• デヴィッド・バーン
生きる LIVING、Living、オリヴァー・ハーマナス、ビル・ナイ、エイミー・ルー・ウッド、アレックス・シャープ、トム・バーク、黒澤明の名作がロンドンを舞台に息を吹き返す、黒澤明の不朽の名作『生きる』(1952年)が第二次世界大戦後の復興期のロンドンを舞台に蘇る。 共に映画化された小説「日の名残り」「わたしを離さないで」などで知られるノーベル賞作家カズオ・イシグロによる脚色、名優ビル・ナイにより現代に甦る。 死が迫り、残された人生で己ができることとは何なのか?なすべきこととは? 普遍的なテーマを昇華させた黒澤映画の心を未来へと引き継ぐ新たな名作の誕生。、余命半年の癌、文豪に口説かれた名優、世界の人気映画ランキング上位100位以内に絶えずランクインし続ける不朽の名作、黒澤明監督の映画『生きる』、ビル・ナイは、自分の出演作を絶対に観ない、第95回アカデミー賞・ノミネート:主演男優賞・ビル・ナイ、脚色賞・カズオ・イシグロ、

黒澤明の名作がロンドンを舞台に息を吹き返す『生きる LIVING』

標的はこの恐ろしい未曾有の薬害の元凶、オピオイドを生産・販売する製薬会社パーデューファーマ、ナンと仲間たちは経営一族であるサックラー1日に100人が亡くなると言われる処方箋による麻薬性鎮痛剤オピオイド、全米で蔓延している麻薬性鎮痛剤オピオイド薬害、被害者の一人であるアメリカを代表するポートレイト・フォトグラファー、ナン・ゴールディンが立ち上がる。本作は死に至らしめる中毒症状を起こすこの鎮痛剤を販売する製薬会社に対する彼女らの激しい抗議活動を追った渾身のドキュメンタリー、史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメンタリー、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門・金獅子賞、ナン・ゴールディン、ローラ・ポイトラス、All the Beauty and the Bloodshed、オール・ザ・ビューティ・アンド・ザ・ブラッドシェッド、

史上最悪の処方箋オピオイド中毒に対する抗議活動を追った薬害ドキュメン...

ボーンズ アンド オール、第79回ヴェネチア国際映画祭:コンペティション部門正式出品作、新人俳優賞・テイラー・ラッセル、銀獅子賞(監督賞)・ルカ・グァダニーノ、全米図書館協会がアレックス賞(12歳から18歳のヤングアダルトに薦めたい大人向けの本10作品)の中の1作品として同年に受賞、原作はカミーユ・デアンジェリスのヤングアダルト小説「Bones & All 」、人が人の肉を食らう人肉嗜食(カニバリズム)、『君の名前で僕を呼んで』(2017年)の名匠ルカ・グァダニーノ✖️ティモシー・シャラメ再び!人肉嗜食の少女が自身のルーツを知るため父親探しの旅に出るロードムービー。主演の少女マレンを『WAVES/ウェイブス』(2019年)、『エスケープ・ルーム』(2020年)シリーズのテイラー・ラッセルが演じる青春ホラー、人喰い青春の恋愛譚、ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マイケル・スタールバーグ、クロエ・セヴィニー、マーク・ライランス、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジェシカ・ハーパー、フランチェスカ・スコセッシ、アンナ・コブ、アンドレ・ホランド、ルカ・グァダニーノ、イタリア、Bones and All、ボーンズ・アンド・オール、

人喰い青春の恋愛譚『ボーンズ アンド オール』

、モンローに成りきるためにアナが苦労した役作り、ネットフリックス史上初めてのNC-17(18歳未満鑑賞禁止)指定の映画、ジョイス・キャロル・オーツのフィクションを織り交ぜ、書き上げた「ブロンド -マリリン・モンローの生涯」を元にハリウッドの伝説的な歌姫であり、謎の死を遂げたブロンドの女優マリリン・モンロー(アナ・デ・アルマス)の生涯を大胆な視点で描いた虚実ないまぜのフィクション・ドラマ。、アナ・デ・アルマスがモンローを大胆に演じきる!今もミステリアスなマリリン・モンローの人生を虚実ないまぜの大胆な視点で描いたネットフリックス・オリジナル映画、ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!、Netflix、ブロンド、アンドリュー・ドミニク、アナ・デ・アルマス、リリー・フィッシャー、ボビー・カナヴェイル、エイドリアン・ブロディ、ジュリアンヌ・ニコルソン、エヴァン・ウィリアムズ、ゼイヴィア・サミュエル、タイ・ルニャン、マイケル・ドレイヤー、サラ・パクストン、ライアン・ヴィンセント、

ハリウッドの伝説的な存在マリリン・モンローの真実の姿を追う!『ブロンド』

ブラックパンサーの継承者、アイアンマンの継承者とされているアイアンハートに扮する天才少女リリ・ウィリアムス(ドミニク・ソーン)も敵と立ち向かうべくワガンダの味方として登場する、タイトル・ロールの主役が不在という最も試練のある映画作り、惜しまれながら若くして逝去した国王ティ・チャラを演じたチャドウィック・ボーズマンの代役は立てずに作られた続編。国王を失い悲しみに暮れるワガンダの人々の前に新たな脅威が現れる。そして、ティ・チャラの熱き想いを未来に繋げる強力なキャラクターも登場!MCUフェーズ4を締めくくる最高の一作!、チャドウィック・ボーズマン亡きあと、その熱き想いは継承される、MCU、マーベル、Marvel Studios、アンジェラ・バセット、レティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、マーティン・フリーマン、ドミニク・ソーン、ウィンストン・デューク、テノッチ・ウエルタ、ダナイ・グリラ、ライアン・クーグラー、Black Panther: Wakanda Forever、ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー、

チャドウィック・ボーズマン亡きあと、その熱き想いは継承される『ブラッ...