• エリザベス・モス
田舎の小貴族からヨーロッパ随一の征服者となった最強の皇帝『ナポレオン』、リドリー・スコット監督✖️ホアキン・フェニックス再び!23年ぶりのコラボレーションは、またも歴史物。 フランス領コルシカ島出身のイタリア系の田舎の貴族であったナポレオンが軍将として才覚を現し、ヨーロッパのほぼ全土を征服していく様を300名の兵士、100頭の馬、11台ものカメラを駆使し、壮大なヨーロッパ・ロケが敢行され撮影された。 ホアキンは、当初、ナポレオンをどう演じたらよいのか分からず、リドリーに泣きついたという。それほどの難役であった。 そして、本作は物語の核を成す夫婦の愛憎劇が見ものであり、ナポレオンと最初の妻となった恋多き女ジョセフィーヌ役には、女優として進境著しいヴァネッサ・カービーが、その奔放な女性像を艶やかに演じる。 数学に強く砲術に長け、無敵の策士として、時に怪物、悪魔に喩えられ畏れられた男ナポレオン。 瞬く間にスウェーデン、イギリス以外のヨーロッパほぼ全域を征服し、後に皇帝となった成り上がりヒーローの驚くべき人生が明らかになる。、難役に挑む前に途方に暮れたホアキン、Apple TVの配信は、4時間バージョンとなる見込み、Napoleon、リドリー・スコット、ホアキン・フェニックス、ヴァネッサ・カービー、タハール・ラヒム、ルパート・エヴェレット、マーク・ボナー、リュディヴィーヌ・サニエ、ベン・マイルズ、シニード・キューザック、リアナ・デュース、ポール・リス、ナポレオン

田舎の小貴族からヨーロッパ随一の征服者となった最強の皇帝『ナポレオン』

未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』、東日本大震災後の岩手県、陸前高田。 被災地でボランティア活動中に行方不明になってしまった母アサミを探すため、東京でタクシー運転手として働く叔父イサムを訪ねてシンガポールから来た娘アミ。 だがイサムには、故郷に戻りたくない理由があった・・・。 共に陸奥へと向かうアミとイサム。 変わってしまった故郷の姿、そして想像を超えた経験が二人を待っていた。 震災後、今もなお苦しむすべての人に捧げる喪失の痛みと癒し、そして、未来への希望と成長の物語。、被災した人々、家族のその後のメンタル面への影響、その癒しに着目して製作された意欲作、ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト、Last Shadow at First Light、ニコール・ミドリ・ウッドフォード、永瀬正敏、白田迪巴耶、筒井真理子、ピーター・ユウ、

未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』

卓越したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』、若くしてトップスターとなった絶頂期に突然、パーキンソン病を発病し、以来、32年もの間、病魔と闘い続けているマイケル・J・フォックス。 マイケルが執筆した4冊の本以外では、ほとんど語られることのなかった彼の苦難の道筋を地球温暖化の危機を訴えたドキュメンタリー『不都合な真実』(2006年)の監督デイビス・グッゲンハイムが描き出す。 マイケルを世界的な人気者にしたSFタイム・トラベル映画の傑作シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等、過去の出演作をリズム感のある編集テクを駆使しながら、真摯にそして、時に笑いを誘いながら病魔がもたらした卓越したその人生観を語り尽くす。、マイケル・J・フォックスを紐解く4冊の本、ラッキーマン、いつも上を向いて、マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと、A FUNNY THING HAPPENED ON THE WAY TO THE FUTURE、No Time Like the Future: An Optimist Considers Mortality、ロバート・ゼメキス、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭:ホープ賞・デイビス・グッゲンハイム、マイケル・J・フォックス、トレイシー・ポラン、アンドリュー・バーバー、デイヴィッド・ダイヤモンド、サム・フォックス、ハンナ・ゴールウェイ、ダニー・イリザリー、アリソン・クラウゼ、シボーン・マーフィー、ブラッドレイ・ピーターズ 、Apple TV+、

達観したその人生観に学ぶ『STILL マイケル・J・フォックス ストーリー』

ベネデッタ、Benedetta、ポール・ヴァーホーベン、ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン、オリヴィエ・ラブルダン、奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯、バイオレントでセクシュアルな演出に長けたオランダのポール・ヴァーホーベン監督最新作!イタリア、トスカーナに実在したカトリックの修道女ベネデッタ・カルリーニが起こした奇跡とインモラルな愛と波乱に満ちた人生を描く衝撃的作品。、原作は「ルネサンス修道女物語ー聖と性のミクロストリア」、「メディチ家雑録」に遺された裁判記録をもとに再構成された修道女ベネデッタ・カルリーニの生涯を描いた物語。、カンヌ映画祭では物議をかもした作品、「史実を基にした原作から映画を作って、何故?冒涜的というレッテルを貼られなければならないのだ⁉ あまりにも馬鹿げている」と一蹴する場面もあった、第74回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作

奇跡の人と謳われた恐ろしくも魅力的な修道女の生涯『ベネデッタ』

HOW TO BLOW UP、非暴力不服従運動、挑発的なエコ・スリラー『パイプライン爆破法 (仮題)/How to Blow Up a Pipeline』、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムに、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムによる環境破壊と闘う思想とその行動を描いた欧米で大きな波紋を投げかけた話題の書「パイプライン爆破法 ー 燃える地球でいかに闘うか」にインスパイアされ映像化。 何と、本作完成後にFBIから"エネルギー施設破壊を助長する可能性がある危険な思想の詰まった内容"だとして、警告が発せられたという前代未聞の曰くつきの映画となっている。 ダニエル・ゴールドヘイバー監督がメガホンをとったストーリーは環境運動のためエコ・テロリズムを計画する様々な事情から集まった8名の環境活動家たちの目的遂行までの道のりを描く。 彼らは手始めに西テキサス、石油パイプラインの爆破テロを計画するのだが・・・。、原案となった本の著者は気候変動問題について独創的な思想家と呼ばれるアンドレアス・マルム、パイプライン爆破法 、ハウ・トゥ・ブロウ・アップ・パイプライン、How to Blow Up a Pipeline、ダニエル・ゴールドヘイバー、アリエラ・ベアラー、クリスティン・フロセス、ルーカス・ゲイジ、フォレスト・グッドラック、サッシャ・レイン、ジェイミー・ローソン、マーカス・スクリブナー、ジェイク・ウィアリー

挑発的なエコ・スリラー『HOW TO BLOW UP』