• ルーニー・マーラ
フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

型破りな天才音楽家フランク・ザッパのドキュメンタリー『ZAPPA』

夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを抱えた女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、ヒッチコックやニコラス・ローグの作風を想起させるスリラー仕立ての中にSFのような超多元的な要素を盛り込んだホラー作品、小説家アレックス・ガーランドの監督3作目、様々な姿に変えた悪夢となって彼女に襲いかかり始める、夫の不可解な死は、事故死なのか?それとも自殺なのか?心に深いトラウマを背負った女性が向かった田舎町で遭遇する不気味な男たちは皆、同じ顔を持っていた・・・。、超多元的サイコロジカル・ホラー、A24 、ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、ガイル・ランキン、パーパ・エッシードゥ、メン、Men、アレックス・ガーランド

超多元的サイコロジカル・ホラー『メン』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』