• デヴィッド・バーン
世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』、IMFエージェント、イーサン・ハントに与えられた最も過酷な究極のミッション。 それは、仲間を一人も失わずに全人類を脅かす新兵器が悪の手に渡る前に奪取すること。 本作では、第1作に遡るキャラクターも登場し、イーサン・ハントにとって、抗うことのできない謎めいた過去と対峙せざるを得なくなる。 『ミッション・インポッシブル』シリーズを締めくくる最終章は、PART ONEとPART TWOに分かれる。 トム・クルーズがイーサン・ハントを演じるのは、PART TWOで最後となる。 MIシリーズ、そして、俳優トム・クルーズにとって、最高のものとするべく、膨大な製作費をかけ、緻密なストーリー、今まで以上に激しいスタント・アクションも披露したPART ONEは、シリーズ最長の2時間43分。 PART TWOで一体?どんなことがスクリーン上で起きるのか? すでに待ち遠しくて仕方がない。、ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE、Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One、クリストファー・マッカリー、トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティエフ、ヴァネッサ・カービー、サイモン・ペッグ、シェー・ウィガム、ケイリー・エルウィス、ヴィング・レイムス、イーサイ・モラレス、ヘンリー・ツェニー、シリーズ最高額の製作費を賭けたトム・クルーズの俳優キャリアの総決算的な作品

世界最強のスパイ、イーサン・ハントの人生最終章の幕開け!『ミッション...

歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』、ハリソン・フォードが伝説の考古学者であり冒険家インディ・ジョーンズを演じる大ヒット・シリーズ第5作! インディが生涯をかけて探し続けた伝説の秘宝「運命のダイヤル」。 元ナチスの科学者フォラーもまた人間の想像をはるかに超え歴史を変える力を持つと言われる秘宝を狙っていた。 インディ史上、最大にして最後のアクション・アドベンチャーの幕があがる。、公開時期には、何と81歳となる若々しいハリソン・フォード、異例ずくめの第5作目、ジェームズ・マンゴールド、ハリソン・フォード, フィービー・ウォーラー=ブリッジ, アントニオ・バンデラス, マッツ・ミケルセン、ジョン・リス=デイヴィス, ボイド・ホルブルック、トーマス・クレッチマン、シャウネット・レネー・ウィルソン、トビー・ジョーンズ 、Indiana Jones and the Dial of Destiny、

歴史を変える秘宝の謎『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』

第36回 東京国際映画祭・オープニング作品、第96回アカデミー賞国際長編映画賞部門・日本代表、名匠ヴィム・ヴェンダース監督作にして、日本が誇る名優、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』 『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由、 ミニマムなストーリーでありながら、まるで僧侶のような日々を送る主人公の姿を繊細に捉えた本作は国内外で絶賛されている。トイレ清掃員として働く男の日常がなぜかくも観た者の憧憬を誘い、美しく見えるのか?その“美しく見える”仕組みを紐解く清貧な生活の裏にある“ゆとり”、踊るホームレスは未来の平山の姿?、現実をざっくりと横に避けた演出、“面倒”な部分がバッサリ省かれている、清貧という名のお伽話、瓢箪から駒! な傑作、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、主演男優賞・役所広司、エキュメニカル審査員賞、パーフェクト・デイズ、Perfect Days、ヴィム・ヴェンダース、役所広司、中野有紗、柄本時生、アオイヤマダ、麻生祐未、石川 さゆり、三浦 友和、田中 泯

『PERFECT DAYS』の不完全さと、一見美しく見える理由

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タランティーノ 映画に愛された男』、以前からクエンティン・タランティーノは「長編映画を10本撮ったら引退する」と公言していた。 引退時期を見極めないで撮り続けると先輩監督たちのように結局、駄作を残すことになり、それは避けたいと考えているようだ。 ありとあらゆる映画を観尽くしたタランティーノならではの引き際を綺麗にしておきたいという強い信念である。 本作は、監督9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)の公開直後に劇場公開された。 過去8本作られた作品の知られざる秘話を各作品を彩ってきた俳優陣が赤裸々に語るユニークなタランティーノの映画殺法の証言ドキュメンタリーとなっている。 10作目と目される映画が華やかだった頃の名評論家を描く『映画評論家/The Movie Critic(原題)』の製作準備段階とされているが、 『ワンス・アポン〜』でレオナルド・ディ・カプリオが扮したリック・ダルトン演じるガンマン、ジェイク・カーヒルが活躍する映画内の架空の西部劇『バウンティ・ロウ』のTVドラマ・シリーズ化が進行中であり、また実は、あの『キル・ビル Vol.3』製作の噂も! 主人公をユマ・サーマンが演じたブライドから別のキャラクターに変えて描く続編の企画話も立ち消えではない。 『キル・ビル』の役者陣が自然に老いるの待っているというまことしやかな話まであるのだ。 引退なんて、まるで嘘のようなQTユニバースの今後の拡張にも注目したい。、本作では、タランティーノ本人へのインタビューは行われなかった、21 Years: Quentin Tarantino、タラ・ウッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、スティーヴ・ブシェミ、ダイアン・クルーガー、ルーシー・リュー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ブルース・ダーン、ロバート・フォスター、

もうすぐ引退?裏話満載の激アツなタランティーノ論『クエンティン・タラ...

雨降って、ジ・エンド、彼女はなぜ、猿を逃したか?、高橋泉、廣末哲万、群青いろ、映画、自主映画、hiromasahirosue、izumitakahashi、gunjoiro、稀代の映像ユニット「群青いろ」が描く世界の色あい、20年前に産声をあげた高橋泉と廣末哲万のコンビからなる自主映画ユニット「群青いろ」。 以来、互いに嫉妬する時も経て、特に喧嘩をすることもなく二人三脚で表現したいことを映画に定着させてきた。 そして、17年ぶりの劇場公開作となる『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と2022年のTOKYO FILMEXで一回だけプレミア上映された『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)も初めて劇場公開される運びとなり、この機会に二人への動画インタビューを行った。 商業映画の世界で脚本家としてのキャリアを積んできた高橋泉による脚本は変わらない「群青いろ」の剥き出しの情熱に確かな硬度を与え、廣末哲万による時にどっちにブレるのか全く予想がつかないカミソリのような鋭さを持つ柔和な演技も健在である。 今回の2作品連続上映は、彼らのキャリアのフェイス・リフトなのか? リブートなのか? それとも2020年代以降への新たな狼煙か? インタビューを通して紐解いてみたい。

稀代の映像ユニット「群青いろ」が描く世界の色あい