• SFスリラー
daniels、Daniel Scheinert、Daniel Kwan、2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、ダニエルズって、どんなヤツら?、本年度アカデミー賞10部門11ノミネートされたマルチバースとカンフーがミックスした異端のSFアクション・アドベンチャー映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。 すでに本作で世界各国で391ノミネートと260もの途方もない数の受賞を果たしている近年稀に見る発想の作品内容もさることながら怪作中の怪作と呼べる映画。 ダニエルズ名義の長編映画はまだ2本目でしかない最新作にして、とんでもない作品を生み出したダニエル・シャイナートとダニエル・クワンによる監督ユニット、ダニエルズとは、一体何者?、第95回アカデミー賞10部門11ノミネート、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス、ダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)、ミシェル・ヨー、ステファニー・スー、ジョナサン・キー、ジェイミー・リー・カーティス、作風も映像哲学も一味違う監督ユニット、ダニエルズ、初期からキレッキレに飛ばしまくったその映像センス、今まで見たことない常識破りのナイキCM、初長編映画はダニエル・ラドクリフがオナラを出す死体役、ダニエル・シャイナート単独監督作は、田舎町を舞台にしたユルユル・ミステリー、未来の映画の楽しみがまたひとつ増えたその類まれな作家性

2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、「ダニエル...

映画『プラダを着た悪魔』でスタンリー・トゥッチ演じるナイジェル役のモデルはアンドレ、アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者、The Gospel According to André、ケイト・ノヴァック、ドキュメンタリー、アンドレ・レオン・タリー、アナ・ウィンター、トム・フォード、マーク・ジェイコブス、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ノーマ・カマリ、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、ウーピー・ゴールドバーグ、イザベラ・ロッセリーニ、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、ラルフ・ルッチ、サンドラ・バーンハード、マノロ・ブラニク、アンドレ・ウォーカー、Bunkamura ル・シネマ、昨年他界した長年に渡りファッション界に貢献し続けてきたアンドレ・レオン・タリー、アメリカ南部で幼少期を過ごしたアフリカ系アメリカ人の青年がヴォーグ誌に所属し、名物編集長アナ・ウィンターの片腕として、影響力のあるファッションキュレーターとなるまでの足跡をマーク・ジェイコブス、トム・フォード、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、等、世界的な有名ファッション・デザイナーやハリウッド・セレブたちの証言と共に感動的に描く。

ファッション業界のレジェンドの生き様『アンドレ・レオン・タリー 美学の...

イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ/Ferrari』、当時、一世を風靡した人気TVドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』シリーズで知られるフェラーリ狂のマイケル・マン監督。 マン監督、長年の夢の映画企画がアダム・ドライバー主演で遂に完成! 創業から10年、モータースポーツへの過剰な投資や労使紛争に巻き込まれたことから経営が悪化し倒産寸前まで追い込まれた自動車製造メーカー、フェラーリ。 エンツォ・フェラーリ(アダム・ドライバー)が打って出た起死回生の策は、イタリアを縦走する耐久レース「ミッレミリア」に出場し、勝利することだった!、フェラーリ狂で知られるマイケル・マン監督、宿願の映画企画、フェラーリ・デイトナ・スパイダー、特捜刑事マイアミ・バイス、フェラーリ・テスタロッサ、フェラーリ308GTB、フェラーリ、Ferrari、マイケル・マン、アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シェイリーン・ウッドリー、サラ・ガドン、パトリック・デンプシー、ジャック・オコンネル、ヴァレンティーナ・ベル、ガブリエル・レオン、ブレット・スムルツ、トンマーゾ・バシリ、

イタリアの名門フェラーリの創業者エンツォの苦難の日々『フェラーリ』

水の都で起きる狂気の殺人テラー『ベネシアフレニア』、カルトな作風で知られるスペインが生んだ奇才アレックス・デ・ラ・イグレシア最新作。 深刻化する水の都ベネチアの環境汚染問題に端を発し、観光客ばかりを狙う道化の格好をした殺人鬼による連続殺人事件が頻発する。 標的にされるスペイン人観光客の殺人鬼との死闘を描いた異色のサスペンス・ホラー。、ジャッロ映画へのオマージュ、ジャーロ、赤い影、水の都ベネチア、1929年のミステリー小説に記述された言葉、ジャッロを起源とするイタリアで定着した幻想的でエロティックな犯罪スリラーの内容を含むジャンル映画、イタリアのダリオ・アルジェントやマリオ・バーヴァといった名匠が作り上げたジャッロ映画へのオマージュともとれる異様な殺戮の世界、

水の都で起きる狂気の殺人テラー『ベネシアフレニア』

卓越したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』、若くしてトップスターとなった絶頂期に突然、パーキンソン病を発病し、以来、32年もの間、病魔と闘い続けているマイケル・J・フォックス。 マイケルが執筆した4冊の本以外では、ほとんど語られることのなかった彼の苦難の道筋を地球温暖化の危機を訴えたドキュメンタリー『不都合な真実』(2006年)の監督デイビス・グッゲンハイムが描き出す。 マイケルを世界的な人気者にしたSFタイム・トラベル映画の傑作シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、過去の出演作をリズム感のある編集テクを駆使しながら、真摯にそして、時に笑いを誘いながら病魔がもたらした卓越したその人生観を語り尽くす。、マイケル・J・フォックスを紐解く4冊の本、ラッキーマン、いつも上を向いて、マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと、A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FUTURE、No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality、ロバート・ゼメキス、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭:ホープ賞・デイビス・グッゲンハイム、マイケル・J・フォックス、トレイシー・ポラン、アンドリュー・バーバー、デイヴィッド・ダイヤモンド、サム・フォックス、ハンナ・ゴールウェイ、ダニー・イリザリー、アリソン・クラウゼ、シボーン・マーフィー、ブラッドレイ・ピーターズ 、Apple TV+、

達観したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』