• TENET
名匠ホン・サンスによる『逃げる女』の青年版ともいえるモラトリアムな青春を漂う未熟な青年ヨンホに起こる3つの再会と抱擁をモノクロームの映像の中で叙情豊かに描いてゆく、モラトリアムな時期をさまよう青春紀、シン・ソクホ、パク・ミソ、キ・ジュボン、ソ・ヨンファ、キム・ミニ 、ホン・サンス、韓国、イントロダクション、Introduction、

モラトリアムな時期をさまよう青春紀行『イントロダクション』

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

ジョン・ウィック、『ブレット・トレイン』の興行的成功次第では、『マリアビートル』の前作にあたる日本では2015年に映画化もされている『グラスホッパー』(2004年)や連なる作品となる『AXアックス』(2017年)といった関連作が次々とハリウッド映画化といった流れもできるのかも、本作が作られたキッカケとなったのは、2010年に発表された原作のミステリー小説『マリアビートル』をイギリス、ロンドンの出版社ハーヴィル・セッカーにより英語翻訳版の作品を海外で発刊したこと、ハリウッドでの映像化は初めて、原作の伊坂幸太郎ワールドをハリウッド流にアレンジした傑作映画‼︎、二人の顔立ちが似ているのは、デヴィッドがブラッドのアクション・シーンの影武者だったから、デヴィッドは、キアヌ・リーブス主演で大ヒットしたノン・ストップ・ガンアクション『ジョン・ウイック』(2014年)で初メガホンをとったが、監督としてのクレジットは、スタント仲間のチャド・スタエルスキに譲り、共同監督ではあるが、クレジット非表記、監督のデヴィッド・リーチは、元ベテラン・スタントマンで長年に渡るブラッドのスタントダブル担当だった、監督デヴィッド・リーチとブラッド・ピットは、歴戦の盟友だった‼︎、ブラッド・ピット主演!弾丸列車に乗り込んだ世界一運の悪い殺し屋V.S.殺し屋軍団‼︎ それぞれの思惑が絡む120分間の超絶デスマッチの行方は?、途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘、ブラッド・ピット、サンドラ・ブロック、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ザジー・ビーツ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マイケル・シャノン、真田 広之、バッド・バニー、アンドリュー・コージ 、デヴィッド・リーチ、ブレット・トレイン、Bullet Train、

途中下車不可!ツイてない殺し屋がハマった弾丸列車での死闘『ブレット・...

ペドロ・アルモドヴァル監督作『パラレル・マザーズ』、ヴェニス映画祭では、別の作品でペネロペ・クルスは主演女優賞を受賞!、ペネロペ・クルスが人気映画監督に扮し、アントニオ・バンデラスがハリウッド・スターに扮して映画作りの舞台裏をウィットたっぷりに描く。そもそも映画は何のために作られるのか?映画作りをとことん風刺したブラックコメディ、映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画、ペネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス、オスカル・マルティネス、ホセ・ルイス・ゴメス、マノロ・ソロ、イレーネ・エスコラール、マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット、Official Competition、オフィシャル・コンペティション、

映画作りをブラック・コメディ化した風刺映画『オフィシャル・コンペティ...

本作は1時間25分の本編尺の中でたった32カット(各シーンは約2分39秒)の場面で構成、長回しの多用で構成された一編、突然、母国に帰国した元女優の心の底にあるもの・・・。 思い出の地を訪ね歩きながら、彼女が見出すこととは?、元女優の心の旅路、イ・ヘヨン、クォン・ヘヒョ、チョ・ユニ、キム・セビョク 、ホン・サンス、韓国、あなたの顔の前に、In Front of Your Face、

元女優の心の旅路『あなたの顔の前に』