NightonEarth、ナイト・オン・ザ・プラネット、ジム・ジャームッシュ、ウィノナ・ライダー、ジーナ・ローランズ

ナイト・オン・ザ・プラネット

5つの都市の夜、
同じ時に起こる悲喜こもごものできごと


ロサンゼルス P.M. 7:07

ボーイッシュなスタイルの若い女性タクシードライバー、コーキー(ウィノナ・ライダー)は空港でエレガントなブランドスーツ姿の中年女性ヴィクトリア(ジーナ・ローランズ)をビバリーヒルズまで乗せる。

ヴィクトリアは映画のキャスティングディレクターをしており、注文の多い監督のオーダーに応えるため若い女優を何人も推薦していたが苦戦中だった。

上品なスタイルで車中でもずっと電話で仕事の話をしているヴィクトリアと、男っぽくて口が悪くタバコを吸いっぱなしのコーキーはとても対照的。

だが、電話の合間に話すうちに二人は徐々にうち解けていき、ヴィクトリアはコーキーにある提案をするのだが。。


ニューヨーク P.M. 10:07

寒さに震えるアフリカ系アメリカ人ヨーヨー(ジャンカルロ・エスポジート)は帰宅するためタクシーを捕まえようとするが全て無視され、1台も止まらない。

悪態をついているところにやっと1台のタクシーが止まるが、それは見るからにオンボロで運転手は英語も片言、オートマの運転も覚束ない東ドイツから来たばかりのヘルムート(アーミン・ミューラー=スタール)が運転するタクシーだった。
ヨーヨーはあまりにも運転が下手なヘルムートのタクシーから降りようとするが、降りないよう懇願され窮余の策として代わりに運転することに。


パリ A.M. 4:07

大使と面会するという自慢話と出身地をバカにする乗客二人の態度に腹を立てたコートジボワール移民のタクシードライバー(イザック・ド・バンコレ)は、途中で強制的に彼らを降ろしてしまう。

むしゃくしゃした気分のまま次に乗せたのは盲目の若い女性(ベアトリス・ダル)。
おとなしい客かと思いきや気が強く、感覚が鋭い彼女にドライバーは次第に興味を惹かれてゆくのだが。


ローマ A.M. 4:07

ローマの中心地を無謀運転しながら無線相手にひたすらしゃべり続けるタクシードライバー、ジーノ(ロベルト・ベニーニ)は明け方の広場で神父(パオロ・ボナチェリ)を乗せる。

せっかく神父を乗せたのだからと断られたのも無視してジーノは勝手に懺悔を始めるが、内容はくだらない色事話ばかり。

神父は体調が悪く薬を飲もうとするが、ジーノの乱暴な運転のため薬を落としてしまい、どんどん具合が悪くなっていってしまう。


ヘルシンキ A.M. 5:07

凍りつくような寒さの明け方、タクシードライバーのミカ(マッティ・ペロンパー)が乗せたのは酔っ払って動かない3人の労働者風の男達。

そのうちの一人アキは最も泥酔していて意識がなく、後の二人に引きずられてタクシーに乗る。

二人はミカにアキが泥酔した理由、彼がどれだけ不幸だったかを語り始めるが、ミカは動じない。

そしてミカは二人に、自分の身の上に起ったことを話しはじめる。


バラバラのようでいて、夜という魔法で繋がっている世界

5つの都市で出てくる人々はそれぞれ皆異なる背景を持ち、乗客と運転手としてひとときの時間を共有する。

タクシーはある種、特殊な空間だ。
見ず知らずの他人同士が狭い車内でやり取りをする。

それは行き先を告げ、料金の支払いをするだけで終わるかもしれないし、おすすめのレストランを聞いたりするかもしれない。

だが、陽が沈みふと我に返る瞬間が訪れるような夜、誰かと話をしたくなるようなとき、こんなタクシーに乗っていたら。

世界はどこかでつながっていることを感じさせてくれる、それぞれ異なる輝きを持つオムニバス。

作中で出てくるセリフだが「同じ客を乗せたことはない」

まさに一期一会、もう会うことはないと思うからこそ話せることもあり、記憶に残るひとときとなるのかもしれない。

ひとりの時間、一息つきたいような気分の夜におすすめです。


俳優陣の個性のつづれ織り

本作はとりとめがないようでいて、連続で見ているうちにじわじわとジャームッシュ監督が各都市に設定したイメージと独特の世界観とが伝わってくる趣向。

それぞれの物語や人物には繋がりはないのに、夜の同時刻、タクシードライバーと乗客という設定が互いに響き合い、1枚の美しいタペストリーが織りあがっていくのを観ているような気分になる。

それを支えるのは、本作以降、最新作『デッド・ドント・ダイ』までジャームッシュ監督とタッグを組む撮影のフレデリック・エルムス。

 インディペンデント・スピリット撮影賞を受賞した撮影センスと俳優陣の個性豊かな演技。

撮影当時60歳を超えていたとは思えない凛とした美貌と気品のジーナ・ローランズ。
対してウィノナ・ライダーの男っぽいファッションや乱暴な口調、仕草の中にも際立つキュートさ。
一見すると共通点のない二人が次第にうち解け、女同士の話をし始めるあたりは年代を超えて覚えがある感覚ではないだろうか。

ヨーヨー役のジャンカルロ・エスポジートと妹役のロージー・ペレスはスパイク・リー監督作の常連で、息のあったキレの良いトークを展開し、ヘルムート役のアーミン・ミューラー=スタールの人の良いとぼけた役どころと対照的でいい味を出している。

盲目の女性役のベアトリス・ダルの演技は巧みで神がかっていて、気が強いのに繊細で、情熱的な彼女に誰もが興味を抱かずにはいられないだろうと思わせる。

ロベルト・ベニーニのひっきりなしの卑猥かつ笑いを誘うセリフは実は脚本なしで、全て即興でベニーニがしゃべり続けたという。コメディ俳優の本領発揮、あっぱれとしか言いようがない。

マッティ・ペロンパーはフィンランドの名監督アキ・カウリスマキ、ミカ・カウリスマキ作品の常連で、抑えた中にも感情が滲み出る演技が際立つ。
ちなみに、ヘルシンキ編の役名はカウリスマキ両監督への敬意を表してつけられたという。

個性あふれる俳優陣の演技合戦としても見所満載、ジャームッシュ監督の作家としてのセンスが光るタペストリーをどうぞご覧ください。


『ナイト・オン・ザ・プラネット』予告編

Awards:

  • インディペンデント・スピリット 撮影賞

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991年・アメリカ・2時間9分)
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ウィノナ・ライダー、ジーナ・ローランズ、アーミン・ミューラー=スタール、ジャンカルロ・エスポジート、ロージー・ペレス、イザック・ド・バンコレ、ベアトリス・ダル、ロベルト・ベニーニ、パオロ・ボナチェリ、マッティ・ペロンパー、カリ・ヴァーナネン、サカリ・クオスマネン、トミ・サルミラ
© Copyright Locus Solus, Inc, 1991 All rights reserved


『ナイト・オン・ザ・プラネット』は以下のサイトでご覧になれます。

VOID RECOMMENDS