• BRAND NEW
  • ブランニュースクリーン
  • HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 香港の自由を求めてポップスターから民主活動家となった『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』
デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング、ドキュメンタリー、スー・ウィリアムズ、アンソニー・ウォン

香港の自由を求めてポップスターから民主活動家となった『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』

情勢が刻一刻と変わり続ける現在の香港、民衆の自由を求めて、民主化のために闘い続ける一人のスーパースターの姿を追った迫真のドキュメンタリー

© Aquarian Works, LLC

Story:

2014年に香港で起きた「雨傘運動」。
警官隊の催涙弾に対抗して雨傘を持った若者たちが街を占拠したこの運動の只中に、一人のスーパースターの姿があった。

彼女の名前はデニス・ホー。

同性愛者であることを公表している香港のスター歌手の彼女は、この雨傘運動に参加したことでキャリアの岐路に立たされていた。

彼女は、中心街を占拠した学生たちを支持したことで逮捕され、中国当局のブラックリストに入ってしまう。

次第にスポンサーが離れていき、公演を開催することが出来なくなった彼女は、自らのキャリアを再構築しようと、第二の故郷モントリオールへと向かうのであった。


Behind The Inside:

デニス・ホーの民主主義の原点はモントリオールで過ごした多感な10代の日々

香港ポップス界きってのスーパースター、デニス・ホーは、雨傘運動を契機に香港市民のアイデンティティと自由を守るために民主活動家へと変貌してゆく。

そんなデニスが10代の頃に過ごしたカナダ、モントリオールでの生活がデニスに民主主義の原則とその価値観を根付かせた。

暗澹たるニュースが伝わる昨今の香港情勢、終わることのない香港での自由への叫びは、今後、どうなってゆくのか・・・。


本作は、昨秋の東京フィルメックスで招待作品として、いち早く上映された。


11/7『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』Q&A(リモート)

11/7『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』Q&A(リモート)有楽町朝日ホールスー・ウィリアムズ(監督)市山 尚三(東京フィルメックス ディレクター)大倉 美子(通訳)アメリカ / 2020 / 83分監督:スー・ウィリアムズ(Sue WILLIAMS)United States / 2020 / 83 m…

2020/11/7『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』Q&A(リモート)

国家安全法が施行され、本作は香港はおろか中国語圏での公開はされず、リモートQ&Aで監督のスー・ウィリアムズは命を顧みずに闘い続けているデニス・ホーのことを“非常に勇敢な女性”と評している。


映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』予告編

2021年6月、渋谷・シアター・イメージフォーラムにて公開予定・公式サイトhttp://deniseho-movie2021.com・公式Twitterhttps://twitter.com/deniseho_movie

『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』予告編

『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』(2020年・アメリカ・1時間23分)
監督:
スー・ウィリアムズ
出演:
デニス・ホー、アンソニー・ウォン
© Aquarian Works, LLC

2021年6月より シアター・イメージフォーラムにて公開‼


VOIDセレクト: 香港情勢を知る2本



十年(字幕版)


乱世備忘 僕らの雨傘運動(字幕版)

More To Read:

未来への映画の手ごたえを充分に感じさせてくれた第21回東京フィルメックスが閉幕!

ジョニー・トーの呼びかけにより実現した香港の市井の人々の時代別今昔物語『七人楽隊』

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ザッパ/Zappa(原題)』

希代のポップスターの初ドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている』

フィリピン、ドゥテルテ政権下、麻薬患者や売人の射殺許可を与えた超法規的政策の下で苦悶する人々を追った迫真のドキュメンタリー『アスワン』


VOID RECOMMENDS