LOVE LIFE、フランス、深田晃司、木村 文乃、田口トモロヲ、山崎紘菜、神野三鈴、永山 絢斗、砂田アトム、黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ全文掲載、最新作『LOVE LIFE』が現在公開中の深田晃司監督に海外での受賞歴と作品性から今後、海外での活躍が期待され、映画界のための精力的な活動も評価され、14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞がメキシコを代表する世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ氏と共に授与された、世界のクロサワの名を冠したいわば映画人のための功労と未来への期待を込めた賞、日本芸能従事者協会という団体が「芸能従事者こころの119」というメンタルケア窓口でサイトを開設

14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ...

第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

バイオテクノロジーを使った最先端技術で地球を支配する者が暮らす居住地"城塞"以外は生態系が完全に崩壊した人が住める場所ではなくなった地球。 サバイバル・スキルに長けた13歳の少女、ヴェスパー(ラフィエラ・チャップマン)は、この奇妙で危険に満ちた惑星で病気で苦しむ父ダリウス(リチャード・ブレイク)と共に日々、生き抜いている。 、ハイエンドのバイオテクノロジーを駆使し完全に環境が崩壊した地球、危険に満ちた奇妙な惑星では一部の者が支配し、地上に取り残された人間は決死のサバイバル生活を余儀なくされていた。バイオテクノロジーで荒廃した世界とその世界観の構築に独自の映像センスが感じられるニュージャンルSF、バイオテクノロジーSFファンタジー、ラフィエラ・チャップマン、エディ・マーサン、ロージー・マキュアン、リチャード・ブレイク、エドモンド・デーン、クリスティーナ・ブオジーテ、ブルーノ・サンペル、ヴェスパー、Vesper、

バイオテクノロジーSFファンタジー『ヴェスパー』

ノーベル文学賞候補として名が挙がる現代アメリカ人をエッジの効いた視点で鮮やかに描く作風でアメリカ文学を代表する小説家の一人、ドン・デリーロが1985年に発表し、彼の名を一気に広めた代表的作品にして、全米図書賞を受賞した名作を基にした映画が本作「ホワイト・ノイズ」である。、日常の中に潜む不条理な死とそこから逃れようと抗う現代人のシュールで滑稽な姿、有毒な化学薬品流出事故、ノーベル文学賞候補として度々、名が挙がる現代アメリカ文学を代表する作家ドン・デリーロによる原作をノア・バームバック監督と主演にアダム・ドライバーを迎え描いた現代アメリカ人の心の闇、全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!、Netflix、アダム・ドライバー、ラフィー・キャシディ、グレタ・ガーウィグ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジョディ・ターナー=スミス、ドン・チードル、ノア・バームバック、ホワイト・ノイズ、White Noise、

全米図書賞を受賞した現代アメリカ文学の金字塔を完全映画化!『ホワイト...

ムルソー、ヴォルネイ、シャンボール・ミュジニー、ジュヴレ・シャンベルタン、ロマネコンティ、伝説的な醸造家ジャック・ピュイゼ、フランスを代表する偉大なワインの生産地、中世に遡ると言われるブルゴーニュ地方。ワイン醸造家らが特級畑から摘み取られた葡萄から神々しいまでのワインに育て上げる様をカメラは美しく活写してゆく。極上のワインにまつわる叙事詩のようなドキュメンタリー、ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる、マリー=アンジュ・ゴルバネフスキー、The Soul of Wine、ソウル・オブ・ワイン、

ワインの真髄、ブルゴーニュを魅せる『ソウル・オブ・ワイン』