2画面、分割画面、ギャスパー・ノエとは、、20年来の友人関係にあるイタリア、ホラー映画の巨匠ダリオ・アルジェント、暴力描写でつとに有名な鬼才ギャスパー・ノエが7年間温めた映画企画は、 認知症に冒された老夫婦の最後の日々を淡々と描き、今までにない悲しい作品となった。、鬼才ギャスパー・ノエが描く認知症の老夫婦の悲しみ、ダリオ・アルジェント、フランソワーズ・ルブラン、アレックス・ルッツ、キリアン・デェレ、ギャスパー・ノエ、ヴォルテックス、Vortex、

鬼才ギャスパー・ノエが描く認知症の老夫婦の悲しみ『ヴォルテックス』

音楽も担当する詩人ソウル・ウィリアムスの詩的な台詞が炸裂する、レアメタルの原料が取れるコロンブ石、タンタル石といった鉱石の採掘現場から逃げ出した鉱夫たちが反植民地主義のコンピューター・ハッカー集団、ブルンジ共和国、ミュージシャンのソウル・ウィリアムスと女優であり、劇作家のアニシア・ユゼイマンの共同監督によるアフリカン・カルチャー、宇宙、詩、サイバーSFが混然一体となった今まで見たこともない独創的なミュージカル、超斬新‼︎アフロフューチャーなサイバーSFミュージカル、サンダンス映画祭:正式出品作品、カンヌ国際映画祭・監督週間:正式出品作品、シェレル・アイシージャ、カイヤ・フリー、バートランド・ニンタラッツ、エルヴィス・ングアボー、イーリュアン・ユームユーハヤー、エカテリーナ・ベイカー、アニシア・ユゼイマン、ソウル・ウィリアムス、Neptune Frost、ネプチューン・フロスト、

超斬新‼︎アフロフューチャーなサイバーSFミュージカル『ネプチューン・フ...

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

ダルデンヌ兄弟による最新作は、アフリカから逃げ延びてきた少年少女が互いの固い絆を信じ、生き抜いて行く様を活写してゆく。旅路の果てに彼らが目の当たりにする光景とは・・・、アフリカからの亡命者の過酷な旅路、コンペティション部門正式出品作品、第75回カンヌ国際映画祭、パブロ・シルズ、ムバンドゥ・ジョリィ、シャーロット・デ・ブリュイヌ、ティジマン・ガヴァーツ、マルク・ジンガ、アルバン・ウーキャジ、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、トーリ・アンド・ロキタ、Tori and Lokita

アフリカからの亡命者の過酷な旅路『トーリ・アンド・ロキタ』

小津安二郎監督を敬愛、監督のコゴナダという一風変わった名はニックネームで、野田高梧の名前を入れ替えた同形異音語、原作は、小説家アレクサンダー・ワインスタインの短編小説「Saying Goodbye to Yang」、子守、人型ロボット、アンドロイド、家族同然だった子守役のアンドロイドが目覚めなくなった時… 記憶回路を取り出し、彼の過去を調べてゆく内に気づいてゆくこととは・・・?、テクノロジーがより進んだ未来、人間とは何なのか?、A24、コリン・ファレル、ジョディ・ターナー=スミス、マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ、ジャスティン・H・ミン、コゴナダ、アフター・ヤン、After Yang、

テクノロジーがより進んだ未来、人間とは何なのか?『アフター・ヤン』