戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊の自然史』、過去の戦争に眼差しを向け現代に警鐘を鳴らすウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督の最新作2選。 連合軍による史上空前の大空爆とナチス・ドイツを断罪する軍事裁判の当時のフッテージを編集して提示するという独特のアーカイヴァル・ドキュメンタリーの手法で現代人の心へ揺さぶりをかける。 戦争を終結させるために多くの民間人を巻き込んだ大量無差別殺戮と戦後の軍事裁判での正当性から個人を極刑に処する倫理観。 2作品を通して、人とは? 戦争とは? そして正義とは?を問う、27歳から映画の勉強を始めた遅咲きの監督セルゲイ・ロズニツァ、2020年に劇場公開された ドキュメンタリーの3作品『アウステルリッツ』『粛清裁判』と『国葬』であり、アーカイヴ映像を編集して、観る者に問いかけるアーカイヴァル・ドキュメンタリストという印象が強い、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ウクライナ代表に選出された劇映画『ドンパス』(2018年)も同じ年に日本で公開、心理サスペンス『霧の中』(2012年)でカンヌ国際映画祭・ある視点部門・監督賞と国際批評家連盟賞を受賞、『ジェントル・クリーチャー』(2017年)は、カンヌ国際映画祭・コンペ部門正式上映、ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みてもウクライナ出身の映像作家によるこうした歴史上で起きてきた事象を検証しながら警鐘を鳴らし続ける映像作家活動は、現代社会において瞠目すべきこと、

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊...

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作りにおける彼らの現在地、ささくれだった孤高の自主映画ユニット、群青いろ・髙橋泉、廣末哲万が17年ぶりに作った劇場公開映画は今までと何かが違う! ジャンル映画の世界で商業ヒット作を何本も手掛け、シャープでリアル、そしてまるで海外の映像作家のようなリズムを感じる複雑なストーリー構成技術を武器にしてきた脚本家、髙橋泉。 そして、群青いろの片割れであり、なくてはならない重鎮の俳優、廣末哲万。 連続して公開される最新作『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)は、観客ではなく自分たちが観たい映画を作り続けてきたという硬骨な自主映画製作のスタイルに変化の兆しが散見される2作品である。 髙橋泉監督、出演の廣末哲万への最新作についてのインタビューを通し、世界でも類のない唯一無二な輝きを放ち続ける自主映画ユニット群青いろのパンドラの箱の中を覗き見る。、Amefutte The End、髙橋泉、髙橋泉、古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也、

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作...

孤独なギャンブラーの復讐譚『カード・カウンター』

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第17作目の映画となる本作。 どこにでもいる平凡なヒスパニック系ティーンエイジャーのジェイミー(ショロ・マリデュエニャ)。 彼はひょんなことから手にしたエイリアン・テクノロジーで作られた甲虫型のA.I.兵器スカラベと脊髄を通して一体化し、強靭な装甲外骨格を持つブルービートルに変貌する。 ジェイミーを新しい守護者に選んだ究極の戦闘兵器スカラベは、彼が想像したありとあらゆる武器を瞬時に生み出すことができる。 その戦闘能力のレベルは地球壊滅規模。 ジェイミーとスカラベの秘密を知る家族、友人に支えられながら陽気なグルーヴ感で繰り広げられる史上初のラテン系スーパーヒーローがついに爆誕した!、今後、要注目のブラジルの国民的女優ブルーナ・マルケジーニ、ブルービートル、Blue Beetle、アンヘル・マヌエル・ソト、ショロ・マリデュエニャ、ブルーナ・マルケジーニ、スーザン・サランドン、ハーヴィー・ギレン、ラオール・トゥルヒロ、エルピディア・カリロ、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、ベリッサ・エスコベド、ブリジェット・ミッチェル・ベントレー、ベッキー・G(声)、

陽気なラテン系スーパーヒーロー爆誕!『ブルービートル』

間違いなく20世紀映画界の異人『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)』、60年代、フランス映画界で革新的な映画運動「ヌーヴェ ル・ヴァーグ」を先導した鬼才ジャン=リュック・ゴダール。 独自のスタイルを探求し、唯一無二の映像作家として駆け抜け、映画を愛する者たちから崇拝され続けてきたJLGが生み出してきた140本以上の映画作品。 2022年9月、91歳でこの世を去った映画界の異人の反逆の作家人生と謎の多いその人となりに迫ったドキュメンタリー。、真のイノベーターであった映像作家JLGが行き着いた映画への思い、ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)、Godard Cinema、シリル・ルティ、ギヨーム・グイ(声)、ナタリー・バイ、クリストフ・ブルセイエ、ジュリー・デルピー、ロマン・グーピル、マーシャ・メリル、ハンナ・シグラ、マリナ・ヴラディ、ジャン=リュック・ゴダール、

間違いなく20世紀映画界の異才『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画...