標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

血は争えないと感じさせるその映画観は、まるで香港の雨傘運動やブラック・ライヴズ・マター 等、様々な市民運動、果ては国内内戦までも想起させる現代社会に問題提示を投げかける力作を完成させた、ユダヤ人虐殺の戦争犯罪を描いた法廷ドラマ『ミュージックボックス』(1989年)やチリでの軍事クーデター中に起きた失踪事件を映画化した『ミッシング』(1982年)など、絶えず骨太なテーマで映画を撮り続けてきたアテネ出身の映画監督コスタ=ガヴラス監督を父に持つロマン・ガヴラス監督、骨太な作風は、父親コスタ=ガヴラス監督譲り、一人の少年の死をきっかけにして住民と警察との全面戦争へと発展してゆく・・・ 要塞化した街で戦闘を指揮する殺された少年の兄弟と騒乱を鎮める立場の警察官の兄、憎悪をぶつける住民感情、復讐、不満、悪意、守ること、正義、様々な思いが錯綜し、決して引き返すことができない沸点までエスカレートしてゆく、全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス、Netflix、ネットフリックス、ダリ・ベンサラ、サミ・スリマン、アンソニー・バホン、オウアッシーニ・エンバレック、アレクシス・マネンティ、カリム・ラズミィ 、アテナ、Athena、ロマン・ガヴラス、

全面戦争へと発展する市民暴動の行方は?クライム・サスペンス『アテナ/At...

バイオテクノロジーを使った最先端技術で地球を支配する者が暮らす居住地"城塞"以外は生態系が完全に崩壊した人が住める場所ではなくなった地球。 サバイバル・スキルに長けた13歳の少女、ヴェスパー(ラフィエラ・チャップマン)は、この奇妙で危険に満ちた惑星で病気で苦しむ父ダリウス(リチャード・ブレイク)と共に日々、生き抜いている。 、ハイエンドのバイオテクノロジーを駆使し完全に環境が崩壊した地球、危険に満ちた奇妙な惑星では一部の者が支配し、地上に取り残された人間は決死のサバイバル生活を余儀なくされていた。バイオテクノロジーで荒廃した世界とその世界観の構築に独自の映像センスが感じられるニュージャンルSF、バイオテクノロジーSFファンタジー、ラフィエラ・チャップマン、エディ・マーサン、ロージー・マキュアン、リチャード・ブレイク、エドモンド・デーン、クリスティーナ・ブオジーテ、ブルーノ・サンペル、ヴェスパー、Vesper、

バイオテクノロジーSFファンタジー『ヴェスパー』

ムルソー、ヴォルネイ、シャンボール・ミュジニー、ジュヴレ・シャンベルタン、ロマネコンティ、伝説的な醸造家ジャック・ピュイゼ、フランスを代表する偉大なワインの生産地、中世に遡ると言われるブルゴーニュ地方。ワイン醸造家らが特級畑から摘み取られた葡萄から神々しいまでのワインに育て上げる様をカメラは美しく活写してゆく。極上のワインにまつわる叙事詩のようなドキュメンタリー、ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる、マリー=アンジュ・ゴルバネフスキー、The Soul of Wine、ソウル・オブ・ワイン、

ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる『ソウル・オブ・ワイン』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』