• BRAND NEW
  • ブランニュースクリーン
  • HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 東京フィルメックスで審査委員特別賞を受賞した絵巻物のような年代記『春江水暖 しゅんこうすいだん』
春江水暖、グーシャオガン、東京フィルメックス、カンヌ国際映画祭批評家週間、家族の変遷の物語、人間ドラマ、中国映画

東京フィルメックスで審査委員特別賞を受賞した絵巻物のような年代記『春江水暖 しゅんこうすいだん』

2年の歳月をかけて、四季折々の景観と共に現代中国の家族の変遷を絵巻物のように描いてゆく。

©2019 Beijing Qu Jing Pictures

Story:

舞台は杭州、富陽。一つの家族の移り変わりを大きな河の流れにたとえるかのように描く。

絵巻物を観ているような横移動の見事なカメラワークが市井の人々の生活を活写してゆく。

映像美、物語のディテイル、語り口、全てがまるで巨匠の筆致だが、弱冠32歳のグー・シャオガンの監督デビュー作というからただただ驚くばかり。

本作は、昨年度カンヌ国際映画祭・批評家週間のクロージング上映作品。


昨年度の第20回東京フィルメックスで日本で初上映され、初監督作ながらその野心的な作風と映画の佇まいに心臓を撃ち抜かれた観客も多かった。

本作は家族と地域の変遷を描いた絵巻物の第1巻であり、第2巻、第3巻と10年置きに描かれてゆく壮大なプロジェクト。

11/24 『春江水暖』Q&A

11/24 『春江水暖』Q&A有楽町朝日ホールグー・シャオガン(監督)市山 尚三(東京フィルメックス ディレクター)湯櫻(通訳)中国 / 2019 / 154分監督:グー・シャオガン(GU Xiaogang)Japan / 2019 / 99min.Director: NAKAGAWA Ryutaro

『第20回東京フィルメックス『春江水暖』上映後Q&A』 / 2019年11月24日 有楽町朝日ホール

第21回東京フィルメックスは 2020年10月30日‐11月7日 開催!


映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』公式サイト

元代の著名な画家、黄公望<こうこうぼう>(1269-1354)が、富陽を描いた水墨の山水長巻。1350年完成。中国水墨画史上、高い評価を得ている傑作で、日本で最も人気の高い中国絵画のひとつである。 シャオガン監督は、この絵にインスパイアされて、本作を完成させた。 …

『春江水暖』予告編

Awards:

  • 東京フィルメックス:審査員特別賞
  • 上海国際映画祭:最優秀作品賞、最優秀新人監督賞
  • チャイニーズ・ヤング・ジェネレーション・フィルム・フォーラム:最優秀商業映画賞、撮影賞

『春江水暖』(2019年・中国・2時間30分)
監督:
グー・シャオガン
出演:
チエン・ヨウファー、ワン・フォンジュエン
©2019 Beijing Qu Jing Pictures

2021年2月11日 Bunkamura ル・シネマ 他 全国順次公開‼


VOIDセレクト: 中国映画おすすめ





More To Read:

中国映画界の名匠ジャ・ジャンクー監督によるドキュメンタリー『海が青くなるまで泳ぐ』、そして、プロデュース作『不止不休』

現代中国映画界のクオリティの高さは衝撃的!破滅的なノワール・スリラー 『鵞鳥湖の夜』

ウォン・カーウァイの映画史を振り返る作品『1ミリの10分の一(原題)』

ウォン・カーウァイ8年ぶりの監督作は、TVドラマ『ブロッサムズ・シャンハイ』

少女と不良少年の運命的な出会い、ロマンティック・クライム・ラブストーリー『少年の君』


【更新】2021年9月21日


VOID RECOMMENDS