• HOME
  • Articles
  • BRAND NEW
  • タイムリープ・ホラー『ラストナイト・イン・ソーホー/Last Night in Soho(原題)』
タイムリープ・ホラー、ラストナイト・イン・ソーホー、Last Night in Soho、アニャ・テイラー=ジョイ×トーマシン・マッケンジー ダブル主演‼ エドガー・ライト監督初のホラーは、時空を超えてロンドンの街へやってくる、チョン・ジョンフン、ダイアナ・リグ、マーガレット・ノーラン、マット・スミス、ジェシー・メイ・リー、テレンス・スタンプ、リサ・マクグリリス、ジェームズ・フェルプス、オリヴァー・フェルプス、マイケル・アジャオ、東京国際映画祭2021、第34回東京国際映画祭

タイムリープ・ホラー『ラストナイト・イン・ソーホー/Last Night in Soho(原題)』

アニャ・テイラー=ジョイ×トーマシン・マッケンジー ダブル主演‼ エドガー・ライト監督初のホラーは、時空を超えてロンドンの街へやってくる…

© 2020 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

Story:

夢と不安を抱えてロンドンへ上京してきたファッション・デザイナー志望の少女、エロイーズ( トーマシン・マッケンジー )。

エロイーズは、ふとしたことから1960年代のロンドンに迷い込んでしまう。

そして当時の歓楽街であるソーホー地区で、眩しいほどに魅力的な駆け出しの歌手、サンディ( アニャ・テイラー=ジョイ )と邂逅する。

そのあるはずのない出会いから、洋服を作る夢と歌姫になるという2人の夢が次第にシンクロしてゆく・・・。

異なる時代に存在する二人が交わっていく楽しい日々。
だが悪いことに、ある恐怖心までもが共有され、事態は暗転し始める。

果たして本当に恐怖は時空を超えてやってくるのか・・・?

また、それはどのような恐ろしいものなのか!?


Behind The Inside:

撮影は、韓国の鬼才パク・チャヌク監督の眼ともいえるチョン・ジョンフンが担当。

『オールド・ボーイ』(2003年)、『親切なクムジャさん』(2005年)、『渇き』(2009年)、『お嬢さん』(2016年)といったパク・チャヌク監督の代表作の撮影をしてきたチョン・ジョンフンが本作の撮影を担当。



エドガー・ライト監督は本作を作る上で、ロマン・ポランスキー監督の初期の名作「反撥」(1965年)と、名撮影監督であり映画監督であったニコラス・ローグの代表作、ヴェネチアを舞台に絵画修復士自身が抱える過去のトラウマと、身の回りで起こる連続殺人事件が次第にシンクロしてゆくゴシック・ホラーの傑作「赤い影/Don’tLook Now(原題)」(1973年)からインスパイアされたという。


生粋のシネフィルらしいエドガー・ライト監督は、これら映画的記憶にパク・チャヌク作品の映像の持つ力=”血みどろでダークな叙事詩”を撮り続けてきたチョン・ジョンフンに撮影を依頼することで、描きたい世界にリンクさせるという、普通の映画監督では思いつかないウルトラCをシレッとやってのけている。


映画『ラストナイト・イン・ソーホー』本予告

『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督最新作!トーマシン・マッケンジー×アニャ・テイラー=ジョイ共演夢と恐怖が “シンクロ”する、タイムリープ・サイコ・ホラー!ファッションデザイナーを夢見るエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。しかし同級生たちとの寮生…

『ラスト・ナイト・イン・ソーホー/Last Night in Soho(原題)』予告編

Must Point:

エドガー・ライト作品では、初めてのヒロインもの、そしてコメディ・テイスト・ゼロ作品

エドガー・ライト作品といえば、コメディ・テイストを散りばめる演出だが、本作ではコメディは封印している。

そして、女性が主演というのも初めてのこと。エロイーズ役を演じているトーマシン・マッケンジーは、『トップガン マーヴェリック』(2021年11月19日公開予定)を降板してまで本作への出演を望んだという。

トーマシン・マッケンジーにとって、多くの幸をもたらした出世作『ジョジョ・ラビット』(2019年)のようなことになってゆくのか?



Awards:

  • ハリウッド批評家協会:2021年後期の期待できる作品賞


『ラストナイト・イン・ソーホー』2021年12月10日(金)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『ラスト・ナイト・イン・ソーホー/Last Night in Soho(原題)』(2021年・イギリス・1時間56分)
監督:
エドガー・ライト
出演:
アニャ・テイラー=ジョイ、トーマシン・マッケンジー、ダイアナ・リグ、マーガレット・ノーラン、マット・スミス、ジェシー・メイ・リー、テレンス・スタンプ、リサ・マクグリリス、ジェームズ・フェルプス、オリヴァー・フェルプス、マイケル・アジャオ 他
© 2020 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2021年12月10日 全国公開‼


映画『ラストナイト・イン・ソーホー』オフィシャルサイト

現代と過去、異なる時代の2人の女性。 夢と恐怖がシンクロするタイムリープ・サイコ・ホラー!! 『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督待望の新作に出演するのは、『ジョジョ・ラビット』『オールド』などに出演し、活躍目覚ましいトーマシン・マッケンジーと「クイーンズ・ギャンビット」で脚光を浴びたアニャ・テイラー=ジョイ。今、映画界が最も熱視線を送る2大女優の競演から目が離せない! …


VOIDセレクト: エドガー・ライトおすすめ







More To Read:

待望のロック・ドキュメント『ザ・スパークス・ブラザース/The Sparks Brothers(原題)』

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』サントラのエクスパンデッド版が公開から11年を経て今夏リリース!


【更新】2021年11月28日


VOID RECOMMENDS