• ロボット
コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...

LOVE LIFE、フランス、深田晃司、木村 文乃、田口トモロヲ、山崎紘菜、神野三鈴、永山 絢斗、砂田アトム、黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ全文掲載、最新作『LOVE LIFE』が現在公開中の深田晃司監督に海外での受賞歴と作品性から今後、海外での活躍が期待され、映画界のための精力的な活動も評価され、14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞がメキシコを代表する世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ氏と共に授与された、世界のクロサワの名を冠したいわば映画人のための功労と未来への期待を込めた賞、日本芸能従事者協会という団体が「芸能従事者こころの119」というメンタルケア窓口でサイトを開設

14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ...

Stonewalling、石門、ホワン・ジー、大塚竜治、ヤオ・ホングイ、第23回東京フィルメックス、ひとが子供を産み、育てるのはなぜなのか?人類普遍の問いへの答えを探る、予期せぬ妊娠に気づいた二十歳のリン。彼女はその事実にどう向き合っていくのか?アジアの超大国となった現代中国においても弱者の立場のままの女性の現状を描きながら、シンプルかつ人類永遠の営みへの答えを問う

ひとが子供を産み、育てるのはなぜなのか?人類普遍の問いへの答えを探る...

配信オンリーの予定だった17億円の低予算映画が大化け!、患者の不可解な壮絶死を目撃したことから精神科医ローズの身の回りで起き始める理解不能な恐怖体験、不気味な笑みを見たら、1週間後に見た者に死が訪れる・・・ それは妄想なのか? それとも・・・、不気味な笑みを見たら必ず死が訪れる、ソシー・ベーコン、ケイトリン・ステイシー、カイル・ガルナー、ロビン・ワイガート、ジェシー・アッシャー、ケビン・ケッピー、カル・ペン、ケビン・ベーコンの娘、スマイル、Smile、パーカー・フィン、

不気味な笑みを見たら必ず死が訪れる『スマイル/Smile(原題)』

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』