実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶なアクション巨編、モンキーマン、Monkey Man、アクション・スターのイメージよりも知的なナイスガイのイメージが強いデヴ・パテル渾身の初監督・主演作は、サウス・バイ・サウスウエストでのヘッドライナー上映後、"ムンバイのジョン・ウィック"と熱狂的に迎えられた意欲作。、邪悪な伝道師と悪徳警官により全滅した町で唯一生き残った少年が成長し、殺された母親のために血で血を洗う報復を描くリベンジ・アクション・ノワール。、アクション映画界に風穴を開けてやる!デヴ・パテルが込めた本作への熱き想い、ネットフリックス・ストレイト配信から劇場公開へと作品の運命を変えたキーマン、マルチカメラ撮影のシーンは一部をGOPROとiPhoneで代用、試写を観たジョーダンは、本作は劇場公開にするべき内容の作品との直感から権利をNetflixから自社であるモンキーパウ社で買い上げ、ユニバーサル映画との配給ディールに話をつけた、サウス・バイ・サウスウエスト:ヘッドライナー上映:観客賞、デヴ・パテル、シャールト・コプリー、ピトバッシュ・トリパシー、シカンダル・ケール、ソビタ・ドゥリパラ、マカランド・デシュパンデ、アシュウィニー・カルセカール、ヴィピン・シャルマ、アディティ・カルクンテ、ジョモン・トーマス、ヴィージェイ・クーマー

実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶な...

理由もなく終末へと突き落とされるサイコロジカル・スリラー『終わらない週末』、ラミ・マレック主演の人気テレビ・シリーズ『ミスター・ロボット』の気鋭のクリエイター、サム・エスメイルがルマーン アラムによるベストセラー小説『終わらない週末』を映画化! 何故、こんな事態となっているのか、原因が何も分からず、政府の動きも全く掴めず今後はどうなってゆくのか? ネットが繋がらず情報から遠ざけられることで自覚するサイバー攻撃の恐怖を描く近未来に起こりうる極上のモダン・スリラー。 不安と恐怖ばかりが醸成されてゆく超絶リアルに感じられる本作の製作総指揮は、何と、バラク&ミシェル・オバマ元大統領夫妻である。 シネフィルで知られるオバマ元大統領のシビアな眼が選んだ題材は未来に起こりうる悪い写し絵を誰もが既視感として感じとることを禁じ得ない。、ヒッチコックを思わせるスリラー作りのケミストリー、至る所にオバマ元大統領の思いを感じる、バラク&ミシェル・オバマ元大統領夫妻、Leave the World Behind、サム・エスメイル、ジュリア・ロバーツ、マハーシャラ・アリ、イーサン・ホーク、マイハラ、ファラ・マッケンジー、ケヴィン・ベーコン、チャーリー・エバンス 、Netflix、

理由もなく終末へと突き落とされるサイコロジカル・スリラー『終わらない...

マッシブ・タレント、The Unbearable Weight of Massive Talent、トム・ゴーミカン、ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、ティファニー・ハディッシュ、シャロン・ホーガン、パコ・レオン 、ニール・パトリック・ハリス、リリー・モー・シーン、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキピオ、カトリン・ヴァニュコヴァ、デミ・ムーア、アンナ・マクドナルド、『マッシブ・タレント』の前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演作3本!、運に見放されたニコラス・ケイジが100万ドルのカネ欲しさに向かった先は、スペインの大富豪のお屋敷。 だがニックの大ファンを自称する大富豪は、実は犯罪組織の大ボスだったから、さぁ、大変! 面倒なことには巻き込まれたくないニックだったが、マブダチとなった大ボスとまるでバディものアクション映画のような地獄の展開に・・・。 あっと驚くスターのカメオ出演も用意されているニック節全開の超痛快アクション・コメディ。 劇中、ニック自らオマージュを捧げている過去の輝かしい代表作を知れば本作『マッシブ・タレント』をマシマシで楽しめるのは間違いない!、落ち目になっても25億円もの財産があったニック、だがその特異な浪費癖から金欠となっていく、ニコラス・キム・コッポラ、『ワイルド・アット・ハート』、『フェイス/オフ』、『60セカンズ』、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018年)『カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-』(2020年)『PIG/ピッグ』(2021年)『ウィリーズ・ワンダーランド』(2021年)、『赤ちゃん泥棒』(1987年)や『ハネムーン・イン・ベガス』(1992年)、

『マッシブ・タレント』を観る前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演...

TAR ター、本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『TAR ター』

パスト・ライブス/ 再会、運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス/Past Lives(原題)』、韓国系カナダ人の劇作家セリーヌ・ソンの鮮烈な長編映画監督デビュー作。 サンダンスでプレミア上映され、ベルリンで批評家たちに大絶賛された今年一番のロマンス映画。 その軽妙なダイアローグのやり取りの中に胸が締め付けられるエモーションがある劇作家ソンの磨き上げられたクラフトワークは世界中の批評家たちを唸らせた。 幼少時の心ときめいた互いの思いは、大切にしたいただの想い出なのだろうか、それとも運命の赤い糸で結ばれた宿命の愛なのか?、批評家筋からの絶大な人気にも関わらず無冠の傑作、サンダンス映画祭・プレミア上映、第73回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作、パスト・ライヴス、Past Lives(原題)、韓国、セリーヌ・ソン、グレタ・リー、ユ・テオ、ジョン・マガロ、ムン・スンア、A24

運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス / 再会』