• BRAND NEW
  • ブランニュースクリーン
  • HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • 日銭を稼ぎ、人々の命を救うため私設の個人救急車を走らせる家族の物語『ミッドナイト・ファミリー』
ミッドナイト・ファミリー、日銭を稼ぎ、人々の命を救うため私設の個人救急車を走らせる家族の物語、救急車の台数が絶対的に足りないメキシコシティの医療崩壊、金を得るために個人による救急隊ビジネスが横行する。カメラはオチョア一家の日々の救助活動を追いながら、メキシコの医療と倫理の問題を観る者に叩きつける、ルーク・ローレンツェン、ホアン・オチョア、フェル・オチョア、ホセ・オチョア、マヌエル・エルナンデス

日銭を稼ぎ、人々の命を救うため私設の個人救急車を走らせる家族の物語『ミッドナイト・ファミリー』

救急車の台数が絶対的に足りないメキシコシティの医療崩壊、金を得るために個人による救急隊ビジネスが横行する。カメラはオチョア一家の日々の救助活動を追いながら、メキシコの医療と倫理の問題を観る者に叩きつける。

©Family Ambulance Film LLC

メキシコシティで生活のため、営利目的の救急隊を営むオチョア一家。他の救急救命士らと熾烈な急患の獲り合いをしながら、日夜、救急車を走らせる。

あてにしている収入源は、救急医療が必要な患者からの運賃と癒着している病院からの手数料。

必要とされる救急医療サービスの提供と生活費を稼ぐというジレンマに陥りながら、急患から運賃を踏み倒されたり、汚職警官からの賄賂請求に苦しめられ、事態はさらに悪化してゆく。

混迷するメキシコ社会の写し鏡のような私設救急隊は、今夜も命を乗せて疾走する!


このドキュメンタリーの背景には、メキシコシティには人口900万人に対して行政の救急車は45台に満たないという、もしも急病や事故にあったら助からないかもしれないという苛烈な医療事情がある。


ミッドナイト・ファミリー – 2021年1月16日よりユーロスペースほか全国劇場で公開

2021年1月16日よりユーロスペースほか全国劇場で公開!メキシコシティで営利目的の救急隊を営むオチョア家族。同業の救急救命士らと競い合って急患の搬送にあたっている。この熾烈なビジネスで生計を立てるため、オチョア家族は救急医療を求める患者から何とか日銭を稼ごうと奮闘する。汚職警官による闇営業の取り締りが厳しくなり…

『ミッドナイト・ファミリー』予告編

Must Point:

監督ルーク・ローレンツェンは、撮影期間3年の内、約70日間を撮影に費やし、編集後、サンダンス映画祭へ出品したが内容面で作品としては認められなかったために、より多くのエピソードを撮るため再びメキシコへ飛び、2週間半撮影し、そのほとんどのシーンを編集に追加して本作を成功に導いた。執念の賜物といえる。


Awards:

  • 第91回アカデミー賞:長編ドキュメンタリー部門ショートリスト選出
  • サンダンス映画祭:最優秀10作品選出

『ミッドナイト・ファミリー』(2019年・アメリカ・メキシコ・1時間21分)
監督:
ルーク・ローレンツェン
出演:
ホアン・オチョア、フェル・オチョア、ホセ・オチョア、マヌエル・エルナンデス
©Family Ambulance Film LLC

2021年1月16日 ユーロスペース他 全国順次公開‼


VOIDセレクト‼ メキシコについてのドキュメンタリー


メキシコ湾原油流出事故の真実(字幕版)


カルテル・ランド(字幕版)


皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇(字幕版)

VOID RECOMMENDS