• コニー・ニールセン
家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』、前作『オールド』(2021年)に続く大ドンデン返しの帝王M・ナイト・シャマラン監督最新作! 突如、謎の訪問者たちに家に押し入られ、愛する家族1人の犠牲か、世界の終焉か?とあまりにも荒唐無稽な非情の選択を迫られる家族の不可解で不条理な運命。、スティーブン・キングも絶賛する小説「終末の訪問者」の映画化、幻想的なホラー、ダーク・ファンタジー・ジャンルの第一人者であるイギリス人小説家ポール・トレンブレイによるベストセラー小説。 トレンブレイの才能を認めるスティーブン・キングもその作品世界を"戦慄すべき挑発である"と絶賛している。、レオナード役を怪演したデイヴ・バウティスタの演技は非常に評価が高い、未来の苦難の予言をもたらすヨハネの黙示録の四騎士、Knock at the Cabin、M・ナイト・シャマラン、デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、ルパート・グリント、アビー・クイン、クリステン・キュイ、

家族一人の死か、世界の終わりか? 不条理ホラー『ノック 終末の訪問者』

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』、ガイ・リッチー監督✖️ジェイク・ギレンホールによる真に迫る戦場アクション・スリラー タリバン勢力による度重なる自爆テロ、待ち伏せ奇襲攻撃により翻弄された米軍のアフガニスタンでの軍事作戦。 奇襲攻撃に遭い殲滅させられた部隊でたった一人、生き残った曹長のジョンと共に遁走しながら彼の命を救ってくれたのは現地人通訳のアハメッドだった。 無事、祖国アメリカへと帰還したが、アフガンに残され、危険に晒され続けているアハメッドとその家族の安否を気遣うジョン。 彼らの救出のため再び地獄の戦場へと向かう兵士ジョンの勇気ある行動の軌跡を緊迫感溢れた映像で描く感動巨編。、Guy Ritchie's The Covenant、ガイ・リッチー、ジェイク・ギレンホール、ダール・サリム、シーン・サーガル、リース・イエーツ、クリスチャン・オコーラ・ラヴァニーア、ボビー・スコフィールド、エミリー・ビーチャム、ジョニー・リー・ミラー、アレクサンダー・ルドウィグ、レザ・ダイアコ、ジェームズ・ネルソン・ジョイス、ゲイリー・アンソニー・ステネット、アントニー・スター、

全ては命の恩人のため、地獄の戦場での決死の救出劇!『コヴェナント』

ノスタルジックでメランコリック、ピュアな人生讃歌『パーフェクト・デイズ』、日本文化を愛する名匠・ヴィム・ヴェンダースが東京・渋谷区の公共トイレを舞台に世界的名優・役所広司扮する清掃員の質素だが、心豊かに生きる日常を淡々と描き出す人間讃歌。 主なロケーションとなったのは東京・渋谷区内の駅前や道路沿いなどに点在する公共トイレ。 高度成長の時代に建てられた古びた公共トイレを著名な建築家やクリエイターがユニークな意匠で建て直し、都市景観をリジェネレイトする「THE TOKYO TOILET プロジェクト」の総仕上げとも言える映像化は、ヴェンダースの映画力によって、よく陥りがちな企業が参画した広告映画といった範疇を遥かに超えた作品として結実している。 本作は第76回カンヌ国際映画祭のコンペ出品作として、世界の名だたる作家の作品と大賞パルム・ドールを競い合った。 更に現地カンヌでは役所広司は主演男優賞を受賞する快挙を成し遂げ、人間の内面を丹念に描いた作品に贈られるエキュメニカル賞までも受賞し、大きな手土産を携え、本作を取り巻く世界に華を添えた。、ヴェンダースの映画作法、『ワイスピ』気分で爆速で撮影した17日間、小津の遺作から60年経過した東京を撮る想い、語られざる平山の過去、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯、

ノスタルジックでメランコリック、ピュアな人生讃歌『PERFECT DAYS』

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史、5月に発売されるコンピレーション・アルバム、TRAVESÍA RYUICHI SAKAMOTO CURATED BY IÑÁRRITU。 映画『バベル』(2006年)への坂本の楽曲提供に始まり、オスカー3冠に輝く『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015年)でのオリジナル・サウンドトラック製作、等、その音楽的才能に惚れ込み、親しく交流を続けてきた世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 このアルバムは音楽家・坂本龍一の生涯の道筋をまるで旅をするが如くにイニャリトゥ監督がセレクトした楽曲で構成された特別なコンピレーション。 全1000曲の坂本の様々な音源を半年かけて、イニャリトゥ監督が聴き、セレクトしているという。、優雅で感動的な静寂があるミニマリスト、音楽家・坂本龍一の生涯を鳥瞰する旅 "TRAVESÍA"、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Civil War』、SFジャンルで活躍してきた脚本家であり、映画監督のアレックス・ガーランドの最新作は、近未来のアメリカをバラバラに分断する内戦をジャーナリストの一行が決死の覚悟で捉えてゆくディストピア近未来SF。 現実にアメリカ国内で起こりうるストーリーだけに虚実ないまぜの設定とストーリー展開に単なるリアリティ溢れるエンタメという範疇を遥かに超えた社会的なアラートを発している、"西連合"(West Alliance=WA(略称))、大統領への単独インタビュー取材、"フロリダ連合"、"ニューピープルズ・アーミー"、"ロイアリスト・ステーツ"、禁断のアメリカ内戦の凄惨な姿をロード・ムーヴィーで描くエピック、アレックス・ガーランド、シビル・ウォー、Civil War、キルスティン・ダンスト、ヴァグネル・モウラ、ケイリー・スピーニー、スティーヴン・ヘンダーソン、ジェシー・プレモンス、ソノヤ・ミズノ、ニック・オファーマン、ジェファーソン・ホワイト、フアニ・フェリス、ネルソン・リー、エドモンド・ドナヴァン、カール・グルスマン、ジン・ハ、ジョニカ・T・ギブス、ジェス・マトニー、A24

決死のジャーナリズムが世界情勢に疑問を投げかける『シヴィル・ウォー/Ci...