• NY
ノースマン 導かれし復讐者、中世のアイスランドを舞台にヴァイキングの王であった父を殺された息子の壮絶な復讐劇。シェイクスピアの名作ハムレットは、このスカンジナビアの伝説から着想を得たと言われている。、ハムレットの原案ともなった北欧の王座奪還の復讐劇、アレクサンダー・スカルスガルド、ニコール・キッドマン、クレス・バング、イーサン・ホーク、アニャ・テイラー=ジョイ、ウィレム・デフォー、ビョーク、エリオット・ローズ、グスタフ・リンド、ロバート・エガース、ザ・ノースマン、The Northman、

ハムレットの原案ともなった北欧の王座奪還の復讐劇『ノースマン 導かれ...

レナータ・デ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、ヘレナ・ベッカー、カヤ・ロドリゲス、ルリ・ゲルべス、The Pink Cloud、ピンク・クラウド、ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎、人の命を奪うピンク色の雲が覆う世界。ステイ・ホームを余儀なくされている現在のコロナ禍で起きるかもしれない近未来への示唆に富んだ、時代を先取りしたSFパニック・テラー、猛毒のピンク色の雲とコロナ・ウィルスという違いはあるが、現在の隔離生活を余儀なくされている人々が目の当たりにしている以前とは全く変わってしまった窮屈な生活を予見したストーリー内容となっている。、

ピンク色の雲が人の命を奪う‼︎『ピンク・クラウド』

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語、ネタばれ、『ラ・ラ・ランド』で名を馳せたデイミアン・チャゼル監督最新作はサイレント映画が一世を風靡するハリウッド黄金時代を舞台にブラッド・ピット、マーゴット・ロビーを迎え、トーキー映画の時代がやってくる激動の映画界を生きる男女の夢を描く!絢爛豪華な音楽エンターテインメント。、『バビロン』の映画化企画がなければ、名作『ラ・ラ・ランド』(2016年)は生まれなかった!、エマ・ストーンがあまりにもスキャンダラスな私生活から後にハリウッドを追われたクララ・ボウという実在の女優をこの『バビロン』で演じる予定だった、『ラ・ラ・ランド』でスターとなったエマ・ストーン、二枚看板のブラッドとマーゴットは共演3作目だが、実は顔を合わせるのは初!、本作『バビロン』での共演は本当の意味での初共演、ミュージカル

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語...

別れる決心、チャヌク監督独特の美的な映像話法を駆使しながら、登場人物の心理描写や一つ一つの場面にこだわって撮影、『お嬢さん』(2016年)以降、長編映画のメガホンを取るのは実に6年ぶりという韓国の鬼才パク・チャヌク監督は、ロマンティックなクライム・スリラーで戻ってきた。、韓国の鬼才パク・チャヌク監督、6年ぶりの最新作はある不審死を捜査する内に捜査線上に浮かんだ謎めいた未亡人に翻弄されてゆく刑事の迷走を描くロマンティックなクライム・スリラー、ロマンティック・スリラー、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、タン・ウェイ、パク・ヘイル、コ・ギョンピョ、イ・ジョンヒョン、パク・ヨンウ、パク・チャヌク、韓国、Decision to Leave、ディシジョン・トゥ・リーヴ、

パク・チャヌク6年ぶりのロマンティック・スリラーにして、まさかの最高...

ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「永久保存版1000本のベスト映画」の1本にも収蔵、長編デビュー作『ビフォア・ザ・レイン』が映画史を飾る不朽の名作、現代の愛の形の可能性を描いたミルチョ・マンチェフスキー、時間軸が交錯する複雑な構成で民族間対立を描いた伝説的傑作『ビフォア・ザ・レイン』(1994年)で初監督作にして、ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞したマケドニア出身の名匠ミルチョ・マンチェフスキーが問う二組のカップルのアンモラルだが幸福な現代の愛の形、金獅子賞、ビフォア・ザ・レイン、ブラック・コメディ、非日常、夫婦愛、サラ・クリモスカ、カムカ・トチノフスキ、フィリップ・トライコビッチ、アレクサンデル・ミキッチ、ピーター・マーサヴスキー 、ミルチョ・マンチェフスキー、カイマック、Kaymak、北マケドニア、

夫婦愛についての非日常を描いたブラック・コメディ『カイマック/Kaymak(...