• ロードムービー
間違いなく20世紀映画界の異人『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)』、60年代、フランス映画界で革新的な映画運動「ヌーヴェ ル・ヴァーグ」を先導した鬼才ジャン=リュック・ゴダール。 独自のスタイルを探求し、唯一無二の映像作家として駆け抜け、映画を愛する者たちから崇拝され続けてきたJLGが生み出してきた140本以上の映画作品。 2022年9月、91歳でこの世を去った映画界の異人の反逆の作家人生と謎の多いその人となりに迫ったドキュメンタリー。、真のイノベーターであった映像作家JLGが行き着いた映画への思い、ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)、Godard Cinema、シリル・ルティ、ギヨーム・グイ(声)、ナタリー・バイ、クリストフ・ブルセイエ、ジュリー・デルピー、ロマン・グーピル、マーシャ・メリル、ハンナ・シグラ、マリナ・ヴラディ、ジャン=リュック・ゴダール、

間違いなく20世紀映画界の異才『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画...

デューン 砂の惑星 PART2、Dune: Part Two、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、デイヴ・バウティスタ、クリストファー・ウォーケン、レア・セドゥ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、スハイラ・ヤコブ、アニャ・テイラー=ジョイ、ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』、フランク・ハーバートによる全6巻からなるSF小説の金字塔をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完全映像化した第2弾! パート1の興行的な大成功から直ぐにパート2製作に入り、第1部で世界観の下地が完全に作り上げられたおかげで本作で縦横無尽に登場人物たちが駆け巡り、後半ではケレン味たっぷりの壮大な戦闘シーンが用意されている。 本作シリーズの快調な成功を受け『デューン』は、3作目『デューン 砂の惑星 PART3 メサイヤ(救世主)』(仮題)で幕を閉じるが、TVシリーズで前日譚にあたるプリクエル『デューン プロフェシー(啓示)』(仮題)もスタートし、この物語が形作られていった謎が紐解かれてゆく。 フランクの息子ブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダースン共著による続編も 数多く出版されている『デューン 砂の惑星』ユニバースは拡張し続けていきそうな予感がある。、オースティン・バトラーが見事に演じた冷酷非道なサイコパス、フェイド・ラウサ、『デューン』ユニバースの可能性、SF映画

ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』

SFロマンティック・コメディ『アステロイド・シティ』、ウェス・アンダーソン監督最新作は、いつものアンダーソン組のメンツに加えて、オスカー常連組の豪華なキャストがこれでもかと登場するまさにスターだらけの町を砂漠に作り上げた。 架空のデザート、アステロイド・シティに全国から集まってきた様々な人々によるシュールな人間模様と次第に明かになってくる世界を揺るがす一大事とは・・・? 珠玉のアンダーソン・ワールド全開で贈るSFロマンティック・コメディ!、オスカー受賞者4名とノミネート経験者が10名もいる豪華出演陣!、第76回カンヌ国際映画祭:コンペティション部門出品作、ウェス・アンダーソン、ジェイソン・シュワルツマン、スカーレット・ヨハンソン、トム・ハンクス、ジェフリー・ライト、ティルダ・スウィントン、ブライアン・クランストン、エドワード・ノートン、エイドリアン・ブロディ、リーヴ・シュレイバー、ホープ・デイヴィス、スティーヴ・パーク、ルパート・フレンド、マヤ・ホーク、スティーヴ・カレル、マット・ディロン、ホン・チャウ、ウィレム・デフォー、マーゴット・ロビー、トニー・レヴォロリ、ジェイク・ライアン、ジェフ・ゴールドブラム、ソフィア・リリス、リタ・ウィルソン、ジャーヴィス・コッカー、フィッシャー・スティーヴンス、ボブ・バラバン、

SFロマンティック・コメディ『アステロイド・シティ』

デヴィッド・フィンチャーによるノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『ザ・キラー』、フランスの傑作グラフィック・ノベル「The Killer」をこだわりの映画監督デヴィッド・フィンチャーがその世界観を完膚なきまでに完全映像化! 他に代わりがいないとされる程の腕前の殺し屋ながら致命的なミスにより精神的にも窮地に立たされた殺し屋を2019年の俳優生活休止からの復帰主演作となったマイケル・ファスベンダーが冷酷に演じる。 目が覚めるほどに冷静で鮮やかな落とし前の付け方の数々、これぞアクション・ノワール映画の真骨頂。、原作はニューヨークタイムズ紙で"この10年間のベスト・グラフィック・ノベルの一冊"と言われた傑作、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、エリック・メッサーシュミット、アクション・ノワール、ネットフリックス、ザ・キラー、The Killer、デヴィッド・フィンチャー、マイケル・ファスベンダー、モニーク・ガンダートン、ティルダ・スウィントン、ケリー・オマリー、アーリス・ハワード、チャールズ・パーネル、エミリアーノ・ペルニア、ソフィー・シャーロット、サラ・ベイカー、Netflix 、

デヴィッド・フィンチャー最新作!ノワール色満載の殺し屋映画の金字塔『...

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史、5月に発売されるコンピレーション・アルバム、TRAVESÍA RYUICHI SAKAMOTO CURATED BY IÑÁRRITU。 映画『バベル』(2006年)への坂本の楽曲提供に始まり、オスカー3冠に輝く『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015年)でのオリジナル・サウンドトラック製作、等、その音楽的才能に惚れ込み、親しく交流を続けてきた世界的な映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 このアルバムは音楽家・坂本龍一の生涯の道筋をまるで旅をするが如くにイニャリトゥ監督がセレクトした楽曲で構成された特別なコンピレーション。 全1000曲の坂本の様々な音源を半年かけて、イニャリトゥ監督が聴き、セレクトしているという。、優雅で感動的な静寂があるミニマリスト、音楽家・坂本龍一の生涯を鳥瞰する旅 "TRAVESÍA"、

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが選曲した坂本龍一の音楽史