• クリス・パイン
第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ・アンド・オール/Bones and All(原題)』

本作では、リースがプロデューサーを務めている。今後の賞レースの行方が気になるところ。、わたしに会うまでの1600キロ、ハリウッドの人気女優、リース・ウィザースプーンは、オンライン読書会を主催しており、自ら仕掛け、人気を呼んだ小説は、映画化されてきた。、2021年本屋大賞翻訳部門第1位!世界で1000万部を突破した魂を揺さぶる大ベスト・セラー!、2019年、2020年のニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングに25週間ランクインし続け、全米500万部のベストセラーを記録した動物学者ディーリア オーエンズによる原作「ザリガニ の 鳴く ところ」を主演にデイジー・エドガー=ジョーンズを迎え、映像化!、全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!、デイジー・エドガー=ジョーンズ、テイラー・ジョン・スミス、ハリス・ディキンソン、デヴィッド・ストラザーン、ミカエル・ハイアット、スターリング・マケル・ジュニア、ジョジョ・レジーナ、オリビア・ニューマン、ザリガニ の 鳴く ところ、Where the Crawdads Sing、

全米500万部突破の大ベストセラー完全映画化!『ザリガニの鳴くところ/Whe...

当時、日本では「月世界の白昼夢」と題され、イギリスの音楽系マガジンNME誌が選ぶデヴィッド・ボウイ究極の楽曲第11位に選定、2016年に肝臓癌のため69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺産管理団体が初めて公式に認めた映画作品となり、1970年代の未公開映像と同じ時期に発表された楽曲で構成、世界の音楽シーンに革命をもたらし続けた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生の旅路を描く。本作のタイトル曲が収録された72年リリースの名アルバム「ジギー・スターダスト」を中心に70年代当時の未公開映像と楽曲をふんだんに使用し、盟友トニー・ヴィスコンティらが音楽を担当するなど、生粋のボウイ・ファンにはたまらない音楽ドキュメンタリー映画といったジャンルを軽々と超えた体験型シネマ・オデッセイとなっている、体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌、デヴィッド・ボウイ、ブレット・モーゲン、Moonage Daydream、ムーンエイジ・デイドリーム、

体験型シネマ・オデッセイで知るボウイの人生の全貌『ムーンエイジ・デイ...

長年、親友同士だったはずの友人に突然の絶縁状を叩きつけられた男の悲喜劇を『スリー・ビルボード』の名匠であり劇作家のマーティン・マクドナーが舞台用だった脚本を映画に翻案、演技達者たちを集めエモーショナルな傑作に仕立て上げた、親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア、コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、パット・ショート、デイビット・ピアース、マーティン・マクドナー、アイルランド、イニシェリン島の精霊、The Banshees of Inisherin、

親友同士の突然の絶縁状から巻き起こるブラックユーモア『イニシェリン島...

本作は2作目から数えて、なんと16年ぶりの新作映画となるが、前作、前々作同様、脚本も自ら執筆、タイトルに主人公の名を冠し、キャストたちの素晴らしい名演を得て、カミソリのような切れ味鋭い映画を完成させた、監督は、俳優としてのキャリアの方が長い才人トッド・フィールド、ケイト・ブランシェット主演!才能溢れる音楽家のヒリヒリするような内面世界の光と影をカミソリのような鋭い映像で描くトッド・フィールド監督16年ぶりの意欲的な最新作、クラシック音楽指揮者の栄光と闇、第79回ヴェネチア国際映画祭:・主演女優賞(コンペティション部門)・ケイト・ブランシェット、ケイト・ブランシェット、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、ジュリアン・グローヴァー、アラン・コーデュナー、マーク・ストロング、シルヴィア・フロート、アダム・ゴプニック、シドニー・レモン、アレック・ボールドウィン、ター、Tár、トッド・フィールド、

クラシック音楽指揮者の栄光と闇『ター/Tár(原題)』