• ガル・ガドッド
第36回 東京国際映画祭・オープニング作品、第96回アカデミー賞国際長編映画賞部門・日本代表、名匠ヴィム・ヴェンダース監督作にして、日本が誇る名優、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』 『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由、 ミニマムなストーリーでありながら、まるで僧侶のような日々を送る主人公の姿を繊細に捉えた本作は国内外で絶賛されている。トイレ清掃員として働く男の日常がなぜかくも観た者の憧憬を誘い、美しく見えるのか?その“美しく見える”仕組みを紐解く清貧な生活の裏にある“ゆとり”、踊るホームレスは未来の平山の姿?、現実をざっくりと横に避けた演出、“面倒”な部分がバッサリ省かれている、清貧という名のお伽話、瓢箪から駒! な傑作、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯

『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次世代スポ根ストーリー『グランツーリスモ』、シリーズ累計9,000万本以上を売り上げたソニーが生んだドライビング・シミュレーター・ゲームの頂点であり、「オリンピック eスポーツシリーズ」や「国民体育大会・文化プログラム」eスポーツ大会の競技種目にも選ばれている「グランツーリスモ」 本作はティーンの頃からこのレーシング・シミュレーション・ゲーム・シリーズのトップ・プレイヤーであり、後にプロのレーシング・ドライバーに転身したヤン・マーデンボローの実体験を元にしている。、本作ではヤン・マーデンボロー自らハンドルを握って、スタント・ダブル・ドライバーとなった!、ドライバー発掘・育成プログラム「GTアカデミー」とは?、Gran Turismo、ニール・ブロムカンプ、アーチー・マデクウィ、デヴィッド・ハーバー、オーランド・ブルーム、トーマス・クレッチマン、ジャイモン・フンスー、平 岳大、ダレン・バーネット、ジェリ・ハリウェル、ジョシャ・ストラドフスキー、ダニエル・プイグ、メイヴ・クルティエ・リリー、ペペ・バロッソ、ニール・マクシャ、ニクヒル・パーマー、アキー・コタベ、上田貞夫、ワイ・ウォン、ジェイミー・ケナ

ヴァーチャルを飛び出しリアルなサーキットを駆け抜ける!スリリングな次...

ゴッド・イズ・ブレット、God Is a Bullet、ニック・カサヴェテス、メキシコ、マイカ・モンロー、ニコライ・コスター=ワルドー、ジェイミー・フォックス、イーサン・サプリー、ジャニュアリー・ジョーンズ、ギャレット・ウェアリング、ジョナサン・タッカー、カール・グルスマン、ポール・ヨハンセン、デヴィッド・ソーントン、リベンジ・スリラー『ゴッド・イズ・ブレット/God Is a Bullet(原題)、『ゲーム・オブ・スローンズ』で名を挙げた次代のアクション・ヒーローとなりそうなニコライ・コスター=ワルドーと『イット・フォローズ』主演の今、最注目の女優マイカ・モンローがダブル・キャストされ、メキシコを舞台にした血に塗れた復讐譚。 ジェイミー・フォックス演じる男を仲間に引き入れ、三人のガンマンは無軌道なカルト集団を殲滅しに向かう。 マンソン・ファミリーとレオンとマチルダをステアしてマカロニ・ウエスタンで割ったようなリベンジ・ガン・アクション。、原作は、覆面作家ボストン・テランによるデビュー小説「神は銃弾/God Is a Bullet(原題)」で英国推理作家協会賞の最優秀新人賞にあたるジョン・クリーシー・ダガー賞を受賞し、エドガー賞 処女長編賞の候補ともなった名作。

リベンジ・スリラー『ゴッド・イズ・ブレット/God Is a Bullet(原題)

ヨアキム・トリアー監督と共にエスキル・フォクト監督は、今後の北欧映画シーンを牽引してゆく重要な存在、2本の最新作がカンヌ選出‼︎、団地の子供達の間でテレパシーやサイコキネシスといった超能力が使えるようになり、大人が知らない間に子供たちの間で恐ろしい闘いが始まる。、静かなる超能力バトル‼︎ 北欧サイコ・ホラー、ラケル・レノラ・フロッタム、アルヴァ・ブリンスモ・ラムスタッド、サム・アスラフ、エレン・ドリット・ピーターセン、モーテン・スヴァルトヴェイト 、エスキル・フォクト、エスキル・ヴォクトイノセンツ、The Innocents、

静かなる超能力バトル! 北欧サイコ・ホラー『イノセンツ』

HOW TO BLOW UP、非暴力不服従運動、挑発的なエコ・スリラー『パイプライン爆破法 (仮題)/How to Blow Up a Pipeline』、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムに、人間生態学者、ノンフィクション作家、環境活動家であるスウェーデンのアンドレアス・マルムによる環境破壊と闘う思想とその行動を描いた欧米で大きな波紋を投げかけた話題の書「パイプライン爆破法 ー 燃える地球でいかに闘うか」にインスパイアされ映像化。 何と、本作完成後にFBIから"エネルギー施設破壊を助長する可能性がある危険な思想の詰まった内容"だとして、警告が発せられたという前代未聞の曰くつきの映画となっている。 ダニエル・ゴールドヘイバー監督がメガホンをとったストーリーは環境運動のためエコ・テロリズムを計画する様々な事情から集まった8名の環境活動家たちの目的遂行までの道のりを描く。 彼らは手始めに西テキサス、石油パイプラインの爆破テロを計画するのだが・・・。、原案となった本の著者は気候変動問題について独創的な思想家と呼ばれるアンドレアス・マルム、パイプライン爆破法 、ハウ・トゥ・ブロウ・アップ・パイプライン、How to Blow Up a Pipeline、ダニエル・ゴールドヘイバー、アリエラ・ベアラー、クリスティン・フロセス、ルーカス・ゲイジ、フォレスト・グッドラック、サッシャ・レイン、ジェイミー・ローソン、マーカス・スクリブナー、ジェイク・ウィアリー

挑発的なエコ・スリラー『HOW TO BLOW UP』