ノーベル文学賞候補として名が挙がる現代アメリカ人をエッジの効いた視点で鮮やかに描く作風でアメリカ文学を代表する小説家の一人、ドン・デリーロが1985年に発表し、彼の名を一気に広めた代表的作品にして、全米図書賞を受賞した名作を基にした映画が本作「ホワイト・ノイズ」である。、日常の中に潜む不条理な死とそこから逃れようと抗う現代人のシュールで滑稽な姿、有毒な化学薬品流出事故、ノーベル文学賞候補として度々、名が挙がる現代アメリカ文学を代表する作家ドン・デリーロによる原作をノア・バームバック監督と主演にアダム・ドライバーを迎え描いた現代アメリカ人の心の闇、全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!、Netflix、アダム・ドライバー、ラフィー・キャシディ、グレタ・ガーウィグ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジョディ・ターナー=スミス、ドン・チードル、ノア・バームバック、ホワイト・ノイズ、White Noise、

全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!『ホワイト...

ユートピアの町、ヴィクトリー、ヴィクトリー・プロジェクト、女優であり、監督業にも進境著しいオリヴィア・ワイルドの最新作は、グラマラスな1950年代アメリカの桃源郷のようなデザートの町を舞台に密かに行われている極秘実験の恐るべき謎を主演に『ミッドサマー』の絶叫女優フローレンス・ピューを得て描くスタイリッシュな意欲作!、そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー、フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ、オリヴィア・ワイルド、クリス・パイン、ジェンマ・チャン、キキ・レイン、ニック・クロール、オリヴィア・ワイルド、Don't Worry Darling、ドント・ウォーリー・ダーリン、

そこは楽園か、地獄か? サイコロジカル・スリラー『ドント・ウォーリー・...

長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、UNIMED(地中海大学学生連盟)賞、22分間短くしたショートバージョンのリリースを発表、20年ぶりに故郷メキシコでのオールロケ作品となった、歴代の有名監督が作ってきたような監督自身を投影させた映画についての内省的な物語、ハリウッドで成功を収めてきたメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト監督が溢れかえる映画愛を披露する幻視的なメキシカン映像作家クロニクル、イニャリト監督 の映画愛が溢れ出す、Netflix、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ、ジミーナ・ラマドリッド、ヒューゴ・アルボォレス、アンドレス・アルメイダ、マール・カラーラ、ロブ・カヴァゾス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、Bardo、バルド、偽りの記録と一握りの真実、

イニャリトゥ監督 の映画愛が溢れ出す『バルド、偽りの記録と一握りの真実』

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...