すべてうまくいきますように、Everything Went Fine、フランソワ・オゾン、ソフィー・マルソー、アンドレ・デュソリエ、シャーロット・ランプリング、ジェラルディーヌ・ペラス、エリック・カラヴァカ、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作品、すべての人に訪れる死について家族の愛とは何かを問いかける、名匠フランソワ・オゾンが描く誰にでも訪れる死と残された家族との別れ。 もしもそれが安楽死だとしたら?最期の日を決めた父と娘たちの運命は想像を超えた結末へと向かってゆく。 全ての人々へ問いかける涙とユーモアあふれる感動の物語。、オゾンの代表作『スイミング・プール』脚本家エマニュエル・ベルンエイムの自伝的小説の映画化、ソフィー・マルソーが演じる主人公の女性エマニュエル・ベルンエイムは、その名の通り、小説家その人

すべての人に訪れる死について、家族の愛とは何かを問いかける『すべてう...

daniels、Daniel Scheinert、Daniel Kwan、2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、ダニエルズって、どんなヤツら?、本年度アカデミー賞10部門11ノミネートされたマルチバースとカンフーがミックスした異端のSFアクション・アドベンチャー映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。 すでに本作で世界各国で391ノミネートと260もの途方もない数の受賞を果たしている近年稀に見る発想の作品内容もさることながら怪作中の怪作と呼べる映画。 ダニエルズ名義の長編映画はまだ2本目でしかない最新作にして、とんでもない作品を生み出したダニエル・シャイナートとダニエル・クワンによる監督ユニット、ダニエルズとは、一体何者?、第95回アカデミー賞10部門11ノミネート、エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス、ダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)、ミシェル・ヨー、ステファニー・スー、ジョナサン・キー、ジェイミー・リー・カーティス、作風も映像哲学も一味違う監督ユニット、ダニエルズ、初期からキレッキレに飛ばしまくったその映像センス、今まで見たことない常識破りのナイキCM、初長編映画はダニエル・ラドクリフがオナラを出す死体役、ダニエル・シャイナート単独監督作は、田舎町を舞台にしたユルユル・ミステリー、未来の映画の楽しみがまたひとつ増えたその類まれな作家性

2023年度アカデミー賞最多ノミネートを果たした監督ユニット、ダニエルズ...

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語、ネタばれ、『ラ・ラ・ランド』で名を馳せたデイミアン・チャゼル監督最新作はサイレント映画が一世を風靡するハリウッド黄金時代を舞台にブラッド・ピット、マーゴット・ロビーを迎え、トーキー映画の時代がやってくる激動の映画界を生きる男女の夢を描く!絢爛豪華な音楽エンターテインメント。、『バビロン』の映画化企画がなければ、名作『ラ・ラ・ランド』(2016年)は生まれなかった!、エマ・ストーンがあまりにもスキャンダラスな私生活から後にハリウッドを追われたクララ・ボウという実在の女優をこの『バビロン』で演じる予定だった、『ラ・ラ・ランド』でスターとなったエマ・ストーン、二枚看板のブラッドとマーゴットは共演3作目だが、実は顔を合わせるのは初!、本作『バビロン』での共演は本当の意味での初共演、ミュージカル

サイレント映画花盛りの時代、ゴージャスでクレイジーなハリウッド夢物語...

、モンローに成りきるためにアナが苦労した役作り、ネットフリックス史上初めてのNC-17(18歳未満鑑賞禁止)指定の映画、ジョイス・キャロル・オーツのフィクションを織り交ぜ、書き上げた「ブロンド -マリリン・モンローの生涯」を元にハリウッドの伝説的な歌姫であり、謎の死を遂げたブロンドの女優マリリン・モンロー(アナ・デ・アルマス)の生涯を大胆な視点で描いた虚実ないまぜのフィクション・ドラマ。、アナ・デ・アルマスがモンローを大胆に演じきる!今もミステリアスなマリリン・モンローの人生を虚実ないまぜの大胆な視点で描いたネットフリックス・オリジナル映画、ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!、Netflix、ブロンド、アンドリュー・ドミニク、アナ・デ・アルマス、リリー・フィッシャー、ボビー・カナヴェイル、エイドリアン・ブロディ、ジュリアンヌ・ニコルソン、エヴァン・ウィリアムズ、ゼイヴィア・サミュエル、タイ・ルニャン、マイケル・ドレイヤー、サラ・パクストン、ライアン・ヴィンセント、

ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!『ブロンド』

SHE SAID シー・セッド その名を暴け、She Said、マリア・シュラーダー、キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン、パトリシア・クラークソン、アンドレ・ブラウアー、ジェニファー・イーリー、アンジェラ・ヨー、サマンサ・モートン、#MeToo運動が爆発する発端となったハリウッドを震撼させた衝撃のスクープサスペンス、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『恋におちたシェイクスピア』『英国王のスピーチ』等、数々の名作を生み出したディズニー傘下のミラマックス・フィルムズを廃業し、ワインスタイン・カンパニーとして、更に話題の商業映画を量産してきた名映画プロデューサーの名を欲しいままにしてきたハーヴェイ・ワインスタインとボブ・ワインスタインの兄弟。 だが、2017年「ニューヨーク・タイムズ」紙が報じた1つの痛烈な記事が世界中で社会現象を巻き起こした。その内容とは、誰も語りたがらなかったハーヴェイ・ワインスタインが製作した映画出演女優、女性スタッフ、女優志願者へのセクハラ・性的暴行事件。 このことをキッカケに映画業界のみならず国を超えて性犯罪の被害の声を促し、#MeToo運動が爆発した。 後にピューリッツアー賞を受賞するこの調査報道を行った2人の女性記者の目を通して描かれるハリウッドの巨大権力に挑んだ特大スクープサスペンス。、「ニューヨーク・タイムズ」紙の調査報道記者、女性や子供の問題が得意分野のミーガン・トゥーイー(キャリー・マリガン)と職場問題が専門のジョディ・カンター(ゾーイ・カザン)。、ジャーナリスト史上最高の名誉、ジョージ・ポルク賞、そしてピュリッツァー賞公益部門を受賞したノン・フィクションの映画化、だが、「ニューヨーク・タイムズ」紙は、すでに2004年からハーヴェイ・ワインスタインの性暴力事件は掴んでいたとされている。、主演のキャリー・マリガンとゾーイ・カザンは、実はプライベートでも大親友同士、主人公ミーガンとジョディを演じたキャリー・マリガンとゾーイ・カザンは、プライベートでも14年もの友情を育んできた。、ユニークな存在を放ち続ける俳優ポール・ダノをパートナーに持ち生粋の名門映画一家育ちのゾーイ、近年、メキメキと現代アメリカ社会を象徴する演技派女優として、唯一無二のキャリアを積み上げているキャリー・マリガン。

#MeToo運動が爆発する発端となり、ハリウッドを震撼させた衝撃のスクープ...