• ドラッグ
小説家の映画、The Novelist's Film、ホン・サンス、イ・ヘヨン、キム・ミニ、パク・ミソ、ソ・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、キ・ジュボン、チョ・ユニ、ハ・ソングク、イ・ユンミ、キム・シハ、新しい出会いと人生第二章の幕開け、ホン・サンス映画の顔である女優キム・ミニと前作『あなたの顔の前に』(2021年)のイ・ヘヨンが女優と短編映画を撮ろうとする小説家として共演する。 邁進してきた道で成功を収めつつも心に悩みを抱えて生きてきた二人の女性の出会いを軸に友人たちとのふれあいと人生の新たなページが捲られる時に感じられる清々しい心のざわつきのひとときを描く。、多作の人、ホン・サンス監督、第72回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(審査員大賞)

新しい出会いと人生第二章の幕開け『小説家の映画』

new year、ニューイヤー、ホーム画面、ロック画面、待ち受け、お正月、wallpaper、壁紙、cat,present,void,blackcat、黒猫、ネコ、猫、Neko、2024年

2024年 お正月 VOIDオリジナル・ロック画面プレゼント!

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『ショーイング・アップ』、アメリカン・インディーズ・シネマ・シーンの象徴的存在である映像作家、ケリー・ライカートによる最新作は、実在のカナダの現代アーティスト、エミリー・カーをモデルにした物語。 ミシェル・ウィリアムズが演じる現代アーティスト、リジーはもっと作家活動に時間を割きたいが日々のたわいも無い出来事で流されてしまっていた。 そんな彼女の生活を通して、アート、仕事、家族の問題、そして友情を心温まるタッチで描いた好編。、アート・アドミニストレーター、オレゴン・カレッジ・オブ・アート・アンド・クラフト、役柄のために実際に彫刻を学んだミシェル・ウィリアムズ、シンシア・ラーティ、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、Showing Up、ショーイング・アップ、ケリー・ライカート、ミシェル・ウィリアムズ、ホン・チャウ、ジャド・ハーシュ、アマンダ・プラマー、ジョン・マガロ、アンドレ・3000、テオ・タプリッツ、ローレン・ラキス、サム・カマーマン、テッド・ルーニー、ユードーラ・ピーターソン、マリアン・プランケット、ヘザー・ローレス、イザベル・マー、A24、

現代アートに情熱を注ぎたくても集中できない女性のユーモラスな日々『シ...

HOW TO BLOW UP、非暴力不服従運動、挑発的なエコ・スリラー『パイプライン爆破法 (仮題)/How to Blow Up a Pipeline』、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムに、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムによる環境破壊と闘う思想とその行動を描いた欧米で大きな波紋を投げかけた話題の書「パイプライン爆破法 ー 燃える地球でいかに闘うか」にインスパイアされ映像化。 何と、本作完成後にFBIから"エネルギー施設破壊を助長する可能性がある危険な思想の詰まった内容"だとして、警告が発せられたという前代未聞の曰くつきの映画となっている。 ダニエル・ゴールドヘイバー監督がメガホンをとったストーリーは環境運動のためエコ・テロリズムを計画する様々な事情から集まった8名の環境活動家たちの目的遂行までの道のりを描く。 彼らは手始めに西テキサス、石油パイプラインの爆破テロを計画するのだが・・・。、原案となった本の著者は気候変動問題について独創的な思想家と呼ばれるアンドレアス・マルム、パイプライン爆破法 、ハウ・トゥ・ブロウ・アップ・パイプライン、How to Blow Up a Pipeline、ダニエル・ゴールドヘイバー、アリエラ・ベアラー、クリスティン・フロセス、ルーカス・ゲイジ、フォレスト・グッドラック、サッシャ・レイン、ジェイミー・ローソン、マーカス・スクリブナー、ジェイク・ウィアリー

挑発的なエコ・スリラー『HOW TO BLOW UP』

パスト・ライブス/ 再会、運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス/Past Lives(原題)』、韓国系カナダ人の劇作家セリーヌ・ソンの鮮烈な長編映画監督デビュー作。 サンダンスでプレミア上映され、ベルリンで批評家たちに大絶賛された今年一番のロマンス映画。 その軽妙なダイアローグのやり取りの中に胸が締め付けられるエモーションがある劇作家ソンの磨き上げられたクラフトワークは世界中の批評家たちを唸らせた。 幼少時の心ときめいた互いの思いは、大切にしたいただの想い出なのだろうか、それとも運命の赤い糸で結ばれた宿命の愛なのか?、批評家筋からの絶大な人気にも関わらず無冠の傑作、サンダンス映画祭・プレミア上映、第73回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作、パスト・ライヴス、Past Lives(原題)、韓国、セリーヌ・ソン、グレタ・リー、ユ・テオ、ジョン・マガロ、ムン・スンア、A24

運命の赤い糸の行方『パスト・ライブス / 再会』