• ペネロペ・クルス
ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語、The Wonderful Story of Henry Sugar、ウェス・アンダーソン、ベネディクト・カンバーバッチ、レイフ・ファインズ、ルパート・フレンド、ベン・キングズレー、リチャード・アイオアディ、デーヴ・パテール 、Netflix、ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』、映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)の原作者であり、奇怪な児童文学を手掛けてきた作家ロアルド・ダールの短編小説「奇才ヘンリー・シュガーの物語」をウェス・アンダーソン監督が短編作品として実写映像化。 ショート・ムービーとはいえ、招聘されたヴェネチア国際映画祭ではアウト・オブ・コンペ作品として上映され、正式上映後は4分間のスタンディング・オベーションで熱狂的に讃えられた。、ロアルド・ダール✖️ウェス・アンダーソンは、奇妙な蜜の味

ウェス・アンダーソンが初めてNETFLIX と組んだ短編映画『ヘンリー・シュ...

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』、ヒッチコックが映画化したダフネ・デュ モーリアの不朽の名作『レベッカ』からインスパイアされて書かれた俊英オテッサ ・モシュフェグによる小説『アイリーンはもういない』を完全映画化。 黒い感情を抑え込み、物静かに生活しようと努める孤独な一人の女性アイリーンが魅力的な女性レベッカと出逢うことで始まるそれまでの鬱屈とした人生の終わりと新たな人生の始まりまでの1週間を劇的に描くサスペンス・スリラー。、サスペンス・スリラーの新女王トーマシン・マッケンジー、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞し、更にブッカー賞、全米批評家協会賞、英国推理作家協会ジョン・クリーシー・ダガー賞の最終候補にノミネートされている。、2018年にオテッサが発表した小説「My Year of Rest and Relaxation」は2001年同時多発テロを時代背景に一人の裕福な家庭に育った一人の美しい女性が突然仕事を辞め、冬眠と称してニューヨークの自宅に引き篭もりひたすら眠り続ける姿を描き、予告編で使われているロールシャッハ風の画面処理など、様々なパーツがスリリングであり、その極上の心理サスペンス風味にとてもそそられる仕上がり、Eileen、ウィリアム・オルドロイド、トーマシン・マッケンジー、アン・ハサウェイ、シェー・ウィガム、サム・ニボラ、シオバン・ファロン、トニー・パタノ、ウィリアム・ヒル

一人の女性の人生の転機を劇的に描くスリラー『アイリーン』

マッシブ・タレント、The Unbearable Weight of Massive Talent、トム・ゴーミカン、ニコラス・ケイジ、ペドロ・パスカル、ティファニー・ハディッシュ、シャロン・ホーガン、パコ・レオン 、ニール・パトリック・ハリス、リリー・モー・シーン、アレッサンドラ・マストロナルディ、ジェイコブ・スキピオ、カトリン・ヴァニュコヴァ、デミ・ムーア、アンナ・マクドナルド、『マッシブ・タレント』の前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演作3本!、運に見放されたニコラス・ケイジが100万ドルのカネ欲しさに向かった先は、スペインの大富豪のお屋敷。 だがニックの大ファンを自称する大富豪は、実は犯罪組織の大ボスだったから、さぁ、大変! 面倒なことには巻き込まれたくないニックだったが、マブダチとなった大ボスとまるでバディものアクション映画のような地獄の展開に・・・。 あっと驚くスターのカメオ出演も用意されているニック節全開の超痛快アクション・コメディ。 劇中、ニック自らオマージュを捧げている過去の輝かしい代表作を知れば本作『マッシブ・タレント』をマシマシで楽しめるのは間違いない!、落ち目になっても25億円もの財産があったニック、だがその特異な浪費癖から金欠となっていく、ニコラス・キム・コッポラ、『ワイルド・アット・ハート』、『フェイス/オフ』、『60セカンズ』、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018年)『カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-』(2020年)『PIG/ピッグ』(2021年)『ウィリーズ・ワンダーランド』(2021年)、『赤ちゃん泥棒』(1987年)や『ハネムーン・イン・ベガス』(1992年)、

『マッシブ・タレント』を観る前に絶対観ないとヤバいニック・ケイジ主演...

実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶なアクション巨編、モンキーマン、Monkey Man、アクション・スターのイメージよりも知的なナイスガイのイメージが強いデヴ・パテル渾身の初監督・主演作は、サウス・バイ・サウスウエストでのヘッドライナー上映後、"ムンバイのジョン・ウィック"と熱狂的に迎えられた意欲作。、邪悪な伝道師と悪徳警官により全滅した町で唯一生き残った少年が成長し、殺された母親のために血で血を洗う報復を描くリベンジ・アクション・ノワール。、アクション映画界に風穴を開けてやる!デヴ・パテルが込めた本作への熱き想い、ネットフリックス・ストレイト配信から劇場公開へと作品の運命を変えたキーマン、マルチカメラ撮影のシーンは一部をGOPROとiPhoneで代用、試写を観たジョーダンは、本作は劇場公開にするべき内容の作品との直感から権利をNetflixから自社であるモンキーパウ社で買い上げ、ユニバーサル映画との配給ディールに話をつけた、サウス・バイ・サウスウエスト:ヘッドライナー上映:観客賞、デヴ・パテル、シャールト・コプリー、ピトバッシュ・トリパシー、シカンダル・ケール、ソビタ・ドゥリパラ、マカランド・デシュパンデ、アシュウィニー・カルセカール、ヴィピン・シャルマ、アディティ・カルクンテ、ジョモン・トーマス、ヴィージェイ・クーマー

実はテコンドー黒帯の有段者、ナイスガイ、デヴ・パテルの新境地!壮絶な...

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』、旧ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに祖国を焼かれたフィンランド。 愛犬と旅する謎の老兵コルピがたまたま掘り当てた金塊。 だが、お宝の臭いを嗅ぎつけたナチスの戦車兵団に老兵はつけ狙われることに・・・。 ナチスに対抗する武器はツルハシ一本のみ、地雷原での勝ち目のない銃撃戦で撃たれようとも縛首になろうとも強靭な体力と知力でピンチを切り抜け死ぬことを拒否した謎の老兵の正体とは? CG少なめ、まるで往年のオールド・スクールの典型的なアクション映画を思い出させてくれる胸のすく傑作が世界一幸せな国と言われるフィンランドから生まれた。 老兵は、本当にツルハシ一本でナチス兵団を討てるのか?、コロナ禍が生んだアクション映画の傑作にはモデルとなったフィンランド兵士がいた!、シモ・ヘイ、シッチェス・カタロニア国際映画祭:主演男優賞・ヨルマ・トンミラ、撮影賞・クジェル・ラーゲルース、作品賞(オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション)、オリジナル楽曲賞・ジュリー・セップ、トゥオーマス・ワイノーラ、SISU シス 不死身の男、ヤルマリ・ヘランダー、ヨルマ・トンミラ、アクセル・ヘニー、ジャック・ドゥーラン、ミモザ・ウィラモ、オンニ・トンミラ、アルトゥ・カプライネン、セヴィリ・サーリネン

こんなに強い老兵、見たことない!『SISU シス 不死身の男』