• 映画情報サイト

孤独なギャンブラーの復讐譚『カード・カウンター』

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』、ウブな青年が愛した女性は、実はCIAエージェントだった⁉︎ 素敵な彼女との突然の恋からメッセが全て未読スルーされるあまり、彼女を追いかけて行ったロンドンであり得ない命を賭けた冒険の数々が始まる。 アナ・デ・アルマスとクリス・エヴァンスを主演に迎え、『ボヘミアン・ラブソティ』を大成功に導いた監督デクスター・フレッチャーによるコミカルなスパイ・アドベンチャー。、ミュージカル映画のシン・名匠デクスター・フレッチャーは音楽マニア?、息のあった主演のアナとクリスは、3度目のタッグ、デクスター・フレッチャー、アナ・デ・アルマス、クリス・エヴァンス、エイミー・セダリス、エイドリアン・ブロディ、ティム・ブレイク・ネルソン、テイト・ドノヴァン、マーワン・ケンザリ、リジー・ブロードウェイ、マイク・モー

ロマンティック・アクション・アドベンチャー『ゴーステッド Ghosted』

悪魔館 死霊のせいなら、有罪。、逆悪魔祓いスリラー、エニシング・フォー・ジャクソン、Anything for Jackson、霊を召喚するオカルトにハマった老夫婦、身の毛もよだつホラー、ジャスティン・G・ディック、シーラ・マッカーシー、ジュリアン・リッチングス、コンスタンテ・マンテロス、ジョシュ・クルッダス、ヤニック・ビッソン

逆悪魔祓いスリラー『悪魔館 死霊のせいなら、有罪。』

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作りにおける彼らの現在地、ささくれだった孤高の自主映画ユニット、群青いろ・髙橋泉、廣末哲万が17年ぶりに作った劇場公開映画は今までと何かが違う! ジャンル映画の世界で商業ヒット作を何本も手掛け、シャープでリアル、そしてまるで海外の映像作家のようなリズムを感じる複雑なストーリー構成技術を武器にしてきた脚本家、髙橋泉。 そして、群青いろの片割れであり、なくてはならない重鎮の俳優、廣末哲万。 連続して公開される最新作『雨降って、ジ・エンド。』(2020年)と『彼女はなぜ、猿を逃したか?』(2022年)は、観客ではなく自分たちが観たい映画を作り続けてきたという硬骨な自主映画製作のスタイルに変化の兆しが散見される2作品である。 髙橋泉監督、出演の廣末哲万への最新作についてのインタビューを通し、世界でも類のない唯一無二な輝きを放ち続ける自主映画ユニット群青いろのパンドラの箱の中を覗き見る。、Amefutte The End、髙橋泉、髙橋泉、古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也、

『雨降って、ジ・エンド。』群青いろ・髙橋泉、廣末哲万に聞く自主映画作...

恐怖と笑いのノンストップ・アトラクション・ムービー『ホーンテッドマンション』。、ディズニーの人気アトラクション、ホーンテッドマンションが実写映像化! 999人の幽霊が住む“呪われた館”に住むことになった親子の悲喜劇。 4人全員がクセ者揃いの心霊現象の専門家が集まり、親子を助けようとするのだが・・・。 この豪華で不気味な館に秘められた謎とは・・・?、『パイレーツ・オブ・カリビアン』級のヒット・シリーズ化を目指す、ギレルモ・デル・トロ、ハットボックスゴースト、ダグ・ジョーンズ、Haunted Mansion、ジャスティン・シミエン、ロザリオ・ドーソン、オーウェン・ウィルソン、ダニー・デヴィート、ジェイミー・リー・カーティス、ジャレッド・レト、チェイス・ディロン、ティファニー・ハディッシュ、ウィノナ・ライダー、ラキース・スタンフィールド、ブライアン・マクルーア、

恐怖と笑いのノンストップ・アトラクション・ムービー『ホーンテッドマン...