• エズラ・ミラー
ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『MEG ザ・モンスターズ2』、古代の時代に地球上に存在した巨大なサメ、メガロドンが人間に襲いかかるパニック・アクション映画『MEG ザ・モンスター』の続編。 実際にイギリスの代表チームに所属する水泳の高飛び込み選手だったジェイソン・ステイサムが決死の覚悟でサメと闘う潜水レスキューのプロダイバー役を演じ、映画は大ヒット!第一級の海洋パニック映画に育て上げた。 続編では、深海から出現するMEGの群れや巨大生物とのスケールアップした激闘が繰り広げられる。、前作『MEG ザ・モンスター』(2018年)の4年後という時代設定、スティーブ・オルテン、開発地獄、Meg 2: The Trench、ベン・ウィートリー、ジェイソン・ステイサム、シエンナ・ギロリー、クリフ・カーティス、スカイラー・サミュエルズ、ソフィア・ツァイ、ウー・ジン、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、メリッサンティ・マハウト、ペイジ・ケネディ、ロン・スムーレンバーグ、

ステイサムが超弩級サイズの古代サメと戦うパニック・アクションの続編『M...

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して見た、ヨーロッパのありのままの姿『イオ』

痛烈なファンタジー・アクション快作!『フリークスアウト』、ナチス・ドイツに激しく凌辱される第2次世界大戦下のローマ。 長閑に暮らしていたサーカス小屋の芸人たちが全てを失い、ナチスと敵対し大逆転の反逆を仕掛ける!、監督は『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の ガブリエーレ・マイネッティ Freaks Out、ピエトロ・カステッリット、オーロラ・ジョヴィナッツォ、クラウディオ・サンタマリア、ジャンカルロ・マルティーニ、ジョルジオ・ティラバッシ、フランツ・ロゴフスキ、

痛烈なファンタジー・アクション快作!『フリークスアウト』

ゴッド・イズ・ブレット、God Is a Bullet、ニック・カサヴェテス、メキシコ、マイカ・モンロー、ニコライ・コスター=ワルドー、ジェイミー・フォックス、イーサン・サプリー、ジャニュアリー・ジョーンズ、ギャレット・ウェアリング、ジョナサン・タッカー、カール・グルスマン、ポール・ヨハンセン、デヴィッド・ソーントン、リベンジ・スリラー『ゴッド・イズ・ブレット/God Is a Bullet(原題)、『ゲーム・オブ・スローンズ』で名を挙げた次代のアクション・ヒーローとなりそうなニコライ・コスター=ワルドーと『イット・フォローズ』主演の今、最注目の女優マイカ・モンローがダブル・キャストされ、メキシコを舞台にした血に塗れた復讐譚。 ジェイミー・フォックス演じる男を仲間に引き入れ、三人のガンマンは無軌道なカルト集団を殲滅しに向かう。 マンソン・ファミリーとレオンとマチルダをステアしてマカロニ・ウエスタンで割ったようなリベンジ・ガン・アクション。、原作は、覆面作家ボストン・テランによるデビュー小説「神は銃弾/God Is a Bullet(原題)」で英国推理作家協会賞の最優秀新人賞にあたるジョン・クリーシー・ダガー賞を受賞し、エドガー賞 処女長編賞の候補ともなった名作。

リベンジ・スリラー『ゴッド・イズ・ブレット/God Is a Bullet(原題)

第36回 東京国際映画祭・オープニング作品、第96回アカデミー賞国際長編映画賞部門・日本代表、名匠ヴィム・ヴェンダース監督作にして、日本が誇る名優、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』 『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由、 ミニマムなストーリーでありながら、まるで僧侶のような日々を送る主人公の姿を繊細に捉えた本作は国内外で絶賛されている。トイレ清掃員として働く男の日常がなぜかくも観た者の憧憬を誘い、美しく見えるのか?その“美しく見える”仕組みを紐解く清貧な生活の裏にある“ゆとり”、踊るホームレスは未来の平山の姿?、現実をざっくりと横に避けた演出、“面倒”な部分がバッサリ省かれている、清貧という名のお伽話、瓢箪から駒! な傑作、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯

『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由