• 東京国際映画祭
滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』、6500万年前の宇宙。 宇宙探査からの帰還途中、宇宙船が白亜紀の地球に不時着する。 生存者はミルズと少女コアの二人のみ、地球上を闊歩するのは食物連鎖の頂点に君臨する巨大恐竜だった・・・。 地球を壊滅させる小惑星帯が迫りくる中、決死の覚悟で脱出用シャトルを探し出すが、絶滅まで残された時間はあとわずかだった・・・。、意外だがアダムにとって、本作がガン・アクション・デビューとなった、65 シックスティ・ファイブ、スコット・ベック、ブライアン・ウッズ、アダム・ドライバー、アリアナ・グリーンブラット、クロエ・コールマン、ニカ・キング、

滅亡寸前の白亜紀の地球が舞台の SFスリラー『65 シックスティ・ファイブ』

悪魔館 死霊のせいなら、有罪。、逆悪魔祓いスリラー、エニシング・フォー・ジャクソン、Anything for Jackson、霊を召喚するオカルトにハマった老夫婦、身の毛もよだつホラー、ジャスティン・G・ディック、シーラ・マッカーシー、ジュリアン・リッチングス、コンスタンテ・マンテロス、ジョシュ・クルッダス、ヤニック・ビッソン

逆悪魔祓いスリラー『悪魔館 死霊のせいなら、有罪。』

デューン 砂の惑星 PART2、Dune: Part Two、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、デイヴ・バウティスタ、クリストファー・ウォーケン、レア・セドゥ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、スハイラ・ヤコブ、アニャ・テイラー=ジョイ、ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』、フランク・ハーバートによる全6巻からなるSF小説の金字塔をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完全映像化した第2弾! パート1の興行的な大成功から直ぐにパート2製作に入り、第1部で世界観の下地が完全に作り上げられたおかげで本作で縦横無尽に登場人物たちが駆け巡り、後半ではケレン味たっぷりの壮大な戦闘シーンが用意されている。 本作シリーズの快調な成功を受け『デューン』は、3作目『デューン 砂の惑星 PART3 メサイヤ(救世主)』(仮題)で幕を閉じるが、TVシリーズで前日譚にあたるプリクエル『デューン プロフェシー(啓示)』(仮題)もスタートし、この物語が形作られていった謎が紐解かれてゆく。 フランクの息子ブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダースン共著による続編も 数多く出版されている『デューン 砂の惑星』ユニバースは拡張し続けていきそうな予感がある。、オースティン・バトラーが見事に演じた冷酷非道なサイコパス、フェイド・ラウサ、『デューン』ユニバースの可能性、SF映画

ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』

インフィニティ・プール、Infinity Pool、ブランドン・クローネンバーグ、アレクサンダー・スカルスガルド、ミア・ゴス、クレオパトラ・コールマン、ジャリル・レスペール、奇怪なリゾートSFホラー、デヴィッド・クローネンバーグを父に持つ新時代を独自に表現し続けるバイオレンス系SFホラーの異端ブランドン・クローネンバーグの不条理に満ちた最新作。 舞台は全ての罪を被る身代わりクローンを作り出すことで際限なく残虐事件が巻き起こる架空のビーチ・リゾート・エリア。 シュールで不可解な出来事の先にあるものは? バイオレンスSFホラー最先端!、ユニークな本作の物語の源泉は実体験と創作物のミクスチャー、

奇怪なリゾートSFホラー『インフィニティ・プール』

第36回 東京国際映画祭・オープニング作品、第96回アカデミー賞国際長編映画賞部門・日本代表、名匠ヴィム・ヴェンダース監督作にして、日本が誇る名優、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』 『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由、 ミニマムなストーリーでありながら、まるで僧侶のような日々を送る主人公の姿を繊細に捉えた本作は国内外で絶賛されている。トイレ清掃員として働く男の日常がなぜかくも観た者の憧憬を誘い、美しく見えるのか?その“美しく見える”仕組みを紐解く清貧な生活の裏にある“ゆとり”、踊るホームレスは未来の平山の姿?、現実をざっくりと横に避けた演出、“面倒”な部分がバッサリ省かれている、清貧という名のお伽話、瓢箪から駒! な傑作、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯

『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由