• SM
感動的なスタンディング・オベーションは、7分間も続き、最後に歓喜のあまり、涙声のグレイ監督が「これは、私の物語です。先週の土曜日に完成したばかりで、本編を観るのは、会場の皆さんが世界で初めてとなります。みんな、ありがとう!、ジェームズ・グレイ監督の少年時代の回想録、ジェームズ・グレイ監督の出身地、ニューヨーク、クイーンズ地区、ヤッピー世代が跋扈する80年代の家族のそれぞれの心模様を描く成長物語、80年代のNYのアメリカ人家族の心打つ成長物語、アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング、ジェシカ・チャステイン、バンクス・レペッタ、ジェイリン・ウェッブ、ジェームズ・グレイ、アルマゲドン・タイム、Armageddon Time、

80年代NYのアメリカ人家族の心打つ成長物語『アルマゲドン・タイム』

船内で唯一、釣りをして食料になる魚を釣り上げられるのは、掃除係だけだったために人々のパワーバランスやヒエラルキーの逆転が起こる、2017年に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌ映画祭のコンペ部門の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、次に監督した本作で2度連続してパルム・ドールに輝き、史上3人目の監督となったスウェーデンのリューベン・オストルンド監督、富裕層をこき下ろすブラック・ユーモアな風刺映画、2作連続のパルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・パルム・ドール、ハリス・ディキンソン、ウディ・ハレルソン、ズラッコ・ブリッチ、チャールビ・ディーン・クリーク、ハンナ・オルデンブリ、キャロライナ・ジニング、リンダ・アンボーグ、オリバー・フォード・デイヴィーズ、ドリー・デ・レオン、ヴィッキ・ベルリン、イーリス・ベルベン、ビータ・ボリーリャス、サニーイー・メルズ、カミラ・レックバリ、リューベン・オストルンド、スウェーデン、Triangle of Sadness、トライアングル・オブ・サッドネス、

2作連続パルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画『トライア...

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...

アンセル・エルゴート、マイルズ・テラー、アーロン・テイラー=ジョンソン、ハリー・スタイルズ、錚々たるメンツがエルヴィス役のオーディションを受けていた!、アメリカン・ドリームの象徴とも言えるスーパースター、エルヴィス・プレスリーのリアルな実像をバズ・ラーマン監督が鮮やかな映像とスピーディな映像美で描く!、キング・オブ・ロックの偽らざる真実、オースティン・バトラー、トム・ハンクス、オリヴィア・デヨング、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ルーク・ブレイシー、デビッド・ウェナム、リチャード・ロクスバーグ、コディ・スミット=マクフィー、ケルヴィン・ハリソン・Jr 、バズ・ラーマン、エルヴィス、Elvis、エルヴィス・プレスリー、

キング・オブ・ロックの偽らざる真実『エルヴィス』