魔法のようなラブ・ストーリー、ジョージアの新鋭監督アレクサンドレ・コベリゼがかける恋の魔法。 一目惚れした男女が一晩で別人に変わってしまうという呪いのような魔法が織りなす美しい古都クタイシの人々との心温まる交流。、ジョージアの美しい古都、クタイシ、邪悪な呪い、心温まるおとぎ話、映画学校の卒制作作品が世界的な評価に繋がる快挙、ベルリンの映画学校、ジョージアのフィルム・センター、助成金、第71回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門出品作品・国際批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭:最優秀脚本賞・アレクサンドレ・コベリゼ、東京フィルメックス2021:最優秀作品賞(グランプリ)、学生審査員賞、What Do We See When We Look at the Sky?、ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう、アレクサンドレ・コベリゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・ボチョリシビリ、アニ・カルセラゼ、バフタング・パンチュリゼ 、

魔法のようなラブ・ストーリー『ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう』

new year、ニューイヤー、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、お正月、wallpaper、壁紙、cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2024年

2024年 お正月 VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作りにおける彼らの現在地、ささくれだった孤高の自主映画ユニット、群青いろ・髙橋泉、廣末哲万が17年ぶりに作った劇場公開映画は今までと何かが違う! ジャンル映画の世界で商業ヒット作を何本も手掛け、シャープでリアル、そしてまるで海外の映像作家のようなリズムを感じる複雑なストーリー構成技術を武器にしてきた脚本家、髙橋泉。 そして、群青いろの片割れであり、なくてはならない重鎮の俳優、廣末哲万。 連続して公開される最新作『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)は、観客ではなく自分たちが観たい映画を作り続けてきたという硬骨な自主映画製作のスタイルに変化の兆しが散見される2作品である。 髙橋泉監督、出演の廣末哲万への最新作についてのインタビューを通し、世界でも類のない唯一無二な輝きを放ち続ける自主映画ユニット群青いろのパンドラの箱の中を覗き見る。、Amefutte The End、髙橋泉、髙橋泉、古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也、

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作...

最恐に無敵すぎる『貴公子』とは、一体何者?、病床の母を想う貧しきストリート・ボクサーの青年をつけ狙う謎の男、貴公子は果たして、天使か、それとも悪魔か? 銃撃戦、接近格闘、カーチェイス、全てにおいて、別次元のアクションを展開する映画監督パク・フンジョンの最新作は、哀しい運命に飲み込まれ巨大財閥の遺産相続争いに巻き込まれた一人の青年ボクサーを追う激しい争奪戦。 ラストまで明かされない驚愕すべき貴公子の真の狙いとは?、"凶暴なのにユーモラスで知的" 貴公子のキャラクター設定の斬新さ、韓国ノワールの新しき世界、パク・フンジョン、『暴君(仮題)/Tyrant』。、リベンジ・スリラー『悪魔を見た』は、ハリウッド・リメイクが企画製作進行中、貴公子、The Childe、パク・フンジョン、キム・ソンホ、カン・テジュ、キム・ガンウ、コ・アラ、チョン・ラエル、

最恐に無敵すぎる『貴公子』とは、一体何者?

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』、ウブな青年が愛した女性は、実はCIAエージェントだった⁉︎ 素敵な彼女との突然の恋からメッセが全て未読スルーされるあまり、彼女を追いかけて行ったロンドンであり得ない命を賭けた冒険の数々が始まる。 アナ・デ・アルマスとクリス・エヴァンスを主演に迎え、『ボヘミアン・ラブソティ』を大成功に導いた監督デクスター・フレッチャーによるコミカルなスパイ・アドベンチャー。、ミュージカル映画のシン・名匠デクスター・フレッチャーは音楽マニア?、息のあった主演のアナとクリスは、3度目のタッグ、デクスター・フレッチャー、アナ・デ・アルマス、クリス・エヴァンス、エイミー・セダリス、エイドリアン・ブロディ、ティム・ブレイク・ネルソン、テイト・ドノヴァン、マーワン・ケンザリ、リジー・ブロードウェイ、マイク・モー

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』