• ナタリー・エマニュエル
Xmas、クリスマス、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、chirstmas、wallpaper、壁紙、merrychirstmas,cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2023年

2023年 クリスマス VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次世代スポ根ストーリー『グランツーリスモ』、シリーズ累計9,000万本以上を売り上げたソニーが生んだドライビング・シミュレーター・ゲームの頂点であり、「オリンピック eスポーツシリーズ」や「国民体育大会・文化プログラム」eスポーツ大会の競技種目にも選ばれている「グランツーリスモ」 本作はティーンの頃からこのレーシング・シミュレーション・ゲーム・シリーズのトップ・プレイヤーであり、後にプロのレーシング・ドライバーに転身したヤン・マーデンボローの実体験を元にしている。、本作ではヤン・マーデンボロー自らハンドルを握って、スタント・ダブル・ドライバーとなった!、ドライバー発掘・育成プログラム「GTアカデミー」とは?、Gran Turismo、ニール・ブロムカンプ、アーチー・マデクウィ、デヴィッド・ハーバー、オーランド・ブルーム、トーマス・クレッチマン、ジャイモン・フンスー、平 岳大、ダレン・バーネット、ジェリ・ハリウェル、ジョシャ・ストラドフスキー、ダニエル・プイグ、メイヴ・クルティエ・リリー、ペペ・バロッソ、ニール・マクシャ、ニクヒル・パーマー、アキー・コタベ、上田貞夫、ワイ・ウォン、ジェイミー・ケナ

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次...

暗黒時代のチリの植民地から命がけで逃げ出してきた女性を描いたストップ・モーション・アニメの狂乱すべき傑作『オオカミの家』、ピノチェト独裁政権下のチリ。 旧ナチス・ドイツの流れを汲むカルトなドイツ系移民のコロニーから脱出してきた女性マリアと彼女を追う謎の狼。、子供に対する性的虐待でドイツを追われた旧ナチスのキリスト教の指導者を中心に作られた、狂信的なドイツ系移民のコロニーであるコロニア・ディグニタ。、現代アートとして世界各国を巡回展示しながらの作品制作、恐怖の地、コロニア・ディグニタはすでに映画化されている、

暗黒時代のチリの植民地から命がけで逃げ出してきた女性を描いたストップ...

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』、ヒッチコックが映画化したダフネ・デュ モーリアの不朽の名作『レベッカ』からインスパイアされて書かれた俊英オテッサ ・モシュフェグによる小説『アイリーンはもういない』を完全映画化。 黒い感情を抑え込み、物静かに生活しようと努める孤独な一人の女性アイリーンが魅力的な女性レベッカと出逢うことで始まるそれまでの鬱屈とした人生の終わりと新たな人生の始まりまでの1週間を劇的に描くサスペンス・スリラー。、サスペンス・スリラーの新女王トーマシン・マッケンジー、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞し、更にブッカー賞、全米批評家協会賞、英国推理作家協会ジョン・クリーシー・ダガー賞の最終候補にノミネートされている。、2018年にオテッサが発表した小説「My Year of Rest and Relaxation」は2001年同時多発テロを時代背景に一人の裕福な家庭に育った一人の美しい女性が突然仕事を辞め、冬眠と称してニューヨークの自宅に引き篭もりひたすら眠り続ける姿を描き、予告編で使われているロールシャッハ風の画面処理など、様々なパーツがスリリングであり、その極上の心理サスペンス風味にとてもそそられる仕上がり、Eileen、ウィリアム・オルドロイド、トーマシン・マッケンジー、アン・ハサウェイ、シェー・ウィガム、サム・ニボラ、シオバン・ファロン、トニー・パタノ、ウィリアム・ヒル

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』

今秋、渋谷で再開催!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』、画像投稿のインスタグラムの人気アカウント"Accidentally Wes Anderson"を知っているだろうか? ウェス・アンダーソン映画に出てきそうなパステルカラーのポップで左右対称のシンメな構図と切り取り方で世界中で撮影された風景写真が一堂に介すウェス好きなら知らない者はいない大人気のSNS上のグローバル・コミュニティのことである。 この"偶然にもウェス・アンダーソン風"の写真たちが、大人気を博した韓国の展示に始まり、日本にも『ウェス・アンダーソンすぎる風景展 あなたのまわりは旅のヒントにあふれている』として、天王洲・寺田倉庫G1にて開催された。 会期も残すところあと1週間のタイミングでいかにもウェス・アンダーソン映画を好みそうなファッショニスタな若者で賑わう会場へと足を運んだ。 ウェス映画の世界観をうまく醸成した旅を誘うアミューズメント・パークのようなナイスな展示の数々は、今まであった写真展示の楽しみ方とは違う異次元の楽しみ方を体感できる。『アステロイド・シティ』と連動して、バズりそうな予感の渋谷ヒカリエでの再開催、 同展のルーツとなった人気のインスタグラム・アカウント(AWA)の熱心なフォロワーやウェス・アンダーソンの映画にくびったけのファン以外にもプロアマ問わず、写真を嗜む方々にも強くリコメンしたい。 AWA創設者のコーヴァル夫妻が撮影した作品以外にも夫妻が"冒険者"と呼ぶシェアされた世界中の写真のリアル展示をこれだけの人々が楽しんでいるのは、写真というジャンルの世界ではエポックメイキングな出来事として記憶されることだろう。 展示方法に通常の写真展を超えた工夫がなされており、素晴らしくセンス抜群であり、これからの時代の画像の愛しみ方、楽しみ方のヒントが見え隠れする。 旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、旅心を誘う写真と戯れることができるとっておきの場所は期間限定開催である。そして、今秋に渋谷での再開催も決定した! 時間を作って、是非、足を運ばれることをお勧めする。、写真展という姿をしたアミューズメント・パーク

今秋、渋谷で再開催決定!トラベリング・ウィズ・ウェス・アンダーソン『...