• ナタリー・エマニュエル
ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー、アーケディアン、Arcadian、ニコラス・ケイジ主演最新作は、現代文明が滅びた後、生き残った人間と夜ごと襲ってくる得体の知れない"何か"との死闘を描いたSFホラー。 監督は、ニコラス・ケイジ主演で汚職警官を描いたクライム・サスペンス『ダーティー・コップ』(2016年)で兄弟監督としてデビューし、本作で再びニコラス・ケイジと組んだ新鋭ベンジャミン・ブリューワー。、ニコラス・ケイジというつかみどころのない名優、マイケル・ニーロン、ベンジャミン・ブリューワー、ニコラス・ケイジ、ジェイデン・マーテル、マックスウェル・ジェンキンス、セイディー・ソーヴラル

ポストアポカリプス系サバイバルSFホラー『アーケディアン/Arcadian』

コカイン・ベア、Cocaine Bear、エリザベス・バンクス、ケリー・ラッセル、オールデン・エアエンライク、オシェア・ジャクソン・Jr、レイ・リオッタ、イザイア・ウィットロック・Jr、ブルックリン・プライス、クリスチャン・コンバリー、マーゴ・マーティンデイル、ジェシー・タイラー・ファーガソン、クリストファー・ヒヴュ、ハンナ・フックストラ、アヨーラ・スマート、アーロン・ホリデー、J・B・ムーア、レオ・ハンナ、カヒョン・キム、麻薬を食べ暴走するクマが巻き起こすダーク・スプラッター、実際に起きた出来事を脚色して映画化! ジョージア州にある奥深い森。 麻薬密売人が飛行機から投棄したコカインをよりによって摂取してしまう体重200キロを超える巨大クマ。 そうとは知らずに麻薬を回収するために森に入る犯罪者、警察官、森林警備隊、観光客、子供たち。 麻薬で凶暴になったクマは、執拗に人間を追跡し、牙をむき襲いかかる。、実際にあったコカインを食べたクマの事件、そのクマは剥製にされ、ケンタッキー州レキシントンにあるケンタッキー・ファン・モールに"コカイン・ベア"として展示され、人気の観光名物となっている。、実際に起きた事件を脚色して映画化! ジョージア州にある奥深い森。 麻薬密売人が飛行機から投棄したコカインをよりによって摂取してしまう体重200キロを超える巨大クマ。 そうとは知らずに麻薬を回収するために森に入る犯罪者、警察官、森林警備隊、観光客、子供たち。 麻薬で凶暴になったクマは、執拗に人間を追跡し、牙をむき襲いかかる。

麻薬を食べ暴走するクマが巻き起こすダーク・スプラッター『コカイン・ベア』

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』、14歳の時に運命的に出会い、最愛の妻となったプリシラから見たロックン・ロールのキングであり、アメリカの伝説、エルヴィス・プレスリーの語られざる真の姿をソフィア・コッポラがスリリングに描き出す。、父親の『地獄の黙示録』ほどの悲惨な地獄を見たわけではないが、ソフィアにとって苦労の多かった本作の製作、回想録的な自伝本「私のエルヴィス」が原作となっている。、『エルビス&ミー』(1988年)として、過去にTV映画として製作・放送され、この年の最も視聴率を稼いだ作品として記憶されている。、彼女の夫であるフレンチ・ポップバンド、フェニックスのフロントマン、トーマス・マーズの音楽的才能を借りることになり難を逃れることになる、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(2017年)、『オン・ザ・ロック』(2020年)の劇伴も担当してきたトーマス・マーズとフェニックスにより、コンテンポラリーな楽曲、そして映画が描かれた同時代の音楽をカバーするといった手法で切り抜け、逆に創意工夫に富む着想豊かでいかにもソフィアの作品らしいオリジナル・サウンド・トラックが生まれた。、第80回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品・主演女優賞・ケイリー・スピーニー、プリシラ、Priscilla、ソフィア・コッポラ、ケイリー・スピーニー、ジェイコブ・エロルディ、アリ・コーエン、ダグマーラ・ドミンスク、ティム・ポスト、A24、

プレスリーと過ごした14年間の愛の日々『プリシラ/Priscilla』

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』、戦後、高性能なトラクターの製造販売で巨万の富を得た機械いじりの好きな情熱の塊のような男フェルッチオ・ランボルギーニ。 フェルッチオは車収集趣味が高じて、購入した車の不満を感じたメカのチューンアップを自ら始める。 次第に自らの手による唯一無二の高級エキゾチック・カーの製造販売という大きな夢を実現してゆくことになる。 周囲からは驚きの目で見られ、農機具でも作ってろ!とすでに世界的な名車となっていたフェラーリにバカにされながらもその負けず嫌いな性格から世界の車の歴史に残るアヴァンギャルドな名スーパーカー・ブランド、ランボルギーニが誕生してゆく。、イタリア。、フェルッチオ・ランボルギーニ、アウトモービリ・ランボルギーニ、打倒フェラーリを掲げ、ミウラ、イスレロ、エスパーダやハラマといった数々のアバンギャルドなスーパーカーの製造販売に本格的に乗り出してゆく、未来に続く名車ランボルギーニの歴史、フェルッチオ自身のその後は、ルーツである農業への回帰を決め、旅の途中で気に入ったウンブリア州の土地を手にいれ、そこでワイナリー、テヌータ・ランボルギーニの経営と薔薇の栽培を始める、カプリ・ハリウッド国際映画祭:カプリ・イタリア系アメリカ人俳優賞・フランク・グリロ、ランボルギーニ、伝説を継ぐ男、Lamborghini: The Man Behind the Legend、ボビー・モレスコ、フランク・グリロ、ミラ・ソルヴィノ、ガブリエル・バーン、エリアナ・ジョーンズ、パトリック・ブレナン、トンマーゾ・バシリ、ジョルジョ・カンタリニ、フランチェスカ・ティザノ、フランチェスカ・デ・マルティーニ 、ロマーノ・レジアニ、

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日16日(金)にオープン!、去る4月10日より長期休館に入ったBunkamuraル・シネマは6月16日(金)より、渋谷駅の目の前に立地する旧渋谷TOEI跡地に新たな映画館「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」をオープンする。、コンテクストを継承しつつ、新たな気配のする空間、より駅前に立地することの優位性、

シブヤらしさを感じる映画の発信源 Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下が明日1...