• ニコラス・ウィンディング・レフン
サム・ニールは、『ジュラシック・パーク』(1993年)撮影時に74歳であったアッテンボロー氏と同じ歳を迎えての感無量の撮影、俳優リチャード・アッテンボローは惜しまれながら2014年に他界し、その名は、イギリス、ロンドンにあるパインウッド撮影所の新設の撮影スタジオ、アッテンボロー・ステージとなって、未来永劫残る、『ジュラシック・パーク』から29年後にして、終わりを告げる壮大な物語、ロックウッド財団のベンジャミン・ロックウッドの非業の死を遂げた一人娘のDNAから作られたクローン人間のメイジー、ジュラシック・ワールド/炎の王国、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後の地球はまさにジュラシック・ワールドへと激変していた・・・。新たな支配者となるのは、恐竜たちか、それとも・・・、人気シリーズの壮大なる終焉、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、デワンダ・ワイズ、ママドゥ・アティエ、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、B・D・ウォン、オマール・シー 、コリン・トレボロウ、Jurassic World: Dominion、ジュラシック・ワールド 新たなる支配者、

人気シリーズの壮大なる終焉『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』

良識と民主主義、そして平和共存を求めた人、エクトル・アバド・ゴメス 本作の原作は、エクトル・アバド・ゴメス博士を父に持つエクトル・アバド・ファシオリンセが父、ゴメス博士の波乱万丈の生涯を息子の視点から綴った回想録で世界的ベストセラー小説となった「父の思い出/El olvido que seremos(原題)」 、1970年代、麻薬カルテルが台頭するコロンビアの「メデジン」、 自由を声高に謳う、医師である父の波乱の人生をその息子が見つめ続けた感動の物語、真の自由を求め続けた父の波乱の生涯、ハビエル・カマラ、ニコラス・レイズ・カノ、フアン・パブロ・ウレゴ、パトリシア・タマヨ、マリア・テレサ・バレート、ラウラ・ロンド―ニョ、エリザベス・ミノッタ、カミ・セア、ルシアナ・エチェベリ、カミラ・サラテ、ウィット・スティルマ、フェルナンド・トルエバ、Memories of My Father、あなたと過ごした日に、

真の自由を求め続けた父の波乱の生涯『あなたと過ごした日に』

船内で唯一、釣りをして食料になる魚を釣り上げられるのは、掃除係だけだったために人々のパワーバランスやヒエラルキーの逆転が起こる、2017年に『ザ・スクエア 思いやりの聖域』でカンヌ映画祭のコンペ部門の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、次に監督した本作で2度連続してパルム・ドールに輝き、史上3人目の監督となったスウェーデンのリューベン・オストルンド監督、富裕層をこき下ろすブラック・ユーモアな風刺映画、2作連続のパルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・パルム・ドール、ハリス・ディキンソン、ウディ・ハレルソン、ズラッコ・ブリッチ、チャールビ・ディーン・クリーク、ハンナ・オルデンブリ、キャロライナ・ジニング、リンダ・アンボーグ、オリバー・フォード・デイヴィーズ、ドリー・デ・レオン、ヴィッキ・ベルリン、イーリス・ベルベン、ビータ・ボリーリャス、サニーイー・メルズ、カミラ・レックバリ、リューベン・オストルンド、スウェーデン、Triangle of Sadness、トライアングル・オブ・サッドネス、

2作連続パルム・ドール受賞の快挙‼︎ 現代を痛烈に叩く風刺映画『トライア...

映画俳優としても活動しており、ティム・バートン監督作『マーズ・アタック』(1996年)、デイビット・クローネンバーグ監督作『イースタン・プロミス』(2007年)、『アベンジャーズ』(2012年)に出演、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発された作品、ロベール・ブレッソンの名作『バルタザールどこへ行く』に触発され、ポーランドが生んだ巨匠イエジー・スコリモフスキが描く一頭のロバ、イオの感傷的な旅路、一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿、第75回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門・審査員賞、サンドラ・ドージマルスカ、イザベル・ユペール、ロレンツォ・ズルゾロ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ 、サヴェリオ・ファッブリ、トマシズ・オーギャナック、イオ、EO、ポーランド、イエジー・スコリモフスキ、

一頭のロバの目を通して、見たヨーロッパのありのままの姿『イオ』

ほとんどの作品がフィクションに自伝的要素を盛り込むオートフィクション派とされる小説家アニー・エルノーの1960年代の中絶が犯罪とされたフランスで望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く。、中絶が犯罪とされた60年代フランスを舞台に文学を専攻する大学生人生の望まぬ妊娠によって、大きく揺らぐ様をリアルに描写してヴェネチア国際映画祭・金獅子賞に輝いた問題作!、中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く、シンプルな情熱、アニー・エルノー、アナマリア・ヴァルトロメイ、ケイシー・モッテ・クライン、ルアナ・バイラミ、ルイーズ・オリー・ディケロ、ルイーズ・シュヴィヨット、ピオ・マルマイ、サンドリーヌ・ボネール、オードレイ・ディヴァン、フランス、ハプニング、Happening、

中絶が犯罪とされた時代、望まぬ妊娠をした大学生の苦悩を描く『ハプニング』