• アクション映画
降霊会でふざけるとトンでもない結末が待っているモダン・ホラー『トーク・トゥ・ミー/Talk to Me(原題)』、過激なパロディ動画で人気を呼んだオーストラリアのYouTuber、フィリッポウ兄弟、初めての長編映画監督作は、サンダンス映画祭上映後、A24とユニバーサル映画の間で米配給権利の奪い合いになったほどのホットな話題の恐怖映画。 ミステリアスな剥製の手を使って、若者グループが半ば冗談で始めた降霊会。 ふざけてエスカレートしてゆく内にやがて血も凍るグロテスクな恐怖に襲われるモダン・ホラー。、過激なホラーテイストのコメディー動画で人気を呼ぶフィリッポウ兄弟、ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ、トーク・トゥ・ミー、Talk to Me、ソフィー・ワイルド、ジョー・バード、アレクサンドラ・ジェンセン、オーティス・ダンジ、ミランダ・オットー、マーカス・ジョンソン、アレクサンドリア・シュテッフェンゼン、ゾーイ・テラケス、クリス・アロシオ、アリ・マッカーシー、サニー・ジョンソン、

降霊会でふざけると、とんでもない結末が待っているモダン・ホラー『トー...

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『ショーイング・アップ』、アメリカン・インディーズ・シネマ・シーンの象徴的存在である映像作家、ケリー・ライカートによる最新作は、実在のカナダの現代アーティスト、エミリー・カーをモデルにした物語。 ミシェル・ウィリアムズが演じる現代アーティスト、リジーはもっと作家活動に時間を割きたいが日々のたわいも無い出来事で流されてしまっていた。 そんな彼女の生活を通して、アート、仕事、家族の問題、そして友情を心温まるタッチで描いた好編。、アート・アドミニストレーター、オレゴン・カレッジ・オブ・アート・アンド・クラフト、役柄のために実際に彫刻を学んだミシェル・ウィリアムズ、シンシア・ラーティ、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、Showing Up、ショーイング・アップ、ケリー・ライカート、ミシェル・ウィリアムズ、ホン・チャウ、ジャド・ハーシュ、アマンダ・プラマー、ジョン・マガロ、アンドレ・3000、テオ・タプリッツ、ローレン・ラキス、サム・カマーマン、テッド・ルーニー、ユードーラ・ピーターソン、マリアン・プランケット、ヘザー・ローレス、イザベル・マー、A24、

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『シ...

苦い涙、Peter von Kant、フランソワ・オゾン、ドゥニ・メノーシェ、イザベル・アジャーニ、ハリル・ベン・ガルビア、ハンナ・シグラ、ステファン・クレポン、アマント・オーディアール、オゾンによるファスビンダー映画の再創造『苦い涙』、ドイツのライナー・ベルナー・ファスビンダー監督の『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』(1972年)をフランソワ・オゾン監督が主役を男性二人に置き換え再映画化。 今、まさに旬の俳優ドゥニ・メノーシェが孤独な映画監督役で好演し、イザベル・アジャーニが大物女優役で登場するのも見もの。 またファスビンダーのオリジナル版にも出演し、最も有名なファスビンダー映画である『マリア・ブラウンの結婚』(1979年)の主演女優でもあったハンナ・シグラがオゾン監督の前作『すべてうまくいきますように』(2021年)に引き続き、出演している。 こうしたオゾン監督のファスビンダー作品とのご縁は、まさに”ファスビンダー・チルドレン”と呼ぶに相応しい。、ファスビンダー作品をもじったフランス版オリジナル・ポスター、フランソワ・オゾン監督は、ライナー・ベルナー・ファスビンダーが書いた未発表の戯曲『焼け石に水』(2000年)を映画化しており、本作は、2度目のファスビンダーへ捧げた作品と言える。 そして本作のオリジナル・ポスターは、ファスビンダーの遺作となった同性愛者を描いた映画『ケレル』(1982年)のオリジナル・ポスター・デザインをもじったもの。、ちなみにこの『ケレル』のポスター・デザインは、アメリカのポップ・アーティストである画家アンディ・ウォーホルによるもの。、ドリアン賞:知る人ぞ知るLGBTQ映画賞(2023年)

オゾンによるファスビンダー映画の再創造『苦い涙』

aftersun アフターサン、アフターサン、Aftersun、イギリス、シャーロット・ウェルズ、ポール・メスカル、フランキー・コリオ、セリア・ロールソン・ホール、サリー・メッシャム、第95回アカデミー賞・ノミネート:主演男優賞、胸に突き刺さる父と娘のひと夏の思い出、近年のイギリス映画の最大の才能の発見!と言われている女性監督シャーロット・ウェルズの自伝的作品。 初監督作にしてマスターピースを作ったと多くの批評家から絶賛されているストーリーはひと夏の父と娘のたわいもない思い出話。 流れるような映像の中に落ちている真実のかけらが繋ぎ合わさってゆく今までにない新世代の映像作品。、トルコ南西部の小さなビーチリゾート、オルデニズ、批評家が大絶賛した今までになかった映画のスタイル、本番まで周到に演出プランを準備した監督シャーロット・ウェルズ、

胸に突き刺さる父と娘のひと夏の思い出『aftersun アフターサン』

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』