• 映画情報
映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

クローネンバーグとヴィゴのコラボは、通算5作目!、35年間、クローネンバーグ作品の衣装を担当してきた実姉で衣装デザイナー、デニース・クローネンバーグが2020年に他界したため、衣装担当も交代、撮影が名手ピーター・サシツキーから交代へ、謎の集団、国立臓器移植登録所、突然変異した内臓を大衆に見せるアヴァン・ギャルドなパフォーマンス・アート、ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグが8年ぶりに発表したのは、まるで初期の作品群と呼応するかのようなグロテスクな作品。突然変異した内臓を持つアーティストを軸に人類の進化の先に起こり得ることを観る者へと突き付ける!、ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎、ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート、ドン・マッケラー、スコット・スピードマン、タナヤ・ビーティ、デニース・カペザ、リヒ・コーノスキー、ナディア・リッツ、エフィー・キャントサ、デヴィッド・クローネンバーグ、Crimes of the Future、クライムズ・オブ・ザ・フューチャー、

ボディ・ホラーへの回帰か⁉︎ クローネンバーグ監督最新作‼︎『クライムズ・...

フィッツカラルド、氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて、死の直前、ブルースは自分のリュックサックを親交のあったヴェルナー・ヘルツォークに託した、劇映画だけでなく、オペラの演出やドキュメンタリーも手がける鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作は、自分の足で歩く旅をしながら小説を書いた孤高の作家ブルース・チャトウィンの足跡を辿るドキュメンタリー、徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメン、岩波ホール、ブルース・チャトウィン、ヴェルナー・ヘルツォーク、Nomad: In the Footsteps of Bruce Chatwin、歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡、

徒歩旅行をしながら小説を書いた男のドキュメント『歩いて見た世界 ブル...

8度目のソー役を演じるクリス・ヘムズワースは、体重を105キログラムまで上げ、今までで最も大きく、最高のボディを作り上げた、ソー史上、最高のボディで演じたクリス・ヘムズワース、ニューアスガルドの王のヴァルキリー、ジェーン・フォスター、宇宙の冷酷な殺人鬼ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アベンジャーズ/エンドゲーム、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ラッセル・クロウ、ジェイミー・アレクサンダー、タイカ・ワイティティ、クリス・プラット、サム・ニール、マット・デイモン、デイブ・バウティスタ、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、ブラッドリー・クーパー(声の出演)、ヴィン・ディーゼル(声の出演)、タイカ・ワイティティ、Thor: Love and Thunder、ソー ラブ&サンダー、

破壊力2倍の神バトル・アドベンチャー『ソー ラブ&サンダー』

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』