画面、プレゼント

2023年 ハロウィーン VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

エッフェル塔 創造者の愛、映画化実現まで24年の歳月を経た曰く付きの作品、革命百周年記念となるパリ万国博覧会のモニュメント、ギュスターヴ・エッフェル、パリ万博で建造された歴史的モニュメント、鉄の貴婦人と呼ばれるパリのスカイラインを永遠に変えたエッフェル塔。その建造にまつわる設計士エッフェルと美しき女性との許されざるロマンスを描く。、パリの風景を永遠に変えた禁断の愛、ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、エッフェル、Eiffel、マルタン・ブーブロン、

パリの風景を永遠に変えた禁断の愛『エッフェル塔 創造者の愛』

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...