• ガル・ガドッド
有楽町・朝日ホール、ノー・ベアーズ、No Bears、イラン、ジャファル・パナヒ、収監中のジャファル・パナヒ監督、まるで収監されるまでの過程を描いたかのような大胆な衝撃作『ノー・ベアーズ』が日本初公開!、「第23回東京フィルメックス」が2022年10月29日に開幕され、特別招待・オープニング作品としてジャファル・パナヒ監督が自ら出演する渾身の新作『ノー・ベアーズ』上映された。 監督がイラン当局に収監されながらもヴェネチア映画祭で公開され審査員特別賞を受賞したユーモラスで勇気溢れる傑作!、神谷ディレクター主導のもと開幕された「第23回東京フィルメックス」、『時代革命』、第79回 ヴェネチア国際映画祭:審査員特別賞、

まるで収監されるまでの過程を描いたかのようなジャファル・パナヒ監督に...

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

本作では、リースがプロデューサーを務めている。今後の賞レースの行方が気になるところ。、わたしに会うまでの1600キロ、ハリウッドの人気女優、リース・ウィザースプーンは、オンライン読書会を主催しており、自ら仕掛け、人気を呼んだ小説は、映画化されてきた。、2021年本屋大賞翻訳部門第1位!世界で1000万部を突破した魂を揺さぶる大ベスト・セラー!、2019年、2020年のニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングに25週間ランクインし続け、全米500万部のベストセラーを記録した動物学者ディーリア オーエンズによる原作「ザリガニ の 鳴く ところ」を主演にデイジー・エドガー=ジョーンズを迎え、映像化!、全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!、デイジー・エドガー=ジョーンズ、テイラー・ジョン・スミス、ハリス・ディキンソン、デヴィッド・ストラザーン、ミカエル・ハイアット、スターリング・マケル・ジュニア、ジョジョ・レジーナ、オリビア・ニューマン、ザリガニ の 鳴く ところ、Where the Crawdads Sing、

全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!『ザリガニの鳴くところ』

コミカルでナラティブな名作になり得ているところが高評価を得ている理由の一つ、インティマシー・コーディネーター不在の撮影現場でも上出来の作品となった秘訣とは?、還暦を過ぎた元学校教師、真面目に生き、よき夫ロバートと家族にも恵まれ、マイホームも手に入れ、誰の目から見ても人生を満喫してきた彼女であったが、たった一つだけ心に残ることがあった、真面目で幸せな人生を送ってきたが、セックスで快楽を味わったことがなかったことだけを後悔している還暦過ぎの未亡人の女性ナンシーの性的な冒険をコミカルに描く!、60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ、エマ・トンプソン、ダリル・マコーマック、イザベラ・ラフランド 、ソフィー・ハイド、Good Luck to You, Leo Grande、グッドラック・トゥ・ユー、レオ・グランデ、

60歳を越えてからの性の悦びを真摯に描いたコメディ『グッドラック・トゥ...

LOVE LIFE、フランス、深田晃司、木村 文乃、田口トモロヲ、山崎紘菜、神野三鈴、永山 絢斗、砂田アトム、黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ全文掲載、最新作『LOVE LIFE』が現在公開中の深田晃司監督に海外での受賞歴と作品性から今後、海外での活躍が期待され、映画界のための精力的な活動も評価され、14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞がメキシコを代表する世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ氏と共に授与された、世界のクロサワの名を冠したいわば映画人のための功労と未来への期待を込めた賞、日本芸能従事者協会という団体が「芸能従事者こころの119」というメンタルケア窓口でサイトを開設

14年ぶりに復活した栄誉ある黒澤明賞を受賞した深田晃司監督受賞スピーチ...