• ロッシ・デ・パルマ
本当になりたい自分とは?コロンバスのサイケデリックなアンダーグラウンド・ミュージック・シーンを舞台に一人の女性が自らのアイデンティティを表現しようと創造という底なしの沼にハマってもがいてゆく姿を描く、音楽版自分探し地獄篇サイコ・スリラー、シルヴィ・ミックス、ボビー・キトゥン、アジョリー・ベイカー、ポーザー、Poser、ノア・ディクソン、オリ・セゲフ

音楽版自分探し地獄篇サイコ・スリラー『ポーザー』

他者には頑なに沈黙を貫き通した場面緘黙(かんもく)症の一卵性双生児の奇妙なライフ・スタイルを描く唯一無二のノンフィクション 衝撃の映画化!、もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー、レティーシャ・ライト、タマラ・ローレンス、ジョディ・メイ、マイケル・スマイリー、ジャック・バンデイラ、トレヴァ・エチエンヌ、トニー・リチャードソン、デクラン・ジョイス、アマーラ・ジェイ・スト・オービン、イーワ・ロダート、アグニェシュカ・スモチンスカ、ポーランド、The Silent Twins、ザ・サイレント・ツインズ、

もの言わぬ場面緘黙(かんもく)症を患う双子の少女のリアル・ストーリー...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

謎めいた主宰が運営する芸術研究所で料理と栄養をテーマにしたあらゆる食べ物を溶解させた時に起こる食欲を無くすような気持ちの悪い音から”ソニック・ケイタリング” と呼ばれるシュールな実験パフォーマンスを行うグループがいた、怪奇な映像作家ピーター・ストリックランドの最新作は、映画で誰もこんなことは考えなかった⁉︎ 食物と人間の栄養、健康状態の関連性をコミカルにアート・テイストの中にホラー風味をたっぷり塗り込んで、挙句の果ては人間関係の崩壊を描くエグい怪作!、実験精神旺盛なシュールなブラック・コメディ、第72回ベルリン国際映画祭:エンカウンター部門正式出品作、エイサ・バターフィールド、グェンドリン・クリスティー、アリアン・ラベド、ファトマ・モハメッド、マキス・パパディミトリウ、リチャード・ブレマー、レオ・ビル、ピーター・ストリックランド、フラックス・グルメ、Flux Gourmet

実験精神旺盛でシュールなブラック・コメディ『フラックス・グルメ』

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...