• ノワール
エスター ファースト・キル、ホラー、第2作目で23歳のイザベルが9歳児を演じるのには無理があり、そこは一部デジタル処理が施され、1作目のエスターの容姿に似せる努力が成された、第1作の時はイザベルは撮影中に11歳になり、その彼女が30代前半の女性を演じたことを考えると本作で23歳のイザベルが31歳を演じるのは逆に容易かった、エスター・サーガの最大の見せ場、前作『エスター』(2009年)から11年も経過して製作された続編は、あの狂気の少女エスターの謎めいた前日譚、エストニアの孤児リーナ・クラマー(イザベル・ファーマン)は、成長ホルモンの異常で実年齢が31歳であるのに見た目は9歳児のまま、大ヒット作から11年後の再映画化にも関わらず主人公を演じきったイザベル・ファーマンの怪演!、前作『エスター』(2009年)の前日譚となる本作は、第1作で大いなる謎であったエストニアの孤児エスターがいかにして、大陸を渡り、アメリカ裕福な家庭の娘に成りすませられたのか?その謎を解き明かしてゆく。そして、本作でも多くの犠牲者がエスターに血祭りにあげられてゆく、本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホラー、イザベル・ファーマン、ジュリア・スタイルズ、ロシフ・サザーランド、ヒロ・カナガワ、マシュー・フィンラン、サマンサ・ウォークス 、デイビット・ブラウン、ウィリアム・ブレント・ベル、Orphan: First Kill、オーファン ファースト・キル、

本作で謎が明らかに!人気ヒット作の前日譚を描いた驚愕のサスペンス・ホ...

TAR ター、本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『TAR ター』

HOW TO BLOW UP、非暴力不服従運動、挑発的なエコ・スリラー『パイプライン爆破法 (仮題)/How to Blow Up a Pipeline』、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムに、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムによる環境破壊と闘う思想とその行動を描いた欧米で大きな波紋を投げかけた話題の書「パイプライン爆破法 ー 燃える地球でいかに闘うか」にインスパイアされ映像化。 何と、本作完成後にFBIから"エネルギー施設破壊を助長する可能性がある危険な思想の詰まった内容"だとして、警告が発せられたという前代未聞の曰くつきの映画となっている。 ダニエル・ゴールドヘイバー監督がメガホンをとったストーリーは環境運動のためエコ・テロリズムを計画する様々な事情から集まった8名の環境活動家たちの目的遂行までの道のりを描く。 彼らは手始めに西テキサス、石油パイプラインの爆破テロを計画するのだが・・・。、原案となった本の著者は気候変動問題について独創的な思想家と呼ばれるアンドレアス・マルム、パイプライン爆破法 、ハウ・トゥ・ブロウ・アップ・パイプライン、How to Blow Up a Pipeline、ダニエル・ゴールドヘイバー、アリエラ・ベアラー、クリスティン・フロセス、ルーカス・ゲイジ、フォレスト・グッドラック、サッシャ・レイン、ジェイミー・ローソン、マーカス・スクリブナー、ジェイク・ウィアリー

挑発的なエコ・スリラー『HOW TO BLOW UP』

コカイン・ベア、Cocaine Bear、エリザベス・バンクス、ケリー・ラッセル、オールデン・エアエンライク、オシェア・ジャクソン・Jr、レイ・リオッタ、イザイア・ウィットロック・Jr、ブルックリン・プライス、クリスチャン・コンバリー、マーゴ・マーティンデイル、ジェシー・タイラー・ファーガソン、クリストファー・ヒヴュ、ハンナ・フックストラ、アヨーラ・スマート、アーロン・ホリデー、J・B・ムーア、レオ・ハンナ、カヒョン・キム、麻薬を食べ暴走するクマが巻き起こすダーク・スプラッター、実際に起きた出来事を脚色して映画化! ジョージア州にある奥深い森。 麻薬密売人が飛行機から投棄したコカインをよりによって摂取してしまう体重200キロを超える巨大クマ。 そうとは知らずに麻薬を回収するために森に入る犯罪者、警察官、森林警備隊、観光客、子供たち。 麻薬で凶暴になったクマは、執拗に人間を追跡し、牙をむき襲いかかる。、実際にあったコカインを食べたクマの事件、そのクマは剥製にされ、ケンタッキー州レキシントンにあるケンタッキー・ファン・モールに"コカイン・ベア"として展示され、人気の観光名物となっている。、実際に起きた事件を脚色して映画化! ジョージア州にある奥深い森。 麻薬密売人が飛行機から投棄したコカインをよりによって摂取してしまう体重200キロを超える巨大クマ。 そうとは知らずに麻薬を回収するために森に入る犯罪者、警察官、森林警備隊、観光客、子供たち。 麻薬で凶暴になったクマは、執拗に人間を追跡し、牙をむき襲いかかる。

麻薬を食べ暴走するクマが巻き起こすダーク・スプラッター『コカイン・ベア』

自分を再発見するメロウな旅路『ソウルに帰る』、2022年アカデミー賞国際長編映画賞カンボジア代表選出作品。 私は誰なのか?私の居場所とは?他者との関係において、自分はどのような立ち位置にいるのか? アイデンティティという普遍的なテーマを元にカンボジア系フランス人監督ダビ・シューが挑んだのは、見た目は韓国人でも生粋のパリジャンの女性の自身のルーツを探るディープな旅。、フランスで養子縁組されて育った25歳のフレディ、ハモンド養子縁組センター、クンサン市、初めての映画出演でも監督への質問攻めでキャラクターを作り上げたパク・ジミン、第75回カンヌ国際映画祭:ある視点部門・正式出品作、東京フィルメックス:特別審査員賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞:ニュー・ジェネレーション賞・ダヴィ・シュー、パク・ジミン、Return to Seoul、ダヴィ・シュー、パク・ジミン、グカ・ハン、オ・グァンロク、キム・ソニョン

自分を再発見するメロウでディープな旅路『ソウルに帰る』