• アーミー・オブ・ザ・デッド
アカデミー賞受賞俳優が、クリスチャン・ベール、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロと三人も揃い、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アニャ・テイラー=ジョイといったピンでも行ける今、まさに旬の俳優、そして、世界的な歌姫テイラー・スウィフト、大御所マイク・マイヤーズまでも拝めるとあって、とにかくスクリーンから目が離せないこと必至である。、まるで幕の内弁当のように揃いにそろった豪華で才能溢れるキャスト陣、大手ビジネスマンや銀行家により筋書きが書かれたアメリカ国家を揺るがすクーデターが元ネタ、第一次世界大戦後のオランダ、アムステルダムで固い絆に結ばれた三人の男女が殺人事件の濡れ衣を着せられてしまう。やがて三人の知恵と運頼みで巨大な陰謀と対峙してゆく。目も眩むばかりの超豪華すぎる出演陣とアカデミー賞常連監督のデヴィッド・O・ラッセルによるほぼ実話を盛り込んだコメディ・タッチの社会派クライム・ドラマ、ほぼ実話の愛と友情のトライアングル・クライム・ドラマ、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アレッサンドロ・ニヴォラ、アンドレア・ライズボロー、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ロック、マイケル・シャノン、マイク・マイヤーズ、テイラー・スウィフト、ゾーイ・サルダナ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロ、ティモシー・オリファント、マティアス・スーナールツ、デヴィッド・O・ラッセル、アムステルダム、Amsterdam、

ほぼ実話の愛と友情のトライアングル・クライム・ドラマ『アムステルダム』

コンパートメント No.6、Compartment Number 6、フィンランド・ロシア、ユホ・クオスマネン、セイディ・ハーラ、ユーリー・ボリソフ、ディナーラ・ドルカーロワ、全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛、携帯もSNSもない1990年代を舞台に世界最北端の街ムルマンスクを目指しての鉄道旅。、メランコリーとオフビートなユーモア、見知らぬ者同士の出会いの感動を最果ての地で昇華させた純愛物語。、コロナ禍のロシアでの撮影は難航を極めた、第94回アカデミー賞:国際長編映画賞・フィンランド代表、第74回カンヌ国際映画祭:グランプリ

全く気の合わない不釣り合いな男女のロシア最北端鉄旅愛『コンパートメン...

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?、過去60年もの間、続いてきた英国諜報機関MI6の007(ダブル・オー・セブン)のコードネームを持つシークレット・エージェント、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ・アクション『007』シリーズは、ダニエル・クレイグの降板を機に様々なネクスト・ボンドが予想されている。 ブック・メーカー、ウィリアム・ヒルからも予想オッズが数年前から登場し、誰がその大役を射止めつのか?その予想は 日々、変わり続けている。 7代目の発表の時期は迫ってきている。 果たして誰がニュー・ボンドとなるのか?、ネクスト・ボンドになるための条件とは?、アーロン・テイラー=ジョンソン、ジェームズ・ノートン、リチャード・マッデン、レジ=ジーン・ペイジ、

7代目007、新ジェームズ・ボンドは誰なのか?

クレッガー監督の友人ジョーダン・ピールからの影響が色濃い予想を覆す展開のストーリー、Airbnbの文字を並べ替えたかのようなタイトル"Barbarian"、どこにでもあるごく普通の質素で可愛らしい家系の民泊に宿泊したことから予想もつかないおぞましい恐怖が待ち受ける超感覚派民泊ホラー、絶対!泊まってはいけない民泊ホラー、ジョージナ・キャンベル、ビル・スカルスガルド、ジャスティン・ロング、マシュー・パトリック・デイビス、リチャード・ブレイク、ジェームズ・バトラー、ケイト・ボスワース、サラ・パクストン、カート・ブローノーラー、ソフィー・ソレンセン、J・R・エスポジト、ザック・クレッガー、バーバリアン、Barbarian、

絶対!泊まってはいけない民泊ホラー『バーバリアン/Barbarian(原題)』