ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『MEG ザ・モンスターズ2』、古代の時代に地球上に存在した巨大なサメ、メガロドンが人間に襲いかかるパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』の続編。 実際にイギリスの代表チームに所属する水泳の高飛び込み選手だったジェイソン・ステイサムが決死の覚悟でサメと闘う潜水レスキューのプロダイバー役を演じ、映画は大ヒット!第一級の海洋パニック映画に育て上げた。 続編では、深海から出現するMEGの群れや巨大生物とのスケールアップした激闘が繰り広げられる。、前作『MEG ザ・モンスター』(2018年)の4年後という時代設定、スティーブ・オルテン、開発地獄、Meg 2: The Trench、ベン・ウィートリー、ジェイソン・ステイサム、シエンナ・ギロリー、クリフ・カーティス、スカイラー・サミュエルズ、ソフィア・ツァイ、ウー・ジン、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、メリッサンティ・マハウト、ペイジ・ケネディ、ロン・スムーレンバーグ、

ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『M...

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』、6500万年前の宇宙。 宇宙探査からの帰還途中、宇宙船が白亜紀の地球に不時着する。 生存者はミルズと少女コアの二人のみ、地球上を闊歩するのは食物連鎖の頂点に君臨する巨大恐竜だった・・・。 地球を壊滅させる小惑星帯が迫りくる中、決死の覚悟で脱出用シャトルを探し出すが、絶滅まで残された時間はあとわずかだった・・・。、意外だがアダムにとって、本作がガン・アクション・デビューとなった、65 シックスティ・ファイブ、スコット・ベック、ブライアン・ウッズ、アダム・ドライバー、アリアナ・グリーンブラット、クロエ・コールマン、ニカ・キング、

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』

『ドラキュラ』シリーズのコメディ・リブート『レンフィールド』、往年の名作ドラキュラ映画のリブートとされているが、完全にニコラス・ケイジ節全開のコミカルでダークなドラキュラ映画として仕上がっている。 ニックは生涯2度目吸血鬼役を嬉々として演じ、ニコラス・ホルトがドラキュラ伯爵の相棒として、主人公レンフィールドを演じる。、R.M.レンフィールド、ニックにとって念願のドラキュラ役、ニックにとって念願のドラキュラ役

『ドラキュラ』シリーズのコメディ・リブート『レンフィールド』

最恐に無敵すぎる『貴公子』とは、一体何者?、病床の母を想う貧しきストリート・ボクサーの青年をつけ狙う謎の男、貴公子は果たして、天使か、それとも悪魔か? 銃撃戦、接近格闘、カーチェイス、全てにおいて、別次元のアクションを展開する映画監督パク・フンジョンの最新作は、哀しい運命に飲み込まれ巨大財閥の遺産相続争いに巻き込まれた一人の青年ボクサーを追う激しい争奪戦。 ラストまで明かされない驚愕すべき貴公子の真の狙いとは?、"凶暴なのにユーモラスで知的" 貴公子のキャラクター設定の斬新さ、韓国ノワールの新しき世界、パク・フンジョン、『暴君(仮題)/Tyrant』。、リベンジ・スリラー『悪魔を見た』は、ハリウッド・リメイクが企画製作進行中、貴公子、The Childe、パク・フンジョン、キム・ソンホ、カン・テジュ、キム・ガンウ、コ・アラ、チョン・ラエル、

最恐に無敵すぎる『貴公子』とは、一体何者?

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊の自然史』、過去の戦争に眼差しを向け現代に警鐘を鳴らすウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督の最新作2選。 連合軍による史上空前の大空爆とナチス・ドイツを断罪する軍事裁判の当時のフッテージを編集して提示するという独特のアーカイヴァル・ドキュメンタリーの手法で現代人の心へ揺さぶりをかける。 戦争を終結させるために多くの民間人を巻き込んだ大量無差別殺戮と戦後の軍事裁判での正当性から個人を極刑に処する倫理観。 2作品を通して、人とは? 戦争とは? そして正義とは?を問う、27歳から映画の勉強を始めた遅咲きの監督セルゲイ・ロズニツァ、2020年に劇場公開された ドキュメンタリーの3作品『アウステルリッツ』『粛清裁判』と『国葬』であり、アーカイヴ映像を編集して、観る者に問いかけるアーカイヴァル・ドキュメンタリストという印象が強い、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ウクライナ代表に選出された劇映画『ドンパス』(2018年)も同じ年に日本で公開、心理サスペンス『霧の中』(2012年)でカンヌ国際映画祭・ある視点部門・監督賞と国際批評家連盟賞を受賞、『ジェントル・クリーチャー』(2017年)は、カンヌ国際映画祭・コンペ部門正式上映、ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みてもウクライナ出身の映像作家によるこうした歴史上で起きてきた事象を検証しながら警鐘を鳴らし続ける映像作家活動は、現代社会において瞠目すべきこと、

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊...