• ダコタ・ジョンソン
映画の公開によるすべての収益は、レバノンの首都ベイルートで 8 月 4 日に起きたベイルート港爆発事故で大きな打撃を受けたベイルートのセント ジョージズ病院で、保険のない子供たちに必要な医療を提供する慈善団体CAP-HOに寄付されます、レバノンワインの起源は5千年前とも一説には7千年前、食べて、祈って、恋をして、戦時中も苦難を耐え抜き、ワインを造り続けたレバノンのワインメーカー達。その不屈の精神から生まれた幸福と生き方論とは?、戦火のなか、ワインを造り続けたレバノンのワインメーカー達が語る、セルジュ・ホシャール、マイケル・ブロードベント、ジャンシス・ロビンソン、エリザベス・ギルバート、ミシェル・ドゥ・ブストロス、サンドロ・サーデ、カリム・サーデ、ジェームズ・パルジェ、ジョージ・サラ、ジャン=ピエール・サラ、ナジ・ブトロス、ジル・ブトロス、ロナルド・ホシャール、ガストン・ホシャール、ファウージ・イッサ、サミー・ゴスン、ラムジー・ゴスン、マイケル・カラ、Wine and War、戦地で生まれた奇跡のレバノンワイン、マーク・ジョンストン、ワイン、レバノンワイン、ドキュメンタリー、レバノン、セルジュ・ホシャール、ジャンシス・ロビンソン、マイケル・ブロードベント

戦火のなか、ワインを造り続けたレバノンのワイン醸造家達が語る『戦地で...

tokyo filmex、その土地の記憶を映し出す「泥」でひたすら建造物を造る男。次第にそれは造り手である男に多大な影響を及ぼしはじめるようになる、ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』、filmex、東京フィルメックス、The Dam、アリ・チェッリ、Ali CHERRI、マヘル・エル・ハイル、スペシャル・メンション、ダム、

ひとりの男が泥でつくる不思議な塔。やがて、それは命を持ちはじめる『ダム』

有楽町・朝日ホール、ノー・ベアーズ、No Bears、イラン、ジャファル・パナヒ、収監中のジャファル・パナヒ監督、まるで収監されるまでの過程を描いたかのような大胆な衝撃作『ノー・ベアーズ』が日本初公開!、「第23回東京フィルメックス」が2022年10月29日に開幕され、特別招待・オープニング作品としてジャファル・パナヒ監督が自ら出演する渾身の新作『ノー・ベアーズ』上映された。 監督がイラン当局に収監されながらもヴェネチア映画祭で公開され審査員特別賞を受賞したユーモラスで勇気溢れる傑作!、神谷ディレクター主導のもと開幕された「第23回東京フィルメックス」、『時代革命』、第79回 ヴェネチア国際映画祭:審査員特別賞、

まるで収監されるまでの過程を描いたかのようなジャファル・パナヒ監督に...

ノーベル文学賞候補として名が挙がる現代アメリカ人をエッジの効いた視点で鮮やかに描く作風でアメリカ文学を代表する小説家の一人、ドン・デリーロが1985年に発表し、彼の名を一気に広めた代表的作品にして、全米図書賞を受賞した名作を基にした映画が本作「ホワイト・ノイズ」である。、日常の中に潜む不条理な死とそこから逃れようと抗う現代人のシュールで滑稽な姿、有毒な化学薬品流出事故、ノーベル文学賞候補として度々、名が挙がる現代アメリカ文学を代表する作家ドン・デリーロによる原作をノア・バームバック監督と主演にアダム・ドライバーを迎え描いた現代アメリカ人の心の闇、全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!、Netflix、アダム・ドライバー、ラフィー・キャシディ、グレタ・ガーウィグ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジョディ・ターナー=スミス、ドン・チードル、ノア・バームバック、ホワイト・ノイズ、White Noise、

全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!『ホワイト...

謎めいた主宰が運営する芸術研究所で料理と栄養をテーマにしたあらゆる食べ物を溶解させた時に起こる食欲を無くすような気持ちの悪い音から”ソニック・ケイタリング” と呼ばれるシュールな実験パフォーマンスを行うグループがいた、怪奇な映像作家ピーター・ストリックランドの最新作は、映画で誰もこんなことは考えなかった⁉︎ 食物と人間の栄養、健康状態の関連性をコミカルにアート・テイストの中にホラー風味をたっぷり塗り込んで、挙句の果ては人間関係の崩壊を描くエグい怪作!、実験精神旺盛なシュールなブラック・コメディ、第72回ベルリン国際映画祭:エンカウンター部門正式出品作、エイサ・バターフィールド、グェンドリン・クリスティー、アリアン・ラベド、ファトマ・モハメッド、マキス・パパディミトリウ、リチャード・ブレマー、レオ・ビル、ピーター・ストリックランド、フラックス・グルメ、Flux Gourmet

実験精神旺盛でシュールなブラック・コメディ『フラックス・グルメ』