一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』、ヒッチコックが映画化したダフネ・デュ モーリアの不朽の名作『レベッカ』からインスパイアされて書かれた俊英オテッサ ・モシュフェグによる小説『アイリーンはもういない』を完全映画化。 黒い感情を抑え込み、物静かに生活しようと努める孤独な一人の女性アイリーンが魅力的な女性レベッカと出逢うことで始まるそれまでの鬱屈とした人生の終わりと新たな人生の始まりまでの1週間を劇的に描くサスペンス・スリラー。、サスペンス・スリラーの新女王トーマシン・マッケンジー、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞し、更にブッカー賞、全米批評家協会賞、英国推理作家協会ジョン・クリーシー・ダガー賞の最終候補にノミネートされている。、2018年にオテッサが発表した小説「My Year of Rest and Relaxation」は2001年同時多発テロを時代背景に一人の裕福な家庭に育った一人の美しい女性が突然仕事を辞め、冬眠と称してニューヨークの自宅に引き篭もりひたすら眠り続ける姿を描き、予告編で使われているロールシャッハ風の画面処理など、様々なパーツがスリリングであり、その極上の心理サスペンス風味にとてもそそられる仕上がり、Eileen、ウィリアム・オルドロイド、トーマシン・マッケンジー、アン・ハサウェイ、シェー・ウィガム、サム・ニボラ、シオバン・ファロン、トニー・パタノ、ウィリアム・ヒル

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー、1980年代、ビデオゲーム黎明期に大流行したゲーム「テトリス」の成功の裏話。 テトリスの魅力の虜となった一人の狂信的なビジネスマンの命をかけた権利獲得競争を描く実話を元にした奇想天外なビジネス・スリラー。、BPS、ヘンク・ロジャース、テトリスの開発者アレクセイ・パジトノフ、実在のモデルからは演出がハリウッド映画過ぎるという厳しい指摘も、27年間も続いたビデオゲーム「テトリス」人気、Apple TV +、

落ちものパズルゲームの元祖『テトリス』にまつわるビジネス・スリラー

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』、唯一無二の奇想天外な作風とそれを形にする画家としての高い技量で20世紀を代表する画家の一人となったスペインのアーティスト、サルバドール・ダリ。 ポップ・カルチャー全盛の70年代、ニューヨークで夜ごと繰り広げられるパーティを堪能し尽くし、アートの最前線を独走していたのは、口髭を生やし、奇抜なスタイルのダリだった。 その奇想天外なシュルレアリスムの大家の源泉とは何なのか? ダリと創作パートナーであった妻のガラとの私生活、アートと金の関係など知られざるエピソードを盛り込みダリの真の姿を映し出す。、アート青年、ジェームス・リントン役はエズラ・ミラーが演じる予定だった。、Daliland、メアリー・ハロン、ベン:キングズレー、バルバラ・スコヴァ、エズラ・ミラー、アンドレア・ペジック、クリストファー・ブライニー、ルパート・グレイヴス、スキ・ウォーターハウス、マーク・マッケンナ

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』

daniels、Daniel Scheinert、Daniel Kwan、2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、ダニエルズって、どんなヤツら?、本年度アカデミー賞10部門11ノミネートされたマルチバースとカンフーがミックスした異端のSFアクション・アドベンチャー映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。 すでに本作で世界各国で391ノミネートと260もの途方もない数の受賞を果たしている近年稀に見る発想の作品内容もさることながら怪作中の怪作と呼べる映画。 ダニエルズ名義の長編映画はまだ2本目でしかない最新作にして、とんでもない作品を生み出したダニエル・シャイナートとダニエル・クワンによる監督ユニット、ダニエルズとは、一体何者?、第95回アカデミー賞10部門11ノミネート、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス、ダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)、ミシェル・ヨー、ステファニー・スー、ジョナサン・キー、ジェイミー・リー・カーティス、作風も映像哲学も一味違う監督ユニット、ダニエルズ、初期からキレッキレに飛ばしまくったその映像センス、今まで見たことない常識破りのナイキCM、初長編映画はダニエル・ラドクリフがオナラを出す死体役、ダニエル・シャイナート単独監督作は、田舎町を舞台にしたユルユル・ミステリー、未来の映画の楽しみがまたひとつ増えたその類まれな作家性

2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、「ダニエル...

デヴィッド・フィンチャーによるノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『ザ・キラー』、フランスの傑作グラフィック・ノベル「The Killer」をこだわりの映画監督デヴィッド・フィンチャーがその世界観を完膚なきまでに完全映像化! 他に代わりがいないとされる程の腕前の殺し屋ながら致命的なミスにより精神的にも窮地に立たされた殺し屋を2019年の俳優生活休止からの復帰主演作となったマイケル・ファスベンダーが冷酷に演じる。 目が覚めるほどに冷静で鮮やかな落とし前の付け方の数々、これぞアクション・ノワール映画の真骨頂。、原作はニューヨークタイムズ紙で"この10年間のベスト・グラフィック・ノベルの一冊"と言われた傑作、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、エリック・メッサーシュミット、アクション・ノワール、ネットフリックス、ザ・キラー、The Killer、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ファスベンダー、モニーク・ガンダートン、ティルダ・スウィントン、ケリー・オマリー、アーリス・ハワード、チャールズ・パーネル、エミリアーノ・ペルニア、ソフィー・シャーロット、サラ・ベイカー、Netflix 、

デヴィッド・フィンチャー最新作!ノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『...