• リチャード・ジェンキンス
未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』、東日本大震災後の岩手県、陸前高田。 被災地でボランティア活動中に行方不明になってしまった母アサミを探すため、東京でタクシー運転手として働く叔父イサムを訪ねてシンガポールから来た娘アミ。 だがイサムには、故郷に戻りたくない理由があった・・・。 共に陸奥へと向かうアミとイサム。 変わってしまった故郷の姿、そして想像を超えた経験が二人を待っていた。 震災後、今もなお苦しむすべての人に捧げる喪失の痛みと癒し、そして、未来への希望と成長の物語。、被災した人々、家族のその後のメンタル面への影響、その癒しに着目して製作された意欲作、ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト、Last Shadow at First Light、ニコール・ミドリ・ウッドフォード、永瀬正敏、白田迪巴耶、筒井真理子、ピーター・ユウ、

未来につなぐ魂の東北巡礼『ラスト・シャドウ・アット・ファースト・ライト』

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』、いかに多くのユダヤ人を効率的に殺害するかという仕事に熱心に没頭し人類の歴史上、類をみない大量殺戮工場を指揮した男、ルドルフ・ヘスとその家族の平和で幸福な日々。 天国のような理想の家庭の真横にある地獄の収容所の様子は映像化せず、音だけでその恐怖を伝える様は、まるでホラー映画。 ジャンル映画を独自の発想で別なものに塗り替えてきた気鋭の映画監督ジョナサン・グレイザーは、二つの世界に横たわる底なしの闇を思いがけない撮影手法を駆使し淡々と見せてゆく。 ジョナサン・グレイザー監督作『関心領域』はスティーブン・スピルバーグが自らの代表作『シンドラーのリスト』(1993年)以来、現れたベスト・ホロコースト映画と褒め称えている。、ドキュメンタリーでも見ているかのように主観を排した撮影スタイル、夜間撮影は赤外線カメラを使う驚愕すべき撮影手法、気鋭の監督ジョナサン・グレイザーを最も有名にした映像作品とは?、『ヴァーチャル・インサニティ』、ジャミロクワイ、The Zone of Interest、ジョナサン・グレイザー、クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー、ヨハン・カルトハウス、ルイス・ノア・ウィット、ネル・エランスマイヤー、リリ・ファルク、メデゥーサ・ノフ、マックス・ベック、ステファニー・ペトロウィッツ、 イモーゲン・コッフ、ラルフ・ハーフォース、ダニエル・ホルズバーグ、フレイヤ・クロイツカム、マリー・ローザ・ティーティエン、

スピルバーグがベスト・ホロコースト映画と大激賛!『関心領域』

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『鳥たちへの説教』、『死ぬ間際』(2020年)で東京フィルメックス最優秀作品賞、『クレーン・ランタン』(2021年)で東京国際映画祭芸術貢献賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督最新作。 アゼルバイジャンの森を舞台に戦争がもたらす悲劇と、人間の愚かな行いとは無縁であるかのような自然の美しさが驚異的な映像美と詩で多次元的に描かれる。、「説教」3部作のうちの1本として作られた映画、魚への説教/Sermon to the Fish、ロカルノ国際映画祭・緑の豹賞(スペシャル・メンション受賞)、第36回東京国際映画祭:コンぺティション部門正式出品作、鳥たちへの説教、Sermon to the Birds、アゼルバイジャン、ヒラル・バイダロフ、オルカン・イスカンダルリ、ラナ・アスガロワ、 フセイン・ナシロフ、2023 Ucqar Film 、

アゼルバイジャンが生んだ孤高の映画詩人、ヒラル・バイダロフの最新作『...

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』、戦後、高性能なトラクターの製造販売で巨万の富を得た機械いじりの好きな情熱の塊のような男フェルッチオ・ランボルギーニ。 フェルッチオは車収集趣味が高じて、購入した車の不満を感じたメカのチューンアップを自ら始める。 次第に自らの手による唯一無二の高級エキゾチック・カーの製造販売という大きな夢を実現してゆくことになる。 周囲からは驚きの目で見られ、農機具でも作ってろ!とすでに世界的な名車となっていたフェラーリにバカにされながらもその負けず嫌いな性格から世界の車の歴史に残るアヴァンギャルドな名スーパーカー・ブランド、ランボルギーニが誕生してゆく。、イタリア。、フェルッチオ・ランボルギーニ、アウトモービリ・ランボルギーニ、打倒フェラーリを掲げ、ミウラ、イスレロ、エスパーダやハラマといった数々のアバンギャルドなスーパーカーの製造販売に本格的に乗り出してゆく、未来に続く名車ランボルギーニの歴史、フェルッチオ自身のその後は、ルーツである農業への回帰を決め、旅の途中で気に入ったウンブリア州の土地を手にいれ、そこでワイナリー、テヌータ・ランボルギーニの経営と薔薇の栽培を始める、カプリ・ハリウッド国際映画祭:カプリ・イタリア系アメリカ人俳優賞・フランク・グリロ、ランボルギーニ、伝説を継ぐ男、Lamborghini: The Man Behind the Legend、ボビー・モレスコ、フランク・グリロ、ミラ・ソルヴィノ、ガブリエル・バーン、エリアナ・ジョーンズ、パトリック・ブレナン、トンマーゾ・バシリ、ジョルジョ・カンタリニ、フランチェスカ・ティザノ、フランチェスカ・デ・マルティーニ 、ロマーノ・レジアニ、

フェラーリを公道でカモれる車を作った男『ランボルギーニ、伝説を継ぐ男』

魔法のようなラブ・ストーリー、ジョージアの新鋭監督アレクサンドレ・コベリゼがかける恋の魔法。 一目惚れした男女が一晩で別人に変わってしまうという呪いのような魔法が織りなす美しい古都クタイシの人々との心温まる交流。、ジョージアの美しい古都、クタイシ、邪悪な呪い、心温まるおとぎ話、映画学校の卒制作作品が世界的な評価に繋がる快挙、ベルリンの映画学校、ジョージアのフィルム・センター、助成金、第71回ベルリン国際映画祭:コンペティション部門出品作品・国際批評家連盟賞、シカゴ国際映画祭:最優秀脚本賞・アレクサンドレ・コベリゼ、東京フィルメックス2021:最優秀作品賞(グランプリ)、学生審査員賞、What Do We See When We Look at the Sky?、ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう、アレクサンドレ・コベリゼ、ギオルギ・アンブロラゼ、オリコ・バルバカゼ、ギオルギ・ボチョリシビリ、アニ・カルセラゼ、バフタング・パンチュリゼ 、

魔法のようなラブ・ストーリー『ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう』