64年間作られている着せ替え人形の元祖『バービー』の大冒険!、アメリカ製の着せ替え人形の元祖、バービー・ドール。 その歴史は64年前に始まった。 本作は『レディ・バード』、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のグレタ・ガーウィグ監督による大胆な実写映像化。 完璧だったはずのバービーたちが暮らすバービーランドでの異変をきっかけに人間の世界へと旅立つことになるバービー(マーゴット・ロビー)とケン(ライアン・ゴズリング)のファンタスティックな大冒険を描く。、マーゴット・ロビーにとって、ドリーム・カムズ・トゥルーとなった実写映画化、バービー、Barbie、グレタ・ガーウィグ、マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング、ハリ・ネフ、アリアナ・グリーンブラット、キャロライン・ワイルド、ジョン・シナ、デュア・リパ、エマ・マッキー、ウィル・フェレル、マイケル・セラ、ニコラ・コクラン、シム・リウ、ケイト・マッキノン、イッサ・レイ、エメラルド・フェネル、ヘレン・ミレン(ナレーション)、

64年間作られている着せ替え人形の元祖『バービー』の大冒険!

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』、唯一無二の奇想天外な作風とそれを形にする画家としての高い技量で20世紀を代表する画家の一人となったスペインのアーティスト、サルバドール・ダリ。 ポップ・カルチャー全盛の70年代、ニューヨークで夜ごと繰り広げられるパーティを堪能し尽くし、アートの最前線を独走していたのは、口髭を生やし、奇抜なスタイルのダリだった。 その奇想天外なシュルレアリスムの大家の源泉とは何なのか? ダリと創作パートナーであった妻のガラとの私生活、アートと金の関係など知られざるエピソードを盛り込みダリの真の姿を映し出す。、アート青年、ジェームス・リントン役はエズラ・ミラーが演じる予定だった。、Daliland、メアリー・ハロン、ベン:キングズレー、バルバラ・スコヴァ、エズラ・ミラー、アンドレア・ペジック、クリストファー・ブライニー、ルパート・グレイヴス、スキ・ウォーターハウス、マーク・マッケンナ

シュールレアリストの驚くべき秘密『ウェルカム トゥ ダリ』

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タランティーノ 映画に愛された男』、以前からクエンティン・タランティーノは「長編映画を10本撮ったら引退する」と公言していた。 引退時期を見極めないで撮り続けると先輩監督たちのように結局、駄作を残すことになり、それは避けたいと考えているようだ。 ありとあらゆる映画を観尽くしたタランティーノならではの引き際を綺麗にしておきたいという強い信念である。 本作は、監督9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)の公開直後に劇場公開された。 過去8本作られた作品の知られざる秘話を各作品を彩ってきた俳優陣が赤裸々に語るユニークなタランティーノの映画殺法の証言ドキュメンタリーとなっている。 10作目と目される映画が華やかだった頃の名評論家を描く『映画評論家/The Movie Critic(原題)』の製作準備段階とされているが、 『ワンス・アポン〜』でレオナルド・ディ・カプリオが扮したリック・ダルトン演じるガンマン、ジェイク・カーヒルが活躍する映画内の架空の西部劇『バウンティ・ロウ』のTVドラマ・シリーズ化が進行中であり、また実は、あの『キル・ビル Vol.3』製作の噂も! 主人公をユマ・サーマンが演じたブライドから別のキャラクターに変えて描く続編の企画話も立ち消えではない。 『キル・ビル』の役者陣が自然に老いるの待っているというまことしやかな話まであるのだ。 引退なんて、まるで嘘のようなQTユニバースの今後の拡張にも注目したい。、本作では、タランティーノ本人へのインタビューは行われなかった、21 Years: Quentin Tarantino、タラ・ウッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、スティーヴ・ブシェミ、ダイアン・クルーガー、ルーシー・リュー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ブルース・ダーン、ロバート・フォスター、

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タラ...

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』

小説家の映画、The Novelist's Film、ホン・サンス、イ・ヘヨン、キム・ミニ、パク・ミソ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、キ・ジュボン、チョ・ユニ、ハ・ソングク、イ・ユンミ、キム・シハ、新しい出会いと人生第二章の幕開け、ホン・サンス映画の顔である女優キム・ミニと前作『あなたの顔の前に』(2021年)のイ・ヘヨンが女優と短編映画を撮ろうとする小説家として共演する。 邁進してきた道で成功を収めつつも心に悩みを抱えて生きてきた二人の女性の出会いを軸に友人たちとのふれあいと人生の新たなページが捲られる時に感じられる清々しい心のざわつきのひとときを描く。、多作の人、ホン・サンス監督、第72回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(審査員大賞)

新しい出会いと人生第二章の幕開け『小説家の映画』