• お誕生日おめでとう
デューン 砂の惑星 PART2、Dune: Part Two、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、デイヴ・バウティスタ、クリストファー・ウォーケン、レア・セドゥ、ステラン・スカルスガルド、シャーロット・ランプリング、スハイラ・ヤコブ、アニャ・テイラー=ジョイ、ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』、フランク・ハーバートによる全6巻からなるSF小説の金字塔をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完全映像化した第2弾! パート1の興行的な大成功から直ぐにパート2製作に入り、第1部で世界観の下地が完全に作り上げられたおかげで本作で縦横無尽に登場人物たちが駆け巡り、後半ではケレン味たっぷりの壮大な戦闘シーンが用意されている。 本作シリーズの快調な成功を受け『デューン』は、3作目『デューン 砂の惑星 PART3 メサイヤ(救世主)』(仮題)で幕を閉じるが、TVシリーズで前日譚にあたるプリクエル『デューン プロフェシー(啓示)』(仮題)もスタートし、この物語が形作られていった謎が紐解かれてゆく。 フランクの息子ブライアン・ハーバートとケヴィン・J・アンダースン共著による続編も 数多く出版されている『デューン 砂の惑星』ユニバースは拡張し続けていきそうな予感がある。、オースティン・バトラーが見事に演じた冷酷非道なサイコパス、フェイド・ラウサ、『デューン』ユニバースの可能性、SF映画

ついに聖戦へ突入!『デューン 砂の惑星 PART2』

悪魔館 死霊のせいなら、有罪。、逆悪魔祓いスリラー、エニシング・フォー・ジャクソン、Anything for Jackson、霊を召喚するオカルトにハマった老夫婦、身の毛もよだつホラー、ジャスティン・G・ディック、シーラ・マッカーシー、ジュリアン・リッチングス、コンスタンテ・マンテロス、ジョシュ・クルッダス、ヤニック・ビッソン

逆悪魔祓いスリラー『悪魔館 死霊のせいなら、有罪。』

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊の自然史』、過去の戦争に眼差しを向け現代に警鐘を鳴らすウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督の最新作2選。 連合軍による史上空前の大空爆とナチス・ドイツを断罪する軍事裁判の当時のフッテージを編集して提示するという独特のアーカイヴァル・ドキュメンタリーの手法で現代人の心へ揺さぶりをかける。 戦争を終結させるために多くの民間人を巻き込んだ大量無差別殺戮と戦後の軍事裁判での正当性から個人を極刑に処する倫理観。 2作品を通して、人とは? 戦争とは? そして正義とは?を問う、27歳から映画の勉強を始めた遅咲きの監督セルゲイ・ロズニツァ、2020年に劇場公開された ドキュメンタリーの3作品『アウステルリッツ』『粛清裁判』と『国葬』であり、アーカイヴ映像を編集して、観る者に問いかけるアーカイヴァル・ドキュメンタリストという印象が強い、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ウクライナ代表に選出された劇映画『ドンパス』(2018年)も同じ年に日本で公開、心理サスペンス『霧の中』(2012年)でカンヌ国際映画祭・ある視点部門・監督賞と国際批評家連盟賞を受賞、『ジェントル・クリーチャー』(2017年)は、カンヌ国際映画祭・コンペ部門正式上映、ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みてもウクライナ出身の映像作家によるこうした歴史上で起きてきた事象を検証しながら警鐘を鳴らし続ける映像作家活動は、現代社会において瞠目すべきこと、

戦争における倫理観についての考察ドキュメンタリー『キエフ裁判』『破壊...

フル・スロットルで見逃すな!『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』、カーアクション映画の限界突破を更新し続けてきた『ワイルド・スピード』サーガ 22年もの歳月をかけ、実に10作目となったメガヒット・シリーズも次回11作目で現在のメンバーでの最終章となる。 アクション映画を撮らせたら、目を見張るほどのキレのいい演出力を誇るフランス人監督ルイ・ルテリエを迎えた本作は、再びドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)のファミリーに一大危機が訪れる。 新たなメンバーも参加し、仲間たちはバラバラになりながらも一致団結して、復讐の鬼と化した強敵ダンテ(ジェイソン・モモア)に挑んでゆく。、シリーズ終焉に向かって強化される全部乗せ的集大成と深化する謎、製作費もシリーズ最高額の約3.4億ドル、Fast X、ルイ・レテリエ、ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、ジェイソン・モモア、タイリース・ギブソン、リュダクリス、ジョン・シナ、ジェイソン・ステイサム、ジョーダナ・ブリュースター、ナタリー・エマニュエル、サン・カン、レオ・アベロ・ペリー、シャーリーズ・セロン、ブリー・ラーソン、ヘレン・ミレン、リタ・モレノ、スコット・イーストウッド、マイケル・ルーカー、アラン・リッチソン、オスカー女優が4人も出ている、予告編冒頭シーン、ドムの家の庭でのガーデン・パーティの最中、ドムとミア(ジョーダナ・ブリュースター)の母、アブエリタ・トレット(リタ・モレノ)が皆に語りかけるシーンを観るとミアに向かって右隣の席が空席となっている

フル・スロットルで見逃すな!『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』

映画『プラダを着た悪魔』でスタンリー・トゥッチ演じるナイジェル役のモデルはアンドレ、アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者、The Gospel According to André、ケイト・ノヴァック、ドキュメンタリー、アンドレ・レオン・タリー、アナ・ウィンター、トム・フォード、マーク・ジェイコブス、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ノーマ・カマリ、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、ウーピー・ゴールドバーグ、イザベラ・ロッセリーニ、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、ラルフ・ルッチ、サンドラ・バーンハード、マノロ・ブラニク、アンドレ・ウォーカー、Bunkamura ル・シネマ、昨年他界した長年に渡りファッション界に貢献し続けてきたアンドレ・レオン・タリー、アメリカ南部で幼少期を過ごしたアフリカ系アメリカ人の青年がヴォーグ誌に所属し、名物編集長アナ・ウィンターの片腕として、影響力のあるファッションキュレーターとなるまでの足跡をマーク・ジェイコブス、トム・フォード、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルド、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、等、世界的な有名ファッション・デザイナーやハリウッド・セレブたちの証言と共に感動的に描く。

ファッション業界のレジェンドの生き様『アンドレ・レオン・タリー 美学の...